紅・白の最近のブログ記事

宝合(タカラアワセ)

タカラアワセ090321a-l.jpg

雪椿(ユキツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
本州の東北地方から北陸地方にかけての日本海側に分布し、山地に生える。
新潟県を中心とした豪雪地域に多く、新潟県では「県の木」に指定している。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれる藪椿(ヤブツバキ)とともに、園芸品種の基本種となっている。
宝合(タカラアワセ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1859年に糀屋亀五郎が編んだ「椿伊呂波名寄色附(つばきいろはなよせいろつけ)」に256種のうちの1つとして掲載されている。
樹高は2メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月くらいである。
花径10センチくらいの白地に紅色の縦絞りが入る八重蓮華咲きの中輪ないし大輪である。
蓮華咲きというのは横から見ると花弁と花弁の間に隙間があり、立体感のある花形である。
雄しべは筒しべである。
花の形には変化が多く、競うように咲き分けることから宝合(タカラアワセ)の名がつけられた。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の rusticana は「田園の」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Camellia rusticana 'Takara-awase'

★大輪の開く様子は息を飲む
 豪華な花を競い咲きさせ

タカラアワセ090321b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

コチョウワビスケ090315a-l.jpg

侘助(ワビスケ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
原種は発見されておらず、藪椿(ヤブツバキ)茶(チャ)との交雑種ではないかとする説もあるが、起源ははっきりしていない。
胡蝶佗助(コチョウワビスケ)はその園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
江戸時代に「侘助」と呼ばれていたのは本種である。
樹高は2メートルから4メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
早春咲きで、開花時期は1月から4月くらいである。
花径4センチ以下の紅色地に白い斑の入る一重猪口咲きの極小輪をつける。
雄しべは侘芯(わびしん)といって葯(雄しべの花粉を入れる袋)が退化している。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の wabisuke は「侘助」のことである。
園芸品種名の Bicolor は「2色の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia wabisuke 'Bicolor'

★侘びの名に似合わぬような艶やかさ
 江戸の風雅をあれこれ思い

コチョウワビスケ090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

天ケ下(アマガシタ)

アマガシタ090315a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
天ケ下(アマガシタ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1681年に大坂で刊行された日本で最初の園芸書「花壇綱目(かだんこうもく)」に椿66種の1つとして記載されている。
同署は水野元勝などによって著された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
早春咲きで、開花時期は1月から4月である。
花径8センチくらいの濃い紅色地に白い斑が入る一重喇叭咲きの中輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Amagashita'

★名の由来調べてみてもわからぬが
 江戸の初期から人の目を惹き

アマガシタ090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

鹿児島(カゴシマ)

カゴシマ090315a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
鹿児島(カゴシマ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1739年に駒込の植木屋伊藤樹久(伊兵衛)が奥書を記した「本草花蒔絵」に椿100種の1つとして記載されている。
やはり古い品種の松笠(マツカサ)に白い斑が入ったものである。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径6センチくらいの濃い紅色地に白い斑が入る松笠状千重咲きの小輪ないし中輪をつける。
雄しべは割りしべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Kagoshima'

★江戸の世と結びつくのか鹿児島は
 由来如何にと紐解きながら

カゴシマ090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

釣篝(ツリカガリ)

ツリカガリ130317a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
釣篝(ツリカガリ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
桃色地の沖の浪(オキノナミ)の紅花である藻汐(モシオ)の枝変わりである。
江戸時代からある古い品種である。
1828年に本草学者(植物を中心とする薬物学者)の岩崎灌園(いわさき・かんえん, 1786-1842)が著した「本草図譜」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径10センチくらいの鮮やかな濃い紅色地に白い星斑の入る八重咲きの中輪ないし大輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Tsurikagari'

★椿にも困ったものと苦笑い
 わずかな変化で名は大違い

ツリカガリ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

星車(ホシグルマ)

