インパチェンスの最近のブログ記事

サンパチェンス

サンパチェンス090928a-l.jpg

サンパチェンスはツリフネソウ科ツリフネソウ属の多年草である。
インパチェンスやニューギニアインパチェンスなど、インパチェンスの仲間の交配種である。
直射日光にも耐えられるように改良された品種群である。
サカタのタネが開発し、商標登録されている。
二酸化炭素、二酸化窒素、ホルムアルデヒドなどの吸収能力が高く、環境浄化植物として注目されている。
草丈は40センチから80センチくらいである。
葉は卵形で、車軸状につく(輪生)。
開花時期は6月から10月くらいである。
花径は5、6センチで、花の色は白、赤、橙色、赤紫色などである。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
品種名はオレンジである。
学名:Impatiens x hybrida 'SunPatiens'

★陽射しにも負けない花をつくろうと
 絞った知恵がエコに役立ち

サンパチェンス090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちインパチェンスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはイソトマです。

次のカテゴリはオステオスペルムムです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0