バラ科の最近のブログ記事

新高(ニイタカ)

ニイタカ080406a-l.jpg

梨(ナシ)バラ科ナシ属(ピルス属)の落葉高木である。
ピルス属は北半球の温帯を中心に10数種が分布する。
日本にも山梨(ヤマナシ)などが分布し、属名の和名をナシ属という。
梨(ナシ)の原産地は中国である。
日本へは古い時代に渡来した。
別名を和梨(ワナシ)、日本梨(ニホンナシ)という。
北海道から九州にかけてさまざまな品種が栽培されている。
新高(ニイタカ)もそうした栽培品種の1つである。
新潟県産の天の川(アマノガワ)と高知県産の今村秋(イマムラアキ)を交配させて作られた品種で、昭和2年に命名された。
名の由来は、産地新潟の「新」と産地高知の「高」を組み合わせたものである。
赤梨系の大形晩生種で果汁が多く、歯応えのある食感で甘い。
樹高は10メートルから20メートルくらいである。
ただし、栽培時には剪定されるので3メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には芒状(先が針のような)のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月である。
葉の展開と同時に白い5弁花をつける。
花径は2センチから3センチくらいである。
花の後にできる実はナシ状果で、黄褐色に熟する。
結実時期は10月から11月くらいである。
果実は大きく500グラムから1000グラムくらいある。
属名の Pyrus はラテン語でナシの木の古典名である。
種小名の pyrifolia は「ナシ属のような葉の」という意味である。
変種名の culta は「栽培の」という意味である。
写真は4月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Pyrus pyrifolia var. culta 'Niitaka'

★新高の甘い香りを思いつつ
 春の花見る実るといいね

ニイタカ080406b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

佐藤錦(サトウニシキ)

サトウニシキ080413a-l.jpg

西洋実桜(セイヨウミザクラ)バラ科サクラ属の落葉高木である。
通称を桜ん坊(サクランボ)といい、広く栽培されている。
原産地はヨーロッパで、西アジアからヨーロッパ、北アフリカにかけて分布する。
樹高は15メートルから20メートルくらいになる。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざがある(鋸歯)。
葉の裏側の葉脈上には軟毛が生える。
日本へ渡来したのは1868年(明治元年)である。
気候的な適性から山形県をはじめとする東北地方や北海道の日本海側で栽培されるようになった。
山形県では桜ん坊(サクランボ)が「県の木」に指定され、佐藤錦(サトウニシキ)などの品種が生まれている。
佐藤錦(サトウニシキ)の始まりは1912年(大正元年)のことである。
山形県東根市の佐藤栄助さんが、ナポレオンと黄玉(キダマ)を交配してできたと推定される実生から育成を開始した。
開花時期は4月から5月である。
葉の展開した後に花を咲かせる。
桜(サクラ)に似た5弁の白い花が散状に集まって咲く。
萼は反り返っている。
花の後にできる実は直径2センチくらいの核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、6月から7月に赤く熟する。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の avium は「鳥の」という意味である。
花の写真は4月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
実の写真は6月に山形市内で撮った。
学名:Prunus avium 'Satounisiki'

★この花がやがて実れば桜ん坊
 ほっぺの落ちる佐藤錦に

サトウニシキ080413b-l.jpg山形のさくらんぼ090630.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


長寿梅(チョウジュバイ)

チョウジュバイ050717b-l.jpg

草木瓜(クサボケ)バラ科ボケ属(カエノメレス属)の落葉低木である。
カエノメレス属はアジアに数種の原種が分布し、また多くの園芸品種がある。
中国原産のカエノメレス・スペキオサに木瓜(ボケ)の和名があり、属名の和名もボケ属という。
草木瓜(クサボケ)は日本固有種である。
本州の関東地方から九州にかけて分布し、日当たりのよい丘陵地に生える。
長寿梅(チョウジュバイ)はその園芸品種である。
樹高30センチに満たない矮性種で、盆栽として人気がある。
葉は倒卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
枝には刺がある。
開花時期は周年で、年に2回か3回花をつける。
花は一重の小輪で、花の色は朱紅色ないし白である。
花弁は5枚である。
属名の Chaenomeles はギリシャ語の「chaino(開ける)+melon(リンゴ)」からきている。裂けたリンゴの意味で、熟した実に裂け目ができることから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は7月に国営昭和記念公園で撮った。
学名:Chaenomeles japonica 'Chojubai'

★盆栽の世界はとても不思議だよ
 鉢の上には宇宙の見えて

チョウジュバイ050717a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



斑入り木瓜(フイリボケ)

フイリボケ080406a-l.jpg

木瓜(ボケ)バラ科ボケ属(カエノメレス属)の落葉低木である。
カエノメレス属はアジアに数種の原種が分布し、また多くの園芸品種がある。
中国原産のカエノメレス・スペキオサに木瓜(ボケ)の和名があり、属名の和名もボケ属という。
木瓜(ボケ)は日本へは平安時代には渡来していたと言われ、花木として植栽されてきた。
また、帰化植物として本州から九州にかけて分布している。
斑入り木瓜(フイリボケ)は園芸品種の1つである。
特徴は、葉に黄緑色の斑が入ることである。
樹高は1メートルから2メートルである。
よく枝分かれをし、小枝は棘状となる。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3月から4月である。
花径3センチくらいの紅色をした5弁花をつける。
花の後にできる実は長さが5センチから7センチくらいある楕円形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、10月ころに黄色く熟する。
属名の Chaenomeles はギリシャ語の「chaino(開ける)+melon(リンゴ)」からきている。裂けたリンゴの意味で、熟した実に裂け目ができることから名づけられた。
種小名の speciosa は「華やかな」という意味である。
写真は4月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Chaenomeles speciosa 'Fuiri'

★緋の色に染まる思いを寒風に
 晒しつ待つは春の訪れ

フイリボケ080406b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



フイリヤマブキ070430a-l.jpg山吹(ヤマブキ)バラ科ヤマブキ属の落葉低木である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の谷筋などに生える。
また、庭木とされる。
海外では、中国にも分布する。
斑入り山吹(フイリヤマブキ)はその園芸品種である。
葉に白斑が入るのが特徴である。
樹高は1メートルから2メートルである。
樹形は株立ちである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾状に尖り、葉の縁は不揃いな重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)である。
開花時期は4月から5月である。
新しい枝先に黄色い花を1つずつつける。
花径は3センチから5センチくらいで、花びら(花弁)は5枚である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
江戸時代に多くの園芸品種が作出され、ほかにも八重山吹(ヤエヤマブキ)、白花山吹(シロバナヤマブキ)、菊咲き山吹(キクザキヤマブキ)などの種類がある。
属名の Kerria はスコットランドの植物学者「ウィリアム・カー(William Kerr, ?-1814)さん」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
品種名の Variegata は「斑入りの」という意味である。
写真は4月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Kerria japonica 'Variegata'

★江戸の世の風流伝う葉の姿
 どこかすがやか斑入り山吹

フイリヤマブキ070430b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちバラ科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはハンニチバナ科です。

次のカテゴリはバンクシアです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7