2016年3月アーカイブ

天ケ下(アマガシタ)

アマガシタ090315a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
天ケ下(アマガシタ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1681年に大坂で刊行された日本で最初の園芸書「花壇綱目(かだんこうもく)」に椿66種の1つとして記載されている。
同署は水野元勝などによって著された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
早春咲きで、開花時期は1月から4月である。
花径8センチくらいの濃い紅色地に白い斑が入る一重喇叭咲きの中輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Amagashita'

★名の由来調べてみてもわからぬが
 江戸の初期から人の目を惹き

アマガシタ090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

苔清水(コケシミズ)

コケシミズ150404a-l.jpg

苔清水(コケシミズ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
サトザクラの仲間の1つである。
かつて東京の桜の名所であった荒川堤にあった栽培品種である。
1916年に植物学者の三好学(みよし・まなぶ, 1862-1939)さんが発表している。
樹高は4メートルから8メートルくらいである。
葉は広い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には芒(のぎ:イネなどの小穂に見られる針のような棘)状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月の上旬から中旬である。
花弁数は5枚で、一重咲きの中輪である。
花の色は白ないしごく淡い紅色で、花弁の縁のほうが少し濃い色になる。
花弁の形は細長い楕円形で、先が細かく切れ込む。
萼筒は長い鐘形、萼片は披針形(笹の葉のような形)で跳ねる。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の lannesiana はフランス人の園芸家「ランヌ(Lannes)さんの」という意味である。
写真は4月に三島市の国立遺伝学研究所で撮った。
学名:Prunus lannesiana 'Kokeshimidsu' (syn. Prunus lannesiana 'Angustipetala')

★荒川の堤にあった桜には
 どこか優雅な響きがあって

コケシミズ150404b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

桜図鑑

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



黒百合(クロユリ)

クロユリ090315a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
黒百合(クロユリ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1979年に西宮市甲子園で神戸カメリアソサエティー会長だった三島義彦さんが作出し登録した。
孔雀椿(クジャクツバキ)の実生(みしょう:接ぎ木ではなく種子から育てること)から生まれた。
孔雀椿(クジャクツバキ)は八重咲きで白い斑が入る。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
新春咲きで、開花時期は1月から4月である。
花径8センチくらいの暗い紅色をした一重長筒咲き、喇叭咲きの中輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Kuroyuri'

★黒百合の色とは少し違うけど
 椿と思えば納得の名か

クロユリ090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ゴショサコンノサクラ150404a-l.jpg

御所左近の桜(ゴショサコンノサクラ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
原木は京都御所の紫宸殿の前庭に植えられ、「左近の桜、右近の橘」として知られた桜である。
原木は枯死したが、今も増殖された後継樹が植えられている。
左近の桜は平安時代から何代も植え替えられている。
当初は山桜(ヤマザクラ)であったが半八重咲きのものもあり、それは八重のサトザクラが交雑したものと考えられている。
旗弁(きべん:雄しべが花弁のように変化したもの)の多いものは八重左近の桜(ヤエサコンノサクラ)と呼ばれる。
樹高は4メートルから8メートルくらいである。
葉は幅の広い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面は白色を帯びる。
開花時期は4月の上旬から中旬である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
花弁数は5枚で、花径は3センチくらいの中輪である。
花の色は白ないしごく淡い紅色で、旗弁(きべん:雄しべが花弁のように変化したもの)があるものもある。
花弁の形は楕円形ないし円形である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の jamasakura は「ヤマザクラ」のことである。
品種名の formosa は「美しい」という意味である。
写真は4月に三島市の国立遺伝学研究所で撮った。
学名:Prunus jamasakura f. formosa(syn. Prunus jamasakura 'Formosa-plena')

★歴史ある桜とついに出合ったと
 喜びひとしお左近の桜

ゴショサコンノサクラ150404b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

藪の内(ヤブノウチ)

ヤブノウチ090320a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
藪の内(ヤブノウチ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1960年代に大阪の片山樹楽園の目録に記載された。
品種名は茶道の流派の名からきている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は急に細くなって尖る。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径6センチくらいの淡い桃色をした一重椀咲き、平開咲きの小輪ないし中輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Yabunouchi'

★豊臣の世を偲ばせる椿から
 秘めた歴史の重み感じつ

ヤブノウチ090320b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



千原桜(チハラザクラ)

チハラザクラ150404a-l.jpg

千原桜(チハラザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
原木は熊本市島崎町の千原台にあった。
樹齢300年を超える巨大な桜があったと伝えられており、「原木の跡地」が今も残っている。
原木は既に枯死しているが、原木から増殖した後継樹が現在でも地元で栽培されている。
熊本では古くから山桜(ヤマザクラ)の変種である筑紫山桜(ツクシヤマザクラ)が栽培されており、本種も筑紫山桜(ツクシヤマザクラ)ではないかと推定されている。
しかし、大島桜(オオシマザクラ)が交雑にどうかかわっているかなど不明の点もあり、分類には今後の検証が必要と考えられている。
一般的には樹高は5メートルから10メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月の上旬から中旬である。
葉の展開と同時に花をさかせる。
花は一重咲きから八重咲きの白い大輪で、花径は4センチから5センチくらいある。
花弁数は5枚から10枚で、旗弁(きべん:雄しべが花弁のように変化したもの)がある。
花弁の形は楕円形である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の jamasakura は「ヤマザクラ」のことである。
変種名の chikusiensis は「筑紫の」という意味である。
写真は4月に三島市の国立遺伝学研究所で撮った。
学名:Prunus jamasakura var. chikusiensis(syn. Prunus lannesiana 'Chihara-zakura')

