サトイモ科の最近のブログ記事

アロカシア・アマゾニカ

アロカシア・アマゾニカ130210a-l.jpg

アロカシア・アマゾニカはサトイモ科クワズイモ属(アロカシア属)の常緑多年草である。
アロカシア属は東南アジア、南アジア、オーストラリアの熱帯・亜熱帯地域を中心に79種が分布する。
日本にも食わず芋(クワズイモ)などが分布し、属名の和名をクワズイモ属という。
本種はカリマンタン島原産の帝王葉芋(テイオウハイモ)とフィリピン原産のアロカシア・サンデリアナとの交配種である。
日本へは昭和30年代に観葉植物としてアメリカから輸入された。
草丈は30センチから60センチくらいである。
葉は細長い矢じり形で、長い柄がある。
葉の縁は波状に切れ込む。
葉の表面は艶のある暗い緑色で、葉脈は銀白色に浮き出る。
属名の Alocasia はギリシャ語の「a(否定)+Colocasia(サトイモ属)」からきている。サトイモ属とは異なる属という意味である。
種小名の amazonica は「アマゾン川の」という意味である。
写真は2月に川口市立グリーンセンターの温室で撮った。
学名:Alocasia x amazonica

★金属を思わすような艶光り
 ちょっ目を引くアクセントだよ

アロカシア・アマゾニカ130210b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



フイリショウブ090929a-l.jpg

菖蒲(ショウブ)はサトイモ科ショウブ属の多年草である。
分類体系によっては(APGIII)ショウブ科とされる。
ショウブ属は世界に5種から6種が分布する。
菖蒲(ショウブ)は北海道から九州にかけて分布し、水辺に生える。
海外では北半球に広く分布する。
中国では古来から男子にとって縁起の良い植物とされてきた。
日本でも端午の節句に使われ、また香りのよい根茎を入れて菖蒲湯とされる。
斑入り菖蒲(フイリショウブ)はその園芸品種である。
特徴は葉に縦縞の白い斑が入ることである。
草丈は50センチから100センチくらいである。
根茎は枝分かれをして横に這う。
葉は剣形で中脈が目立つ。
開花時期は5月から7月くらいである。
花茎の先に淡い黄緑色をした肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)をつける。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)の集合果である。
属名の Acorus はギリシャ語の「a(否定)+coros(装飾)」からきている。花が地味なことから名づけられた。
種小名の calamus は「管の」という意味である。
園芸品種名の Variegatus は「斑入りの」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Acorus calamus 'Variegatus'

★斑入り葉はいろいろあるが菖蒲にも
 頷きながら葉っぱに触れて

フイリショウブ090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

エピプレムヌム・アウレウム140212a-l.jpgピプレムヌム・アウレウムはサトイモ科ハブカズラ属(エピプレムヌム属)の蔓性常緑多年草である。
エピプレムヌム属は東南アジアや西太平洋などに15種くらいが分布する小さな仲間である。
日本にも沖縄に波布蔓(ハブカズラ:Epipremnum pinnatum)が分布するので、属名の和名をハブカズラ属という。
本種の原産地はソロモン諸島である。
日本へは明治時代に渡来し、観葉植物として人気がある。
かつてはポトス属に分類されていたので、園芸的にはポトスの名で流通している。
和名は黄金葛(オウゴンカズラ)という。
マーブルクイーン(Marble Queen)はその園芸品種である。
特徴は青緑色の葉に白い大理石のような模様が入ることである。
草丈は1メートルから2メートルである。
茎は木質化し、気根が付着して樹上をよじ上る。
大きく育てば10メートルを超える。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
属名の Epipremnum はギリシャ語の「epi(上)+premnon(樹幹)」からきている。
種小名の aureum は「黄金色の」という意味である。
写真は2月に北大植物園で撮った。
学名:Epipremnum aureum 'Marble Queen'

★昔から聞いて育ったポトスの名
 由来に触れて納得をして

エピプレムヌム・アウレウム140212b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちサトイモ科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはゴマ科です。

次のカテゴリはシソ科です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7