ウリ科の最近のブログ記事

オカベマリヒョウタン090928a-l.jpg

瓢箪(ヒョウタン)はウリ科ユウガオ属の蔓性一年草である。
夕顔(ユウガオ)の近縁種で、原産地は北アフリカである。
日本へは縄文時代に渡来した。
岡部鞠瓢箪(オカベマリヒョウタン)はその栽培品種の1つである。
神奈川県足柄上郡大井町にある工房「夢瓢(ゆめひょう)」で岡部長(おかべ・たけし)さんによって作出された。
瓢箪(ヒョウタン)にはいろいろな形のものがあるが、本種の果実の形は正球形である。
夕顔(ユウガオ)の果実の形に近い。
茎は長さが2メートルから3メートルになる。
葉は心臓形で、浅く裂ける。
開花時期は8月から9月である。
花の色は白く、花冠は先で深く5つに裂ける。
花径は10センチくらいあり、花は夕方に開いて翌日の午前中にしぼむ。
結実時期は9月から10月である。
形はまんまるで、観賞用に栽培される。
属名の Lagenaria はラテン語の「lagenos(瓶)」からきている。実の形から名づけられた。
種小名の siceraria は「酩酊する」という意味である。
変種名の gourda は「ヒョウタン」の古いラテン名である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Lagenaria siceraria var. gourda cv.

★鞠の名がぴったり似合う瓢箪に
 棚を見上げて笑みも漏れるよ

オカベマリヒョウタン090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちウリ科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはリクニスです。

次のカテゴリはガウラです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7