ホシグルマ130317a-l.jpg

雪椿(ユキツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
本州の東北地方から北陸地方にかけての日本海側に分布し、山地に生える。
新潟県を中心とした豪雪地域に多く、新潟県では「県の木」に指定している。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれる藪椿(ヤブツバキ)とともに、園芸品種の基本種となっている。
星車(ホシグルマ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1695年に駒込の植木屋の伊藤伊兵衛三之丞が著した「花壇地錦抄(かだんちきんしょう)」に記載されている。
樹高は2メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月くらいである。
花径8センチくらいの紅色地で白い星斑が入る千重咲きの中輪である。
千重咲きというのは、花弁の重なりが多い咲き方である。
雄しべはないか、あるいは落花まで見えない。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の rusticana は「田園の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia rusticana 'Hoshiguruma'

★白い斑の入り方にはいろいろな
 バリエーションがあるようだけど

ホシグルマ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

卜伴(ボクハン)

ボクハン090315a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
卜伴(ボクハン)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1719年に駒込の植木屋の伊藤伊兵衛武政が著した「広益地錦抄(こうえきじきんしょう)」に記載されている。
卜伴の名は泉州貝塚の茶人卜伴によって植えられたことからきている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は急に細くなって尖る。
開花時期は3月から4月である。
花径5センチくらいの濃い紅色をした一重白唐子咲きの中輪をつける。
唐子咲きというのは、花芯の雄しべ全体や葯(花粉の入った袋)が小さな花弁に変形したものを指す。
唐子は江戸時代の子供の髪型になぞらえたものである。
写真のように唐子弁には赤が混ざることもある。
別名を月光(ガッコウ)という。
これは紅唐子(ベニカラコ)の別名である日光(ジッコウ)と対比した命名である。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Bokuhan'

★江戸の世の植木の世界垣間見る
 いわくありげな名の連なりて

ボクハン090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

玉の浦(タマノウラ)

タマノウラ090315b-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
玉の浦(タマノウラ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
長崎県五島市玉之浦地区に自生していた藪椿(ヤブツバキ)からの選別種である。
1973年に長崎市で開催された全国椿展で、藤田友一さん(旧玉之浦町長)によって発表された。
国内外で白覆輪のある園芸品種の交配親としてさかんに利用されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
樹形は立性で、枝はやや垂れる。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は1月から4月である。
花8センチくらいの鮮やかな紅色地に白覆輪の入る一重筒咲き、喇叭咲きの中輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Tamanoura'

★日本より世界で知られた玉の浦
 白い覆輪安定せぬが

タマノウラ090315a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

有川(アルカワ)

アルカワ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
有川(アルカワ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
読み方は「アリカワ」とするものもある。
江戸時代からある古い品種である。
1695年に駒込の伊藤伊兵衛三之丞が編んだ「花壇地錦抄(かだんちきんしょう)」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
遅春咲きで、開花時期は3月から4月である。
花10センチ以上の紅色地に大小の雲状の白い斑が入る八重咲きの中輪ないし大輪である。
雄しべはやや乱れた筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Arukawa'

★土地の名かそれとも人か人物どちらかな
 奥が深いね椿の世界

アルカワ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

荒獅子(アラジシ)

アラジシ130330a-l.jpg

雪椿(ユキツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
本州の東北地方から北陸地方にかけての日本海側に分布し、山地に生える。
新潟県を中心とした豪雪地域に多く、新潟県では「県の木」に指定している。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれる藪椿(ヤブツバキ)とともに、園芸品種の基本種となっている。
荒獅子(アラジシ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
紅荒獅子(ベニアラジシ)に白い斑の入る品種である。
江戸時代から伝わる古い品種である。
1879年に駒込の伊藤小右衛門などが編んだ「椿花集」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径10センチ以上の濃い紅色地に白い斑の入る獅子咲きの中輪ないし大輪である。
獅子咲きというのは、花芯で大小不規則な弁化した花弁が盛り上がり、その間に雄しべが見え隠れするような咲き方である。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の rusticana は「田園の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia rusticana 'Arajishi'

★落ち着かぬ花の姿を獅子舞に
 重ねたのかと思い巡らし

アラジシ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち紅・白カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはピンクです。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7