マメ科の最近のブログ記事

フォレストパンジー

フォレストパンジー080413a-l.jpg

アメリカ花蘇芳(アメリカハナズオウ)マメ科ハナズオウ属(ケルキス属)の落葉高木である。
ケルキス属は世界の温帯を中心に10種くらいが分布する。
日本では中国原産の花蘇芳(ハナズオウ)が江戸時代の初期に渡来して庭木とされており、属名の和名をハナズオウ属という。
アメリカ花蘇芳(アメリカハナズオウ)の原産地は北アメリカである。
カナダのオンタリオ州から合衆国のフロリダ州にかけて東部に分布する。
フォレストパンジー(Forest Pansy)はその園芸品種である。
特徴は葉の色が暗い赤紫色をしていることである。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
葉はハート形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は3月から4月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花の色は淡い紅色で、蝶形をしている。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Cercis はギリシャ語の「cercis(小刀のさや)」からきている。さやの形が似ていることから名づけられた。
種小名の canadensis は「カナダの」という意味である。
園芸品種名の Forest Pansy は「森のパンジー」という意味である。
写真は4月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Cercis canadensis 'Forest Pansy'

★調べれば変わっているよ葉の色が
 また来てみようフォレストパンジー

フォレストパンジー080413b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ヤエザキヒトツバエニシダ110710a-l.jpg

一つ葉金雀枝(ヒトツバエニシダ)マメ科ヒトツバエニシダ属(ゲニスタ属)の落葉低木である。
ヨーロッパから西アジアにかけて分布し、起伏の多い牧草地や道端に生える。
和名の由来は、金雀枝(エニシダ)が3出複葉(三つ葉)なのに対して単葉であることからつけられた。
金雀枝(エニシダ)はスペイン語のイニエスタ(hiniesta)の転訛したものと言われる。
本種はその園芸品種である。
樹高は30センチから180センチくらいである。
匍匐して広がる。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から8月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、黄色くて小さい八重咲きの花をつける。
属名の Genista はラテン語の「genista(小低木)」からきている。
種小名の tinctoria は「染色用の」という意味である。
品種名の Plena は「八重の」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Genista tinctoria 'Plena'

★八重咲きの花の姿は不思議だね
 元の姿はどこかに消えて

ヤエザキヒトツバエニシダ110710b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちマメ科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはブッドレアです。

次のカテゴリはモクセイ科です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7