★熊本が故郷という千原桜
 花見の賑わい如何なるものぞ

チハラザクラ150404b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

桜図鑑

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




白唐子(シロカラコ)

シロカラコ090315a-l.jpg

雪椿(ユキツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
本州の東北地方から北陸地方にかけての日本海側に分布し、山地に生える。
新潟県を中心とした豪雪地域に多く、新潟県では「県の木」に指定している。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれる藪椿(ヤブツバキ)とともに、園芸品種の基本種となっている。
白唐子(シロカラコ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1847年に大坂の園芸家中山雄平さんが生け花用植物について著した「剪花翁伝(せんかおうでん)」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉柄には毛が生える。
早春咲きで、開花時期は1月から4月くらいである。
花径5センチくらいの白い一重唐子咲きの小輪である。
唐子咲きというのは、花芯の雄しべ全体や葯(花粉の入った袋)が小さな花弁に変形したものを指す。
唐子というのは江戸時代の子供の髪型のことである。
本種の場合は唐子部は大小不揃いで、淡い黄色の花糸(雄しべの葯につながる糸状の部分)が見え隠れする。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の rusticana は「田園の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia rusticana 'Shiro-karako'

★いろいろな色があるんだ唐子咲き
 しかもこの花雪椿系

シロカラコ090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

貴船雲珠(キブネウズ)

キブネウズ150404a-l.jpg

貴船雲珠(キブネウズ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
サトザクラの仲間の1つである。
原木は京都市貴船の民家にあった。
京都の桜研究家である佐野藤右衛門さん(庭師の名跡で当代は16代)によって保存された。
「雲珠」は馬具飾りの名で、花の形が似ていることからこの名がつけられた。
花の形態は御室有明(オムロアリアケ)と似ており、その関係を検討する必要があるとされている。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月の上旬から中旬である。
葉の展開よりも少し早く花を咲かせる。
花弁数は5枚で、一重咲きの大輪である。
花の色は白ないしごく淡い紅色で、時に花弁数は時に数枚増えることもある。
花弁の形は楕円形ないし円形で、旗弁(きべん:雄しべが花弁のように変化したもの)がある。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の lannesiana はフランス人の園芸家「ランヌ(Lannes)さんの」という意味である。
写真は4月に三島市の国立遺伝学研究所で撮った。
学名:Prunus lannesiana 'Kibune-uzu'

★名の由来調べてみれば面白く
 古い言葉を味わいながら

キブネウズ150404b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

桜図鑑

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

鹿児島(カゴシマ)

カゴシマ090315a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
鹿児島(カゴシマ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1739年に駒込の植木屋伊藤樹久(伊兵衛)が奥書を記した「本草花蒔絵」に椿100種の1つとして記載されている。
やはり古い品種の松笠(マツカサ)に白い斑が入ったものである。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径6センチくらいの濃い紅色地に白い斑が入る松笠状千重咲きの小輪ないし中輪をつける。
雄しべは割りしべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Kagoshima'

★江戸の世と結びつくのか鹿児島は
 由来如何にと紐解きながら

カゴシマ090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ケンロクエンクマガイ150404a-l.jpg

兼六園熊谷(ケンロクエンクマガイ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
原木は石川県金沢市の兼六園にある。
山桜(ヤマザクラ)大山桜(オオヤマザクラ)との交雑種ではないかと推定されている。
樹高は4メートルから8メートルくらいである。
葉は幅の広い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面は白色を帯びる。
開花時期は4月の中旬である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
葉は始めは赤茶色だが、徐々に緑色に変化する。
花弁数は5枚から10枚で、花径は4センチくらいの中輪ないし大輪である。
花の色は淡い紅色から紅紫色で、旗弁(きべん:雄しべが花弁のように変化したもの)がある。
花弁の形は円形で、縁の色が濃い。
萼筒は鐘形、萼片は披針形(笹の葉のような形)でぎざぎざ(鋸歯)はない。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の jamasakura は「ヤマザクラ」のことである。
写真は4月に三島市の国立遺伝学研究所で撮った。
学名:Prunus jamasakura 'Kenrokuen-kumagai'

★艶やかな色の濃淡美しく
 雨の中でも心は晴れて

ケンロクエンクマガイ150404b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

桜図鑑

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


キンギョバツバキ130317a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
金魚葉椿(キンギョバツバキ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1789年に駒込の植木屋伊藤伊兵衛が著した「諸色花形帖」に記載されている。
特徴は葉の形が金魚にそっくりなことである。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
通常の形の葉のほかに、突然変異の葉を持っている。
葉の先が3つから5つに分かれ、魚の尾ひれのような形になる。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径8センチくらいの桃紅色をした一重筒咲き、平開咲きの中輪をつける。
雄しべは筒しべで、葯(雄しべの花粉を入れる袋)は退化している。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Kingyoba-tsubaki'

