温室の最近のブログ記事

ホヤ・カルノサ・クラッシフォリア091004a-l.jpg

桜蘭(サクララン:Hoya carnosa)ガガイモ科サクララン属(ホヤ属)の蔓性常緑低木である。
分類体系によっては(APGIII)キョウチクトウ科とされる。
ホヤ属は太平洋諸島から東南アジア、インドにかけて分布し、200種くらいある。
日本には桜蘭(サクララン)1種が沖縄に自生する。
クラッシフォリア(Crassifolia)はその園芸品種である。
草丈は1メートルから2メートルである。
気根(空気中に伸びる根)を出し、樹幹や岩上を這いのぼる。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)
葉の質は厚くて艶がある。
開花時期は6月から10月くらいである。
葉の脇から散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、手鞠状に赤い花が集まってつく。
花冠は5つに裂け、真ん中は星形になる。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Hoya はイギリス人の園芸家「ホイ(Thomas Hoy, 1750?-1821)さん」の名からきている。
種小名の carnosa は「肉質の」という意味である。
園芸品種名の Crassifolia は「分厚い葉の」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Hoya carnosa 'Crassifolia'

★宝石を思わすような桜蘭
 赤が色濃いクラッシフォリア

ホヤ・カルノサ・クラッシフォリア091004b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ツンベルギア・アウグスツス・ブルー090927a-l.jpg

ツンベルギア・アウグスツス・ブルーはキツネノマゴ科ヤハズカズラ属(ツンベルギア属)の蔓性多年草である。
園芸品種で交配親は公開されていないが、葉の形状を見るとベンガル矢筈葛(ベンガルヤハズカズラ:Thunbergia grandiflora)がその1つと推測される。
また、海外のサイトにこの名称はないし妙な名づけ方なので、日本で開発されたものと推測される。
蔓性で丈は3メートルから5メートルくらいまで伸びる。
葉は心形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、つけ根のほうの縁が角張る。
葉の表面には毛が生えている。
開花時期は周年である。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、濃い青紫色をした漏斗状の花をつける。
花冠の先は5つに裂け、喉の部分は淡い黄色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Thunbergia はスウェーデンの植物学者「ツンベルク(Carl Peter Thunberg, 1743-1828)さん」の名からきている。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Thunbergia 'Augustus Blue'

★色の濃い花はくっきり涼しげに
 温室彩り爽やか気分

ツンベルギア・アウグスツス・ブルー090927b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

フイリゲンペイカズラ110823a-l.jpg

源平臭木(ゲンペイクサギ)はクマツヅラ科クサギ属の蔓性常緑低木である。
分類体系によってはシソ科とされる。
原産地は西アフリカである。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
別名を源平葛(ゲンペイカズラ)という。
白い萼と紅色の花の対比が美しい。
斑入り源平臭木(フイリゲンペイクサギ)はその園芸品種である。
特徴は葉に白い斑点が入ることである。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は4月から10月くらいである。
花冠からは4本の長い雄しべが飛び出す。
後から雌しべが飛び出すと、雄しべは丸まってしまう。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
属名の Clerodendrum はギリシャ語の「cleros(運命)+dendron(樹木)」からきている。スリランカにあった同属の2種を「幸運の木」「不運の木」と呼んだことからきている。
種小名の thomsoniae はイギリス人の宣教師で医師の「トムソン(William Cooper Thomson, 1829-1878)さんの」という意味である。
品種名の Variegatum は「斑入りの」という意味である。
写真は8月に北大植物園で撮った。
学名:Clerodendrum thomsoniae 'Variegatum'

★斑入りの葉温室にとても似合ってる
 派手な色合い更に引き立て

フイリゲンペイカズラ110823b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち温室カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはワタです。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7