シソ科の最近のブログ記事

ラバンジン・ラベンダー060716a-l.jpg

ラバンジン・ラベンダー(lavandin lavender)はシソ科ラバンデュラ属の常緑小低木である。
地中海沿岸地方原産のラバンデュラ・アングスティフォリア(Lavandula angustifolia)と広葉ラベンダー(ヒロハラベンダー:Lavandula latifolia)との交配で生まれた栽培品種である。
ラバンデュラ・アングスティフォリアは香りが強く、花穂もきれいである。
広葉ラベンダー(ヒロハラベンダー)は暖地でも育つ。
この両者の長所を併せ持つ品種である。
アルバ(Alba)はその栽培品種の1つである。
特徴は花の色が白いことである。
草丈は50センチから80センチくらいである。
葉は線形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は7月から8月である。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い唇形をした花をつける。
花の色に特徴があるので主として庭植えの観賞用とされる。
また、ポプリやハーブティー、アロマテラピーなどにも利用される。
属名の Lavandula はラテン語の「lavare(洗う)」からきている。ローマ時代に入浴時の香水として使われていたことから名づけられた。
品種名の intermedia は「中間の」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Lavandula x intermedia 'Alba'

★なかなかのインパクトだね白い花
 青と交じれば色合いもよく

ラバンジン・ラベンダー060716d-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ネペタ・ブルードリーム

ネペタ・ブルードリーム140701a-l.jpg

味噌川草(ミソガワソウ)シソ科イヌハッカ属(ネペタ属)の多年草である。
ネペタ属はユーラシア大陸やアフリカに250種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種がある。
日本にも帰化種の犬薄荷(イヌハッカ)などがあり、属名の和名をイヌハッカ属という。
味噌川草(ミソガワソウ)は日本固有種である。
北海道から四国にかけて分布し、山地から高山のやや湿った草地や河原に生える。
和名の由来は、発見地である木曽川源流の味噌川にちなむ。
ブルードリーム(Blue Dreams)はその園芸品種である。
味噌川草(ミソガワソウ)の選抜改良種である。
原種は大形だが、それに比べて草丈はコンパクト、花は大きめである。
花の色もブルーが濃くて美しい。
草丈は50センチから70センチくらいである。
茎は断面が四角形で直立し、枝分かれをしない。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は鋭く尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から8月くらいである。
茎の上部に花穂を出し、青紫色の唇形をした花をつける。
花冠は25ミリから30ミリくらいある。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
属名の Nepeta はイタリアのトスカーナ・ウィンブリア地方の都市の古名「Nepete」に由来する。
種小名の subsessilis は「無柄に近い」という意味である。
写真は7月に帯広市の紫竹ガーデンで撮った。
学名:Nepeta subsessilis 'Blue Dreams'

★洋風に姿を変えて味噌川草
 寒い土地でも元気に育ち

ネペタ・ブルードリーム140701b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アジュガ・マルチカラー

アジュガ・マルチカラー120509a-l.jpg

アジュガシソ科キランソウ属(アユガ属)の多年草である。
アユガ属はアジア、ヨーロッパ、北アフリカの温帯や熱帯に60種くらいが分布する。
属名の読み方は、英語風に読んだアジュガが一般的には使用されている。
日本にも金瘡小草(キランソウ)などが分布し、属名の和名はキランソウ属という。
アジュガの原産地はヨーロッパである。
和名は西洋十二単(セイヨウジユウニヒトエ)という。
観賞用として渡来したものが逸出して野生化している。
マルチカラー(Multicolor)はその園芸品種である。
特徴は葉に紅紫色や白の斑が入ることである。
草丈は10センチから30センチくらいである。
根茎は地を這って横に広がる。
根際から生える葉は楕円形で、ロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
茎につく葉は向かい合って生える(対生)。
葉には毛は生えておらず、縁には低い波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花期は4月から6月である。
茎先に長さ10センチから15センチくらいの総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を直立させ、花径1、2センチの青紫花をした唇形の花をたくさんつける。
属名の Ajuga はギリシャ語の「a(無)+jugos(束縛)」からきている。花冠の形状を表したものである。
種小名の reptans は「匍匐性の」という意味である。
園芸品種名の Multicolor は「たくさんの色の」という意味である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Ajuga reptans 'Multicolor'