★金魚葉の名から読み解く江戸の世の
 しなやかなるを指に感じて

キンギョバツバキ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


イビノニドザクラ150404b-l.jpg

揖斐の二度桜(イビノニドザクラ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
原木は岐阜県揖斐郡大野町の田んぼの中の古墳の上にある。
江戸時代から知られる名木で、国の天然記念物に指定されている。
山桜(ヤマザクラ)の園芸品種である。
「二度桜」の名は、一重と八重の花を二度つけるということからきている。
樹高は4メートルから8メートルくらいである。
葉は幅の広い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面には開出毛(立ち上がるようにつく毛)がある。
開花時期は4月の上旬から中旬である。
咲き始めは一重咲きで花弁は5枚だが、咲き進むと花弁数が増え、八重咲きや二段咲きへと変化する。
花弁数は5枚から15枚、花径は3センチくらいの中輪である。
花の色は白ないし淡い紅色である。
花弁の形は楕円形である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の jamasakura は「ヤマザクラ」のことである。
園芸品種名の Heteroflora は「いろいろの花の」という意味である。
写真は4月に三島市の国立遺伝学研究所で撮った。
学名:Prunus jamasakura 'Heteroflora'

★めずらしい桜の花に興奮し
 震える思いでシャッターを切る

イビノニドザクラ150404a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

桜図鑑

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

夜光杯(ヤコウハイ)

ヤコウハイ130317a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
夜光杯(ヤコウハイ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸古種で白花の蝶千鳥(チョウチドリ)の実生(みしょう:接ぎ木ではなく種子から育てること)から生まれた。
1985年に神戸市の飯野蔵冶さんが発表した。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径8センチくらいの濃い朱紅色地の一重盃咲き、喇叭咲きの中輪をつける。
花弁は樋状の中折弁である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Yakohai'

★このような変化もあるかと感心す
 椿の花は変幻自在

ヤコウハイ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

釣篝(ツリカガリ)

ツリカガリ130317a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
釣篝(ツリカガリ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
桃色地の沖の浪(オキノナミ)の紅花である藻汐(モシオ)の枝変わりである。
江戸時代からある古い品種である。
1828年に本草学者(植物を中心とする薬物学者)の岩崎灌園(いわさき・かんえん, 1786-1842)が著した「本草図譜」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径10センチくらいの鮮やかな濃い紅色地に白い星斑の入る八重咲きの中輪ないし大輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Tsurikagari'

★椿にも困ったものと苦笑い
 わずかな変化で名は大違い

ツリカガリ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ノダノオオザクラ150404a-l.jpg

野田の大桜(ノダノオオザクラ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
原木は金沢市野田の松月寺にある。
金沢藩三代藩主の前田利常が小松城から移植したと伝えられる老大木で、国の天然記念物に指定されている。
名称は松月寺の大桜(ショウゲツジノオオザクラ)とする場合もある。
原木の樹高は15メートルに達する。
一般的には樹高は4メートルから8メートルくらいである。
葉は幅の広い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉に毛は生えず、裏面は白っぽい。
開花時期は4月の上旬から中旬である。
葉の展開と同時に花をさかせる。
花は一重咲きの大輪で、花径は4センチから5センチくらいある。
花の色は白く、旗弁(きべん:雄しべが花弁のように変化したもの)がある。
花弁の形は楕円形である。
萼筒にぎざぎざ(鋸歯)があることなどから純粋な山桜(ヤマザクラ)ではなく、大島桜(オオシマザクラ)との種間交雑種と推定されている。
サイトによっては別名を松月(ショウゲツ)とするものもある。
しかし、撮影地のものは白の一重咲きであり、明らかに異品種である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の jamasakura は「ヤマザクラ」のことである。
写真は4月に三島市の国立遺伝学研究所で撮った。
学名:Prunus jamasakura 'Shogetsujino-Ohzakura'

★念願の三島のこの地を訪れて
 人波ものかは桜三昧

ノダノオオザクラ150404b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

桜図鑑

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

余呉の湖(ヨゴノウミ)

ヨゴノウミ130317a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
余呉の湖(ヨゴノウミ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
琵琶湖湖北にある神社の森に自生していた藪椿(ヤブツバキ)からの選別種である。
1960年に伊豆大島在住の育種家である尾川武雄さんによって発表された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
早春咲きで、開花時期は1月から4月である。
花5センチくらいの艶のある黒紅色をした一重筒咲きの小輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Yogonoumi'

★小粒でも自然の良さを満身に
 示し花咲く琵琶湖の椿

ヨゴノウミ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

星車(ホシグルマ)

ホシグルマ130317a-l.jpg

雪椿(ユキツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
本州の東北地方から北陸地方にかけての日本海側に分布し、山地に生える。
新潟県を中心とした豪雪地域に多く、新潟県では「県の木」に指定している。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれる藪椿(ヤブツバキ)とともに、園芸品種の基本種となっている。
星車(ホシグルマ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1695年に駒込の植木屋の伊藤伊兵衛三之丞が著した「花壇地錦抄(かだんちきんしょう)」に記載されている。
樹高は2メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月くらいである。
花径8センチくらいの紅色地で白い星斑が入る千重咲きの中輪である。
千重咲きというのは、花弁の重なりが多い咲き方である。
雄しべはないか、あるいは落花まで見えない。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の rusticana は「田園の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia rusticana 'Hoshiguruma'

