スパラキシスの最近のブログ記事

スパラキシス・トリカラーホワイト090419c-l.jpg

スパラキシス・トリコロル(Sparaxis tricolor)はアヤメ科スパラキシス属の多年草である。
和名を水仙文目(スイセンアヤメ)という。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
トリカラーホワイト(Tricolor White)はその園芸品種である。
特徴は花の色が白く、喉が黄色くなることである。
草丈は30センチから40センチくらいである。
根際から生える葉は線形または披針形である。
葉は長さが50センチくらい、幅が1センチくらいである。
開花時期は3月から5月である。
茎の上部に花径4センチくらいの花を3輪から6輪くらいつける。
花被片は6枚である。
属名の Sparaxis はギリシャ語の「sparasso(1粒の涙)」からきている。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Sparaxis 'Tricolor White'

★複雑な原種の色を取り払い
 シンプルに咲くトリカラーホワイト

スパラキシス・トリカラーホワイト090419b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスパラキシスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはステラです。

次のカテゴリはホトトギスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0