紫色の最近のブログ記事

望月菫(モチヅキスミレ)

モチヅキスミレ090405a-l.jpg

望月菫(モチヅキスミレ)はスミレ科スミレ属の多年草である。
菫(スミレ:Viola mandshurica)と小菫(コスミレ:Viola japonica)との交雑種である。
1965年に望月昇さんが作出してこの名がつけられた。
ただし、その後に自然交配種も発見されている。
両者がともに生育する北海道南部から九州にかけてどこにでも発生しうる。
無茎種で、草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は4月から5月である。
花径は15ミリから20ミリくらいである。
花の色は紫色で、濃い紫色の縦筋が入る。
側弁には毛が生える。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の mandshurica は「満州(中国東北部)の」という意味である。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園の菫展(日本すみれ研究会)で撮った。
学名:Viola mandshurica x Viola japonica

★見つけても区別するのはむずかしい
 望月菫の姿見つめて

モチヅキスミレ090405b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


パルマ菫(パルマスミレ)

パルマスミレ090405a-l.jpg

パルマ菫(パルマスミレ)はスミレ科スミレ属の多年草である。
原産地は西アジア説や北アフリカ説があるが、はっきりしない。
16世紀にはイタリアで香水の原料として栽培されるようになった。
日本では八重咲き匂い菫(ヤエザキニオイスミレ)として市販されているが、匂い菫(ニオイスミレ:Viola odorata)とは別種である。
いくつかの園芸品種が知られる。
葉は卵形ないしハート形である。
開花時期は3月から5月である。
花の色は淡い紫色のものと白いものがあり、八重咲きである。
種子はできない。
英名はパルマ・バイオレット(parma violet)である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の suavis は「素敵な」という意味である。
写真は4月に神代植物公園のすみれ展(日本すみれ研究会)で撮った。
学名:Viora suavis 'Parma Violet'

★謎多きパルマ菫は八重の花
 どんな秘密が隠れているやら

パルマスミレ090405b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ガバナーヘリック

ガバナーヘリック070324b-l.jpg

ガバナーヘリックはスミレ科スミレ属の多年草である。
ヨーロッパ原産の匂い菫(ニオイスミレ:Viola odorata)と北アメリカ原産のアメリカ菫細辛(アメリカスミレサイシン:Viola sororia)の人工交配種である。
19世紀末に作出された。
草丈は10センチから15センチくらいである。
葉は先の尖った心形である。
開花時期は4月である。
濃い青紫色をした大輪の花を咲かせる。
距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)は短くて太い。
花の後に実はできない。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
写真は3月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園の菫展で撮った。
学名:Viola 'Governor Herrick'

★海渡り繋がり合ったバイオレット
 葉も可愛いねガバナーヘリック

ガバナーヘリック070324c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


八雲菫(ヤクモスミレ)

ヤクモスミレ070324c-l.jpg

八雲菫(ヤクモスミレ)はスミレ科スミレ属の多年草である。
無茎種である菫(スミレ)と有茎種である坪菫(ツボスミレ)との人工交配種である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は長い楕円形から三角形である。
開花時期は3月から4月である。
花冠の全体としては菫(スミレ)の特徴が出ている。
花の色は紫色で、濃い紫色の筋がすべての花弁に入る。
唇弁が小さい点は坪菫(ツボスミレ)に似ている。
葉の形も菫(スミレ)に近い。
日本すみれ研究会の鈴木進さんが作出した。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の mandshurica は「満州(中国東北部)の」という意味である。
種小名の verecunda は「内気な」という意味である。
写真は3月に神奈川県立フラワーセンターの菫展で撮った。
下の写真は「明神タイプ」である。
学名:Viola mandshurica x Viola verecunda

★人工で作り出された花だけど
 きりりと咲けばそれも忘れて

ヤクモスミレ070324a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


鈴木菫(スズキスミレ)

スズキスミレ070324a-l.jpg

鈴木菫(スズキスミレ)はスミレ科スミレ属の多年草である。
菫(スミレ)と肥後菫(ヒゴスミレ)の人工交配種である。
昭和時代の初期に鈴木吉五郎氏によって作出された。
菫(スミレ)は北海道から九州にかけて分布する。
肥後菫(ヒゴスミレ)は「肥後」の名がつくが、本州の秋田県から九州にかけて分布し、山地に日当たりのよい場所に生える。
そのため、両者の成育する場所では自然交雑種も見つかるという。
草丈は10センチくらいである。
無茎種である。
葉は菊葉タイプとなる。
花の色には変異が多く、紫色のほか白花タイプもある。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の suzukii は山野草の栽培技術者「鈴木吉五郎さんの」という意味である。
写真は3月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園の菫展で撮った。
学名:Viola x suzukii(Viola mandshurica x Viola chaerophylloides var. sieboldiana)

★掛け合わせ作り出された菫だが
 自然の中にも生まれる不思議

スズキスミレ070324b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


春日菫(カスガスミレ)

カスガスミレ060325a-l.jpg

春日菫(カスガスミレ)はスミレ科スミレ属の多年草である。
菫(スミレ)と筑紫菫(ツクシスミレ)の交雑種で、「日本すみれ研究会」の田淵誠也さんによって作出された。
菫(スミレ)は北海道から九州にかけて広く分布し、人里近くに生える。
草丈は5センチから15センチくらいである。
無茎種である。
根際から生える葉は長い楕円形で、葉の柄には翼がある。
花の色は濃い紫色で、側弁のつけ根の部分に毛が生える。
筑紫菫(ツクシスミレ)はスミレ科スミレ属の多年草である。
九州の南部から沖縄にかけて分布し、人里近くに生える。
草丈は5センチから15センチくらいである。
有茎種である。
全体に毛が生える。
葉は細長い卵形で、つけ根が心形にならないのが特徴である。
花の色は白く、淡い紫色を帯びる。
下に1枚ある花びら(唇弁)が小さく、紫色の筋が入る。
春日菫(カスガスミレ)は両者の中間的形態となる。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の mandshurica は「満州(中国東北部)の」という意味である。
種小名の diffusa は「広がった」という意味である。
写真は3月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園の菫展で撮った。
学名:Viola mandshurica x Viola diffusa

★名の由来いつかどこかで見つけたら
 書き加えようさっと一筆

カスガスミレ060325c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち紫色カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0