の最近のブログ記事

グレビレア・ロビンゴードン

グレビレア・ロビンゴードン090607d-l.jpg

グレビレア・ロビンゴードンはヤマモガシ科ハゴロモノキ属(グレビレア属)の常緑低木である。
グレビレア属の原種は250種くらいあり、原産地はオーストラリアやニュージランドである。
本種はオーストラリア原産の栽培品種で、非常に人気のある品種である。
グレビレア・バンスキー(Grevillea banksii)とグレビレア・ビピンナティフィダ(Grevillea bipinnatifida)の交配で生まれたもので、デビッド・ゴードン(David Gordon)によって選抜された。
樹高は2メートルから3メートルである。
葉は羽状に裂けて、裂片は松葉のような線形をしており、互い違いに生える(互生)。
開花時期は周年である。
花の色は赤く、歯ブラシのような花序になる。
花弁のように見えるのは総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)である。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)である。
属名の Grevillea はイギリスの植物収集家「グレビル(Charles Francis Greville, 1749-1809)さん」の名からきている。
品種名の Robyn Gordon は亡くなったゴードン家の一員を記念して名づけたものである。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Grevillea 'Robyn Gordon'

★面白い形に咲いてグレビレア
 異国の香り振りまくように

グレビレア・ロビンゴードン090607b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

グレビレア・ピグミーダンサー120509c-l.jpg

グレビレアはヤマモガシ科ハゴロモノキ属(グレビレア属)の常緑低木の総称である。
属名の読み方は「グレヴィレア」とするところもある。
原産地はオーストラリア、ニュージランドである。
グレビレア属は250種くらいあるという。
ピグミーダンサー(Pygmy Dancer)はその園芸品種である。
ただし、この名は日本での流通名である。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は披針形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から6月である。
花弁のように見えるのは総苞である。
夏に涼しい場所に置くと冬からまた花を咲かせる。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)である。
属名の Grevillea はイギリスの園芸家「グレビル(C. Greville)さん」の名からきている。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Grevillea 'Pygmy Dancer'

★くるりんと丸まって咲きチャーミング
 その名も楽しいピグミーダンサー

グレビレア・ピグミーダンサー120509d-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7