★白い斑の入り方にはいろいろな
 バリエーションがあるようだけど

ホシグルマ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

キヨスミシダレ150404a-l.jpg

清澄枝垂れ(キヨスミシダレ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
豆桜(マメザクラ)大島桜(オオシマザクラ)の種間交雑種と考えられている。
同様の交雑種に三波川冬桜(サンバガワフユザクラ)があるが、その枝垂れ状のものである。
原木は千葉県鴨川市清澄寺にある。
別名を枝垂れ小葉桜(シダレコバザクラ)という。
樹高は3メートルから8メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には鋭い重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉や葉の柄には少し毛が生えている。
開花時期は、4月の上旬から中旬である。
花径は3センチくらいの中輪で、白ないし淡い紅色の一重咲きである。
花弁の形は円形である。
萼筒は鐘形である。
一総につく花の数は2、3輪である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の parvifolia は「小さな葉の」という意味である。
園芸品種名の Pendula は「下垂の」という意味である。
写真は4月に三島市の国立遺伝学研究所で撮った。
学名:Prunus x parvifolia 'Pendula'

★どんよりと曇った空が恨めしい
 次には見たい輝く花弁

キヨスミシダレ150404b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

桜図鑑

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

卜伴(ボクハン)

ボクハン090315a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
卜伴(ボクハン)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1719年に駒込の植木屋の伊藤伊兵衛武政が著した「広益地錦抄(こうえきじきんしょう)」に記載されている。
卜伴の名は泉州貝塚の茶人卜伴によって植えられたことからきている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は急に細くなって尖る。
開花時期は3月から4月である。
花径5センチくらいの濃い紅色をした一重白唐子咲きの中輪をつける。
唐子咲きというのは、花芯の雄しべ全体や葯(花粉の入った袋)が小さな花弁に変形したものを指す。
唐子は江戸時代の子供の髪型になぞらえたものである。
写真のように唐子弁には赤が混ざることもある。
別名を月光(ガッコウ)という。
これは紅唐子(ベニカラコ)の別名である日光(ジッコウ)と対比した命名である。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Bokuhan'

★江戸の世の植木の世界垣間見る
 いわくありげな名の連なりて

ボクハン090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

玉の浦(タマノウラ)

タマノウラ090315b-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
玉の浦(タマノウラ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
長崎県五島市玉之浦地区に自生していた藪椿(ヤブツバキ)からの選別種である。
1973年に長崎市で開催された全国椿展で、藤田友一さん(旧玉之浦町長)によって発表された。
国内外で白覆輪のある園芸品種の交配親としてさかんに利用されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
樹形は立性で、枝はやや垂れる。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は1月から4月である。
花8センチくらいの鮮やかな紅色地に白覆輪の入る一重筒咲き、喇叭咲きの中輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Tamanoura'

★日本より世界で知られた玉の浦
 白い覆輪安定せぬが

タマノウラ090315a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

日本錦(ヤマトニシキ)

ヤマトニシキ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
日本錦(ヤマトニシキ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
肥後椿の代表種の1つで、江戸時代からある古い品種である。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花10センチ以上の白地に紅色の縦絞りが入る一重平開咲きの中輪ないし大輪である。
雄しべは梅芯(ばいしん)である。
梅芯は雄しべが放射状に開くもので、肥後椿に見られる特徴の1つである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Yamato-nishiki'

★この地には不思議な文化があるようだ
 日本を大和と読ませる凄味

ヤマトニシキ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ニライカナイ

ニライカナイ130317a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
ニライカナイもそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
ニライカナイは、奄美地方や沖縄に伝わる聖地のことで、海の彼方や海底にあると信じられている。
1985年に鹿児島椿協会によって発表された。
原木は鹿児島大学農学部にある。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は1月から4月である。
花径5センチくらいの濃い紅色をした一重筒咲き、喇叭咲きの小輪をつける。
花弁は樋状刳(く)り形弁といい、腰の締まった細身の花弁である。
雄しべは先細りの筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Niraikanai'

★引き締まり咲いた姿が目を奪う
 ニライカナイの名も魅惑的

ニライカナイ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ショウワベニスズメ130317a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
昭和紅雀(ショウワベニスズメ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1982年に神奈川で平野重一さんが発表した。
卜伴(ボクハン)という江戸古種があるが、その実生(みしょう:接ぎ木ではなく種子から育てること)から生まれた。
卜伴(ボクハン)は唐子咲きだが、本種は筒咲き、筒しべである。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
晩秋咲きで、開花時期は12月から4月である。
花径8センチくらいの濃い紅色をした一重筒咲きの中輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Showa-benisuzume'

★歴史ある品種の多い椿だが
 これは昭和だ新しい花

ショウワベニスズメ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


見沼の春(ミヌマノハル)

ミヌマノハル090315a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
見沼の春(ミヌマノハル)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
撮影地で藪椿(ヤブツバキ)の自然実生から選別栽培され、原木もここの椿園にある。
1965年ころに命名・発表された。
見沼はさいたま市、川口市にあった巨大な沼で、江戸時代に開発が始まり現在は大きな水田地帯となっている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花8センチくらいの明るい桃色の一重椀咲きの中輪である。
椀咲きというのはお椀のような形になる咲き方である。
花弁の端は波打つ。
雄しべは太く白い筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Minuma-no-haru'

