パッシフローラの最近のブログ記事

パッシフローラ・ライラックレディ090927a-l.jpg

パッシフローラ・ライラックレディはトケイソウ科トケイソウ属の蔓性常緑低木である。
園芸品種である。
ブラジル原産の穂咲き時計草(ホザキトケイソウ:Passiflora racemosa)と時計草(トケイソウ:Passiflora caerulea)の交配種をパッシフローラ・ビオラケア(Passiflora x violacea)という。
本種はその系統の園芸品種の1つである。
蔓の長さは3メートルくらいになる。
葉は手のひら状に裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から10月くらいである。
花の色は紅紫色である。
花径は8センチから10センチくらいである。
萼片と花弁がそれぞれ5枚ずつあり、同じ色と形なので10枚の花びらがあるように見える。
属名の Passiflora はラテン語の「flor della passione(情熱の花)」からきている。雌しべの柱頭をはりつけにされたキリストにたとえ、放射状の副花冠をキリストの後光にたとえた。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Passiflora 'Lilac Lady'

★色合いは落ち着き払ったライラック
 シックな様に感嘆の声

パッシフローラ・ライラックレディ090927b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちパッシフローラカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリはブッドレアです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7