★葉の色がいろいろあると楽しいね
 花と競って春を知らせる

アジュガ・マルチカラー120509b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ネペタ・ファセニー・アルバ

ネペタ・ファセニー・アルバ140630a-l.jpg

ネペタ・ファセニー・アルバはシソ科イヌハッカ属(ネペタ属)の多年草である。
ネペタ属はユーラシア大陸やアフリカに250種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種がある。
日本にも帰化種の犬薄荷(イヌハッカ)などがあり、属名の和名をイヌハッカ属という。
本種はラケモサ種(Nepeta racemosa)とネペテラ種(Nepeta nepetella)との交配種である。
花の色が青紫色のものはキャットミント(catmint)の名で流通している。
そこから本種もホワイトキャットミント(white catmint)と呼ばれることもある。
キャットミントはハーブともされるが、本種は主に観賞用とされる。
草丈は30センチから40センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の表面には短くて細かい毛が生える。
開花時期は5月から10月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い唇形の花をたくさんつける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Nepeta はイタリアのトスカーナ・ウィンブリア地方の都市の古名「Nepete」に由来する。
種小名の faassenii はオランダ人の園芸家「ファセン(Johannes Hubertus Faassen, 1892-1963)さんの」という意味である。
園芸品種名の Alba は「白い」という意味である。
写真は6月に北海道上川町の大雪森のガーデンで撮った。
学名:Nepeta x faassenii 'Alba'

★妖精を思わすような白花が
 とても似合うね森のガーデン

ネペタ・ファセニー・アルバ140630b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

シルバータイム

シルバータイム050724b-l.jpg

レモンタイム(lemon thyme)はシソ科イブキジャコウソウ属の多年草(半低木)である。
原産地は地中海沿岸地方である。
ブロードリーフタイム(Thymus pulegioides)と立麝香草(タチジャコウソウ:Thymus vulgaris)の交雑種である。
シルバータイム(silver thyme)はその園芸品種である。
草丈は30センチから50センチくらいである。
木立性である。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
特徴は葉に白い斑が入ることである。
また、やわらかなレモンの香りがする。
開花時期は6月から8月である。
茎先に淡い紅紫色の小さな花が集まってつく。
花冠は唇形である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
花言葉は「行動力」である。
属名の Thymus はギリシャ語の「thyein(香をくゆらす)」からきている。
種小名の citriodorus には「レモンのような香りのする」という意味である。
品種名の Argenteus は「銀白色の」という意味である。
写真は7月に鬼押出しの花木園で撮った。
学名:Thymus x citiriodorus 'Argenteus'

★葉の色の白が目に染む可憐さに
 ふと近づけばシルバータイム

シルバータイム050724a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ゴールデンレモンタイム

ゴールデンレモンタイム070630a-l.jpg

レモンタイム(lemon thyme)はシソ科イブキジャコウソウ属の多年草(半低木)である。
原産地は地中海沿岸地方である。
ブロードリーフタイム(Thymus pulegioides)と立麝香草(タチジャコウソウ:Thymus vulgaris)の交雑種である。
ゴールデンレモンタイム(golden lemon thyme)はその園芸品種である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
茎は半匍匐性である。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉には細かい毛が生え、レモンの香りがする。
特徴は葉に黄色い斑が入ることである。
開花時期は6月から8月である。
茎先に淡い紅紫色の小さな花が集まってつく。
花冠は唇形である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
花言葉は「勇気」である。
属名の Thymus はギリシャ語の「thyein(香をくゆらす)」からきている。

