バンクシアの最近のブログ記事

バンクシア・ジョーイキャンドル091018a-l.jpg

バンクシアはヤマモガシ科バンクシア属の常緑樹の総称である。
バンクシア属は80種くらいあり、ほとんどがオーストラリアに分布する。
ジョーイキャンドル(Joey Candle)はその園芸品種である。
矮性種で、樹高は1メートルくらいである。
鉢物用に育成されたとのことで、這うようにして横に広がる。
ただし、この名称は日本のサイトでしか発見できない。
おそらく、日本で育成され日本のみで流通するローカルな品種なのであろう。
葉は線形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は10月から2月くらいである。
長い円筒形のブラシのような穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、黄橙色の花をつける。
長く飛び出しているのは花柱(雌しべの一部で柱頭と子房とをつなぐ部分)である。
花被片が4枚あり、それぞれに雄しべが1本ずつつく。
花の後にできる実は木質の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Banksia はイギリスの植物学者「バンクス(Joseph Banks, 1743-1820)さん」の名からきている。
写真は10月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Banksia 'Joey Candle'

★この花は日本生まれの花なのか
 わからないけど謎もまたよし

バンクシア・ジョーイキャンドル091018b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちバンクシアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリはパッシフローラです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7