チャノキの最近のブログ記事

フイリチャノキ081130a-l.jpg

斑入り葉の醸す深みに白映えて

茶の木(チャノキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
単に「茶」と呼んだり「茶の木」と呼んだりする。
原産地は中国の南部とする説が有力である。
斑入り茶の木(フイリチャノキ)はその園芸品種である。
特徴は、葉に黄緑色の斑が入ることである。
樹高は2メートルから4メートルくらいである。
よく枝分かれをする。
葉は細長い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶があり、表面は濃い緑色で黄緑色の斑が入る。
開花時期は10月から12月くらいである。
葉の脇に白い小さな5弁花を、やや下向きにつける。
花には黄色い雄しべがたくさんある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
俳句では「茶の花」が冬の季語である。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(G. J. Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の sinensis は「中国の」という意味である。
品種名の Variegata は「斑入りの」という意味である。
写真は11月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia sinensis 'Variegata'

★きらきらと華麗に光る葉が主役
 花は小さく恥ずかしそうに

フイリチャノキ081130b-l.jpg


COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちチャノキカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはグレビレアです。

次のカテゴリはハイビスカスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0