バラ科の最近のブログ記事

タマザキシモツケソウ090607b-l.jpg

玉咲き下野草(タマザキシモツケソウ)はバラ科シモツケソウ属の多年草である。
シモツケソウ属は北半球に12種くらい分布し、その他にいくつかの園芸品種がある。
本種はヨーロッパや西アジアに分布する西洋夏雪草(セイヨウナツユキソウ)の園芸品種である。
表記の名は流通名である。
八重咲き西洋夏雪草(ヤエザキセイヨウナツユキソウ)の名でも流通している。
草丈は80センチから100センチくらいである。
葉は奇羽状に裂け、互い違いに生える(互生)。
小葉は長い楕円形で先が尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から7月である。
白い小さな八重咲きの花が球状につく。
属名の Filipendula はラテン語の「filum(糸)+pendulus(吊り下がった)」からきている。基本種の根が小さな球を糸でつないだように見えることから名づけられた。
種小名の ulmaria はラテン語の「ulmus(ニレの若木)」に由来するセイヨウナツユキソウのギリシャ名である。
園芸品種名の Plena は「八重の」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Filipendula ulmaria 'Plena'

★玉咲きの花もいろいろあるんだね
 鞠を思わす優しい姿

タマザキシモツケソウ090607a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

夏雪草(ナツユキソウ)

ナツユキソウ050618a-l.jpg

夏雪草(ナツユキソウ)はバラ科シモツケソウ属の多年草である。
京鹿子(キョウガノコ)の白花タイプである。
京鹿子(キョウガノコ)は古くから庭園などで栽培され、茶花にも利用されてきた。
しかし、自生しているものは発見されておらず栽培品種と考えられている。
草丈は50センチから150センチくらいである。
葉は5つから7つに手のひら状に裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から7月である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、花径4、5ミリの小さな花をたくさんつける。
花の色は白である。
花弁は5枚で、形は長い卵形である。
雄しべはたくさんあり、花弁よりも長い。
雌しべは3本から5本である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Filipendula はラテン語の「filum(糸)+pendulus(吊り下がった)」からきている。基本種の根が小さな球を糸でつないだように見えることから名づけられた。
種小名の purpurea は「紫色の」という意味である。
品種名の albiflora は「白い花の」という意味である。
写真は6月に鎌倉の円覚寺松嶺院で撮った。
学名:Filipendula x purpurea f. albiflora

★ひっそりと夏雪草は花開き
 虫の訪れひた待つように

ナツユキソウ050618b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちバラ科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはノシランです。

次のカテゴリはパイナップル科です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7