花仙山(カセンザン)

カセンザン090315a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
花仙山(カセンザン)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
松江市玉湯町の民家で栽培されていたもので、1970年に有川智久さんによって発表された。
園芸名の由来は玉湯町にある山の名からきている。
別名を不昧光(フマイコウ)といい、松江藩7代藩主松平治郷の号である不昧からきている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は小さめの楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花5センチくらいの淡い桃色をした一重猪口咲きの小輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Kasenzan'

★勾玉で知られる山の名いただいた
 椿の花がひっそり開き

カセンザン090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2016年4月 3日 13:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「車止(クルマドメ)」です。

次のブログ記事は「普門院(フモンイン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7