スイカズラ科の最近のブログ記事

モミジバセイヨウニワトコ100605a-l.jpg

紅葉葉西洋接骨木(モミジバセイヨウニワトコ)はスイカズラ科ニワトコ属(サンブクス属)の落葉低木である。
分類体系によっては(APGIII)レンプクソウ科とされる。
サンブクス属は北半球の温帯から熱帯にかけて25種くらいが分布する。
日本にも接骨木(ニワトコ)などが分布し、属名の和名をニワトコ属という。
本種は西洋接骨木(セイヨウニワトコ)の栽培品種で、作物として栽培される。
基本種は北アフリカ、ヨーロッパから南西アジアにかけて分布する。
樹高は2メートルから6メートルくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
小葉には切れ込みがあり、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3月から6月くらいである。
葉の脇に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、淡いクリーム色を帯びた白い小さな花をたくさんつける。
花冠は5つに裂けて反り返り、よい香りがする。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、黒紫色に熟する。
実はジャムやソースに、花は料理の香りづけに用いられる。
また、葉や花はハーブや薬用として用いられる。
花言葉は「熱中」である。
属名の Sambucus はギリシャ語の「sambuce(古代の楽器)」からきている。茎を林立した様子がこの楽器に似ていることから名づけられた。
種小名の nigra は「黒い」という意味である。
園芸品種名の Laciniata は「細く分裂した」という意味である。

写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Sambucus nigra 'Laciniata'

★あれこれは葉っぱの形変わってる
 香りがいいねエルダーの花

モミジバセイヨウニワトコ100605b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスイカズラ科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカルミアです。

次のカテゴリはバラ科です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7