ヤツデの最近のブログ記事

黄紋八手(キモンヤツデ)

キモンヤツデ090718a-l.jpg

八手(ヤツデ)はウコギ科ヤツデ属の常緑低木である。
本州の東北地方南部から沖縄にかけて分布し、海岸沿いなどの温暖な場所に生える。
海外では、朝鮮半島、中国にも分布する。
また、庭木としても利用される。
黄紋八手(キモンヤツデ)はその栽培品種の1つである。
特徴は葉に不揃いに黄色い斑が入ることである。
「八手」の名の由来は、深く切れ込んだ葉の形からきている。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は柄が長く手のひら状に7つから9つに裂け、互い違いに生える(互生)。
葉の質は厚く、艶がある。
開花時期は11月から12月である。
白い球状に集まった花をつける。
1つの花が、日が経つにつれて雄花から雌花へと変化する。
結実期は3月から5月で、熟すと黒い実になる。
属名の Fatsia は日本語の「八手(ハッシュ)」からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
品種名の Aureo-variegata は「黄金色の斑入りの」という意味である。
写真は7月に小石川植物園で撮った。
学名:Fatsia japonica 'Aureo-variegata'

★黄金と言うには少しおこがましい
 季節変われば綺麗なのかな

キモンヤツデ090718b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちヤツデカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7