★川口に育ったピンクの可愛さに
 思わず知らず笑みの零れて

ミヌマノハル090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

有川(アルカワ)

アルカワ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
有川(アルカワ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
読み方は「アリカワ」とするものもある。
江戸時代からある古い品種である。
1695年に駒込の伊藤伊兵衛三之丞が編んだ「花壇地錦抄(かだんちきんしょう)」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
遅春咲きで、開花時期は3月から4月である。
花10センチ以上の紅色地に大小の雲状の白い斑が入る八重咲きの中輪ないし大輪である。
雄しべはやや乱れた筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Arukawa'

★土地の名かそれとも人か人物どちらかな
 奥が深いね椿の世界

アルカワ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

荒獅子(アラジシ)

アラジシ130330a-l.jpg

雪椿(ユキツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
本州の東北地方から北陸地方にかけての日本海側に分布し、山地に生える。
新潟県を中心とした豪雪地域に多く、新潟県では「県の木」に指定している。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれる藪椿(ヤブツバキ)とともに、園芸品種の基本種となっている。
荒獅子(アラジシ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
紅荒獅子(ベニアラジシ)に白い斑の入る品種である。
江戸時代から伝わる古い品種である。
1879年に駒込の伊藤小右衛門などが編んだ「椿花集」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径10センチ以上の濃い紅色地に白い斑の入る獅子咲きの中輪ないし大輪である。
獅子咲きというのは、花芯で大小不規則な弁化した花弁が盛り上がり、その間に雄しべが見え隠れするような咲き方である。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の rusticana は「田園の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia rusticana 'Arajishi'

★落ち着かぬ花の姿を獅子舞に
 重ねたのかと思い巡らし

アラジシ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ギンカクジアカヤブ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
銀閣寺赤藪椿(ギンカクジアカヤブツバキ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
由来などは調べてもはっきりしなかったが銀閣寺産の椿のようである。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
早春咲きで、開花時期は12月から4月である。
花径5センチくらいの鮮やかな濃い紅色の一重咲きの小輪ないし中輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Ginkakuji-akayabu'

★見るからに気品備えた銀閣寺
 質素なれども落ち着き見せて

ギンカクジアカヤブ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

藻汐(モシオ)

モシオ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
藻汐(モシオ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
桃色地の沖の浪(オキノナミ)の枝変わりである。
江戸時代からある古い品種である。
1859年刊行の糀屋亀五郎編纂「椿伊呂波名寄色附」に記載されている。
藻塩(藻汐)は海草から採る塩のことで、藤原定家の和歌にも詠まれており、転じて随筆や随筆集などを指すことばとなっている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径10センチくらいの鮮やかな濃い紅色の八重蓮華咲きの中輪ないし大輪をつける。
蓮華咲きというのは横から見ると花弁と花弁の間に隙間があり、立体感のある花形である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Mosio'

★この花はこれから開くところだな
 開いた花も今度は撮ろう

モシオ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

黒龍(コクリュウ)

コクリュウ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
黒龍(コクリュウ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1859年刊行の糀屋亀五郎編纂「椿伊呂波名寄色附」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
晩春咲きで、開花時期は3月から4月である。
花径8センチくらいの暗い紅色の八重咲きの中輪をつける。
初めは宝珠咲きで、咲き進むと唐子咲きに移行する。
宝珠咲きは、花芯の花弁がお互いに固く抱き合って玉状の塊をつくるものをいう。
唐子咲きは、花芯の雄しべが小さな花弁に変形してまとまったものを指す。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Kokuryu'

★黒龍の名にふさわしい咲き姿
 渋く照り咲く色合い見事

コクリュウ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

大虹(オオニジ)

オオニジ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
大虹(オオニジ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
明石潟(アカシガタ)の枝変わりで横雲状の白い斑が入る変異を起こしたものである。
1929年に埼玉県の皆川治介さんが命名をした。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径13センチ以上の明るい紅色地に白い斑の入る八重咲きの極大輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Oniji'

★斑が入り明石潟とは大違い
 椿らしいが派手な色合い

オオニジ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


御国の誉(ミクニノホマレ)

ミクニノホマレ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
御国の誉(ミクニノホマレ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
同じく肥後椿で白地の肥後京錦(ヒゴキョウニシキ)の枝変わりである。
1960年に熊本県の肥後つばき協会によって登録された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花8センチくらいの桃色地に紅色の縦絞りと白い覆輪の入る一重平開咲きの中輪である。
雄しべは梅芯(ばいしん)である。
梅芯は雄しべが放射状に開くもので、肥後椿に見られる特徴の1つである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Mikuninohomare'

★大仰な名前がどこか照れくさい
 肥後の椿はまるで異国だ

ミクニノホマレ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

春曙紅(シュンショッコウ)

シュンショコウ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
春曙紅(シュンショッコウ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
明治時代からある古い品種である。
1932年に埼玉で刊行された「皆川椿花集」に記載がある。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径8センチくらいの明るい桃色で花底の白い八重抱え咲きの中輪である。
花弁数は15枚くらいある。
雄しべは筒しべないし割りしべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Shunshokko'

★ほんわりと淡い桃色愛らしく
 そぞろ歩けばほろ酔い気分

シュンショコウ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


朝鮮椿(チョウセンツバキ)

