ピラカンタの最近のブログ記事

ピラカンタ・ローズデール

ピラカンサ・ローズデール071124b-l.jpg

ピラカンタ・ローズデールはバラ科トキワサンザシ属(ピラカンタ属)の常緑低木である。
属名の読み方は「ピラカンサ」とするものもある。
常葉山査子(トキワサンザシ)の園芸品種である。
原産地は地中海沿岸地方である。
日本へは昭和40年代に渡来した。
特徴は実の数がとても多いことである。
庭園樹や生垣などに利用されている。
樹高は2メートルくらいである。
葉は楕円形ないし細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶があり、毛は生えていない。
葉の縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から6月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、白い小さな花をびっしりとつける。
花弁は5枚である。
結実時期は10月から11月くらいである。
丸い赤い偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)をびっしりとつける。
属名の Pyracantha はギリシャ語で「pyro(炎)+acantha(刺)」からきている。果実の色や枝にある棘を表している。
種小名の coccinea は「赤い」という意味である。
写真は11月に小石川植物園で撮った。
学名:Pyracantha coccinea 'Rosedale'

★びっしりと呆れるほどに実をつけて
 ローズデールは不思議な姿

ピラカンサ・ローズデール071124a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちピラカンタカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはバイカウツギです。

次のカテゴリはミカンです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0