イソトマの最近のブログ記事

イソトマ

イソトマ100307a-l.jpg

イソトマ(Isotoma)はキキョウ科ラウレンティア属(イソトマ属)の多年草である。
属名でも流通している。
属名の読み方は「ローレンティア」とする場合もある。
かつてはイソトマ属に分類されていたため、イソトマの名で流通している。
園芸的には一年草として扱われる。
原産地はオーストラリアである。
乾燥した暖かい気候を好む。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は細かく切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から11月くらいである。
花径3センチくらいの白、ピンク、青などの花をつける。
花冠は筒状で、星形に深く5つに裂ける。
夏の暑さにも強く、長く咲き続ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
茎や葉を傷つけると出る白い液は、皮膚につくと炎症を起こすことがあるので注意が必要である。
種小名の hybrida は「交配種の」という意味である。
写真はアバンギャルドブルー(Avant-garde Blue)とアバンギャルドピンク(Avant-garde Pink)という品種である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
学名:Laurentia x hybrida

★ほんとはね雨はあんまり好きでない
 だけど咲きたいあなたのために
☆元気よく雨の中でも咲いている
 生まれ故郷を懐かしみつつ

イソトマ100307b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちイソトマカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアマルクリヌムです。

次のカテゴリはインパチェンスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0