チョウセンツバキ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
朝鮮椿(チョウセンツバキ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
戦後に川口市の安行から出た。
江戸時代にあったも同名のものは現在の名を熊谷(クマガイ)という大輪で、本種とは別物である。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径8センチくらいの紅色の一重筒咲きないし喇叭咲きの中輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Chosen-tsubaki'

★この土地が発祥の地かなるほどと
 膝打つ思い植木の故里

チョウセンツバキ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


松笠(マツカサ)

マツカサ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
松笠(マツカサ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1681年刊行の日本最初の園芸書、水野元勝著「花壇綱目」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径5センチくらいの紅色の八重咲きの小輪をつける。
花は文字通り松笠状となる。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Matsukasa'

★松笠の名前にこれはぴったりと
 膝打つ思い江戸の園芸

マツカサ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



眉間尺(ミケンジャク)

ミケンジャク130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
眉間尺(ミケンジャク)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1859年刊行の糀屋亀五郎編纂「椿伊呂波名寄色附」に記載されている。
園芸名は中国の春秋時代の伝説の巨人「眉間尺」からきている。
眉間が1尺(30センチくらい)あったという。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径13センチ以上の紅色地に白い星斑や雲状斑が入る八重咲きの極大輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Mikenjaku'

★名前さえこれは何だと面白く
 興味つきない典雅の世界

ミケンジャク130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

都鳥(ミヤコドリ)

ミヤコドリ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
狩衣(カリギヌ)もその園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1821?42年刊、屋代弘賢編纂の類書「古今要覧稿古今要覧稿(ここんようらんこう)」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
花径10センチ以上の白い八重蓮華咲きの大輪をつける。
蓮華咲きというのは横から見ると花弁と花弁の間に隙間があり、立体感のある花形である。
花弁は15枚くらいあり、細長い。
雄しべは筒しべないし割りしべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Miyakodori'

★椿とは思えぬような咲き方に
 つい見とれるね春は爛漫

ミヤコドリ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

狩衣(カリギヌ)

カリギヌ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
狩衣(カリギヌ)もその園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸時代からある古い品種である。
1859年刊行の糀屋亀五郎編纂「椿伊呂波名寄色附」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径8センチくらいの白ないしごく淡い桃色地に紅色の縦絞りが入る八重咲きの中輪をつける。
椿にはめずらしく花弁がばらばらに散る散り性である。
雄しべは割りしべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Kariginu'

★美しい紅の模様が目を奪う
 春を伝える典雅の世界

カリギヌ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


桜狩(サクラガリ)

サクラガリ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
桜狩(サクラガリ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1912年刊行の「肥後銘鑑」にも記載される古くからの品種である。
1958年に熊本県の肥後つばき協会によって登録された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
花10センチ以上の桃色地の一重平開咲きの大輪である。
花弁の端は濃い桃色となり、花底は淡い桃色ぼかしとなる。
雄しべは梅芯(ばいしん)である。
梅芯(ばいしん)は雄しべが放射状に開くもので、肥後椿に多い特徴の1つである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Sakuragari'

★肥後の地に根づく椿の文化あり
 見栄えがするね桃の大輪

サクラガリ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

錦重(ニシキガサネ)

ニシキガサネ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
錦重(ニシキガサネ)もその園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸古典種である。
1859年刊行の糀屋亀五郎編纂「椿伊呂波名寄色附」に記載されている。
赤蝦夷(アカエゾ)という紅色の品種に白い斑が入った変化種である。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径10センチ以上の紅色地に白雲状の斑が入る八重咲きの大輪をつける。
白斑は変化が多い。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Nishiki-gasane'

★紅色に変化多様な白い斑が
 風雅を醸す古典の世界

ニシキガサネ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



太陽(タイヨウ)

タイヨウ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
太陽(タイヨウ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
尾張で栽培されてきた古典種である。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径13センチ以上の紅色八重抱咲きの極大輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Taiyou'

★数多ある椿の中でも珍しく
 ここより他に咲く花を見ず

タイヨウ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



春の舞(ハルノマイ)

ハルノマイ130330a-l.jpg

雪椿(ユキツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
本州の東北地方から北陸地方にかけての日本海側に分布し、山地に生える。
新潟県を中心とした豪雪地域に多く、新潟県では「県の木」に指定している。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれる藪椿(ヤブツバキ)とともに、園芸品種の基本種となっている。
春の舞(ハルノマイ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1952年に愛知で佐藤稔さんによって発表された。
実生(みしょう:接ぎ木ではなく種子から育てること)だが親木は不明である。
椿は種子を蒔いて育てると親木とは異なる花を咲かせる可能性が高い。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径10センチ以上の淡い桃色地に紅桃色の吹き掛け絞りの入る八重抱咲きの大輪である。
抱咲きというのは、花弁の端が大きく内側に曲がり、雄しべを包み込むような形の咲き方である。
雄しべは筒しべないし割りしべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の rusticana は「田園の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia rusticana 'Haru-no-mai'

★ふんわりと咲いた姿はぼんぼりの
 明かり灯すや雪国育ち

ハルノマイ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

菱唐糸(ヒシカライト)

