ロベリアの最近のブログ記事

ロベリア・スペキオサ

ロベリア・スペキオサ'ビューティー・ローズ'060808b-l.jpg

ロベリア・スペキオサはキキョウ科ミゾカクシ属の多年草である。
種間交雑の園芸品種である。
交配親は紅花沢桔梗(ベニバナサワギキョウ:Lobelia cardinalis)、ロベリア・フルゲンス(Lobelia fulgens)、ロベリア・シフィリテカ(Lobelia siphilitica)などである。
草丈は70センチから120センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月から9月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、唇形の花をびっしりとつける。
花の色は赤、ピンク、青などである。
上唇は2つに裂けて横に張り出し、下唇は3つに裂けて前に突き出る。
雄しべは5本で、筒状になって花柱(雌しべの一部で柱頭と子房とをつなぐ部分)を囲む。
名の Lobelia はフランドル出身でイギリスの植物学者だった「ロベル(Mathias de Lobel, 1538-1616)さん」の名からきている。
種小名の speciosus は「華やかな」という意味である。
写真は8月につくば植物園で撮った。
品種名は上からビューティー・ローズ、ビューティー・レッド、ビューティー・ブルーである。
学名:Lobelia x speciosa

★鮮やかな色が眩しく目を引いて
 スペキオサの花夏が大好き

ロベリア・スペキオサ'ビューティー・レッド'060808a-l.jpg

ロベリア・スペキオサ'ビューティー・ブルー'060808.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちロベリアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはリクニスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7