種小名の citriodorus には「レモンのような香りのする」という意味である。
品種名の Aureus は「黄金色の」という意味である。
写真は6月に山形市野草園で撮った。
学名:Thymus x citiriodorus 'Aureus'

★爽やかなレモンタイムの香とともに
 小さな葉っぱの色も楽しく

ゴールデンレモンタイム070630b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

モナルダ・ローズセンデッド070623a-l.jpg

松明花(タイマツバナ)シソ科ヤグルマハッカ属(モナルダ属)の多年草である。
モナルダ属は北アメリカに16種が分布する。
モナルダ・フィスツロサ(Monarda fistulosa)の和名を矢車薄荷(ヤグルマハッカ)といい、属名の和名をヤグルマハッカ属という。
モナルダ属の英名はベルガモット(bergamot)という。
この名は、ミカン科のベルガモットに香りが似るということからつけられた。
松明花(タイマツバナ)の原産地も北アメリカである。
ローズセンテッド(Rose-scented)はその園芸品種である。
特徴はバラの香りをもつことである。
そのためポプリやティーに利用されている。
草丈は80センチくらいである。
葉は長い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先が尖り、軟毛が生える。
開花時期は5月から7月である。
茎先に直径4センチから6センチくらいの花序を出す。
一見するとこれが花のように見えるが、長さ3センチくらいの唇形の花が集まったものである。
花の色は紅紫色である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
属名の Monarda はスペインの医師で植物学者だった「モナルデ(Nicolas Monardes, 1493-1588)さん」の名からきている。
種小名の didyma は「2つ連合した」という意味である。
品種名の Rose-scented は「バラの香りに満ちた」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Monarda didyma 'Rose-scented'

★爽やかな花の姿に微笑んで
 そっと鼻寄せ香り確かめ

モナルダ・ローズセンテッド070623d-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

スクテラリア061021b-l.jpg

スクテラリアはシソ科タツナミソウ属(スクテラリア属)の属名である。
ブルーファイアはその園芸品種の1つである。
海外のサイトではこの名を発見できないので、日本でつけられた名のようである。
大立浪草(オオタツナミソウ)の流通名でコスタリカ原産とされたりするが、その成り立ちははっきりしていない。
草丈は20センチから40センチくらいで、匍匐して広がる。
葉は長めの楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から9月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色をした唇形の花をつける。
花は立浪草(タツナミソウ)によく似ている。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
属名の Scutellaria はギリシャ語の「scutella(小皿)」からきている。花のつけ根の萼に円い附属物があることから名づけられた。
品種名の Blue Fire は「青い炎」という意味である。
写真は10月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Scutellaria 'Blue Fire'

★立つ浪は蒼が燃え立つカリブ海
 スクテラリアの花美しく

スクテラリア061021c-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

プレクトランツス・サシャ

プレクトランツス・サシャ131008a-l.jpg

プレクトランツス・キリアツスはシソ科ヤマハッカ属の多年草である。
ヤマハッカ属は世界に250種くらいあり、観葉植物として知られる。
日本にも引起し(ヒキオコシ)など多くの自生種がある。
本種の原産地は南アフリカである。
サシャ(Sasha)はその園芸品種である。
サシャの名は人名由来で、Sandra や Alexandra の別称として用いられる。
鉢植えなどに利用される。
草丈は30センチから50センチくらい。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の表面は緑色で、裏面は紫色である。
開花時期は5月から10月くらいである。
花は淡い紫色をした筒形で、先は唇形に裂ける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Plectranthus はギリシャ語の「plectron(距)+anthos(花)」からきている。距のある花の形から名づけられた。
種小名の ciliatus は「縁毛のある」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Plectranthus ciliatus 'Sasha'

★葉っぱには模様の入ったものもある
 部屋の中でも楽しめそうだね

プレクトランツス・サシャ131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちシソ科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはサトイモ科です。

次のカテゴリはシダ類です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7