ヒシカライト130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
菱唐糸(ヒシカライト)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
関西で古くから栽培されてきた江戸古典種である。
1844年に関西で刊行された「草木便覧」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
晩春咲きで、開花時期は3月から4月である。
花径8センチくらいの濃い桃色をした八重蓮華咲きの中輪をつける。
蓮華咲きというのは横から見ると花弁と花弁の間に隙間があり、立体感のある花形である。
白い小唐子弁(雄しべが小さな花弁に変形したもの)がある。
唐子というのは江戸時代の子供の髪型からきている。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Hisikaraito'

★あちこちと振り回される園芸の
 言葉遣いは個性ありすぎ

ヒシカライト130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



加茂川(カモガワ)

カモガワ130330a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
加茂川(カモガワ)もその園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
尾張地方で古くから栽培されてきた古典種である。
1931年刊行の「中部椿銘鑑」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
初冬咲きで、開花時期は12月から4月である。
花径8センチくらいの白い一重筒咲き、椀咲きの中輪をつける。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Kamogawa'

★整った花の形は見入るほど
 尾張の地にも椿の歴史

カモガワ130330b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

大仙(ダイセン)

ダイセン100220a-l.jpg

雪椿(ユキツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
本州の東北地方から北陸地方にかけての日本海側に分布し、山地に生える。
新潟県を中心とした豪雪地域に多く、新潟県では「県の木」に指定している。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれる藪椿(ヤブツバキ)とともに、園芸品種の基本種となっている。
大仙(ダイセン)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1966年に新潟で川村弥一さんによって発表された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径8センチくらいの朱紅色をした八重平開きの中輪である。
雄しべはユキ芯である。
ユキ芯はユキツバキ状の雄しべのことで、花糸(雄しべの葯につながる糸状の部分)が細い黄色で、長短が入り交じる。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の rusticana は「田園の」という意味である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Camellia rusticana 'Daisen'

★赤々と春の歓び燃やし咲く
 花は可憐な雪国育ち

ダイセン100220b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

草紙洗(ソウシアライ)

ソウシアライ100220a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
草紙洗(ソウシアライ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸古典種である。
1821?42年刊、屋代弘賢編纂の類書「古今要覧稿(ここんようらんこう)」に記載がある。
園芸名は能の曲名(草紙洗小町)からきている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径10センチ以上の淡い桃色地に濃い紅色の縦絞り、小絞りが入る八重咲きの大輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Soshi-arai'

★人目引く古風な名前に花を見る
 どこを捉えて名づけたものか

ソウシアライ100220b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


津川絞(ツガワシボリ)

ツガワシボリ130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
津川絞(ツガワシボリ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
新潟県阿賀町津川地区の民家で栽培されてきた。
1968年に武田薬品研究所によって発表された。
ユキツバキ系である。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
花径8センチくらいの淡い桃色地に濃い紅色の縦絞りが入る千重咲きないし列弁咲きの中輪である。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Tsugawa-shibori'

★紅色の絞りはちょっと見にくいが
 乙女のごとくふんわり咲いて

ツガワシボリ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



大田白(オオタハク)

オオタハク130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
大田白(オオタハク)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸古典種である。
1958年に熊本県の肥後つばき協会によって登録された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径8センチくらいの白い一重平開咲きの中輪である。
雄しべは輪芯(わじん)である。
輪芯というのは筒芯が太くて短く、葯(雄しべの花粉を入れる袋)が輪状に並ぶもののことで、肥後椿の特徴の1つである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Ohtahaku'

★シンプルな純白輝く大田白
 熊本城に歴史刻んで

オオタハク130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


モモイロボクハン130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
桃色卜伴(モモイロボクハン)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1960年代に大阪の片山樹楽園の目録に記載された。
卜伴(ボクハン)という紅色の江戸古典種であるが、そのピンクバージョンである。
卜伴の名は泉州貝塚の茶人卜伴によって植えられたことからきている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は急に細くなって尖る。
開花時期は3月から4月である。
花径8センチくらいの濃い桃色をした一重白唐子咲きの中輪をつける。
唐子咲きというのは、花芯の雄しべ全体や葯(花粉の入った袋)が小さな花弁に変形したものを指す。
唐子は江戸時代の子供の髪型になぞらえたものである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Momoiro-bokuhan'

★このような椿もあるか唐子咲き
 卜伴の名もいわくありげで

モモイロボクハン130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



桜貝(サクラガイ)

サクラガイ130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
桜貝(サクラガイ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
新潟県長岡市栃尾地区の民家で栽培されてきた。
1967年に萩屋薫さんが発表をした。
ユキツバキ系である。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
遅春咲きで、開花時期は3月から4月である。
花径10センチ以上の淡い桃色をした八重牡丹咲きの大輪である。
弁端に桃色のぼかしが入る覆輪となる。
牡丹咲きというのは八重咲きの花芯部で雄しべが分割した兎耳(とじ)弁と旗弁とが入り混じるもののことである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Sakuragai'

★ふんわりとぼかしの入った桜貝
 名にふさわしくしとやかに咲き

サクラガイ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



薩摩(サツマ)

サツマ130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
薩摩(サツマ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
もともとは島津家の庭閣に植栽されていたもので、江戸時代に薩摩に伝来したとも言われる。
1973年に鹿児島生物趣味の会によって発表され、原木は磯庭園にある。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
早春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径10センチ以上の白い千重咲きの大輪である。
花弁が内側に曲がり菊のように見える。
花弁数は120枚くらいある。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Satsuma'

★薩摩にもこんな椿があったのか
 まるで菊だね純白の花

サツマ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



一休(イッキュウ)

イッキュウ130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
一休(イッキュウ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1970年に山田保彦さんが久留米で発見し、豊福与志幸さんが命名発表をした。
樹高は2メートルから4メートルである。
樹形は立性である。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は鋭く尖る。
開花時期は2月から4月である。
花径5センチくらいの白い一重筒咲きの小輪である。
雄しべは筒しべで、やや先細りをする。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Ikkyu'

★一休の名に相応しく茶花として
 珍重される純白の花

イッキュウ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



義司(ヨシツカサ)

ヨシツカサ130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
義司(ヨシツカサ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
久留米の古典種でシーボルトが持ち帰ったことでも知られる正義(マサヨシ)の実生から選別された品種である。
1965年に大塚正さんによって発表された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径8センチから10センチの濃い紅色地に白い斑点が入る一重筒裂き、椀咲きの中輪ないし大輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Yoshitsukasa'

★八重咲きの椿が一重に変化した
 とてもシンプル義司の花

ヨシツカサ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


正義(マサヨシ)

マサヨシ130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
正義(マサヨシ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
九州の久留米産の古典種で、樹齢200年を越える古木が九州各地にある。
また、オランダ商館の医師シーボルトが、1829年の追放時にヨーロッパへ持ち帰ったことで知られる。
洋椿のドンケラリー(Donckelarii)がそれにあたり、その後生まれた多くの品種の親となっている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
遅春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径10センチ以上の濃い紅色地に白い斑点が入る八重蓮華咲きの大輪である。
蓮華咲きというのは横から見ると花弁と花弁の間に隙間があり、立体感のある花形である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Masayoshi'

★江戸の世とかかわり深いシーボルト
 椿調べてその名に触れて

マサヨシ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

南蛮星(ナンバンボシ)

ナンバンボシ130317a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
南蛮星(ナンバンボシ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸古典種である。
1695年刊の伊藤伊兵衛三之丞編纂「花壇地錦抄(かだんちきんしょう)」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
春咲きで、開花時期は2月から4月である。
花径6センチくらいの濃い紅色で白い星斑が入る八重・千重咲きの小輪である。
雄しべは退化していて目立たない。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Nanban-boshi'

★薔薇の花思わすような千重咲き
 シックな紅に星斑の浮かび

ナンバンボシ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


雪舟(セッシュウ)

セッシュウ130317a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
雪舟(セッシュウ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
島根県松江市の宍道湖北岸で発見された自生種からの選抜品種で、1981年に井原泰さんによって発表された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
早春咲きで、開花時期は1月から3月である。
花径6センチくらいの白い一重筒咲きの小輪ないし中輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Sesshu'

★野生から選び抜かれた雪舟の
 小振りな姿に愛しさ増して

セッシュウ130317b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


横波絞(ヨコナミシボリ)

ヨコナミシボリ100322a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
横波絞(ヨコナミシボリ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
別名を乱拍子(ランビョウシ)という。
江戸古典種である。
乱拍子(ランビョウシ)の名で、1695年刊の伊藤伊兵衛三之丞編纂「花壇地錦抄(かだんちきんしょう)」に記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
花径10センチ以上の紅色で大小の白斑が入る八重咲きの大輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県立花と緑の進行センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Yokonamishibori'

★なるほどと横波絞に膝を打つ
 奥が深いね椿の世界

ヨコナミシボリ100322b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



国の光(クニノヒカリ)

クニノヒカリ100322a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
国の光(クニノヒカリ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
産地は熊本県である。
肥後日本錦(ヒゴヤマトニシキ)という品種の枝変わりである。
肥後日本錦(ヒゴヤマトニシキ)は江戸古典種で白地に紅色の縦絞りが入るが、本種は生地が紅色である。
1961年に肥後つばき協会によって命名された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径10センチくらいの紅色をした一重平開咲きの中輪ないし大輪である。
雄しべは梅芯(ばいしん)である。
肥後椿は梅芯といって雄しべが放射状に開くのが特徴の1つである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Kuninohikari'

★美しい雄しべが目立つ国の光
 シンプルながらこれぞ椿と

クニノヒカリ100322b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



紅梅(コウバイ)

コウバイ130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木?高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
紅梅(コウバイ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸古典種である。
1958年に熊本県の肥後つばき協会によって登録された。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
花径10センチ以上の明るい紅色の一重平開咲きの大輪である。
雄しべは梅芯(ばいしん)である。
肥後椿は梅芯といって雄しべが放射状に開くのが特徴の1つである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Koubai'

★紅梅と呼ばれる椿の姿見て
 抱く思いは複雑なれど

コウバイ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


紅唐子(ベニカラコ)

ベニカラコ130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
紅唐子(ベニカラコ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
江戸古典種である。
1739年刊の伊藤伊兵衛政武(江戸の植木屋)稿本「本草花蒔絵」にその名が記載されている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は急に細くなって尖る。
開花時期は3月から4月である。
花径6センチくらいの紅色をした一重唐子咲きの小輪をつける。
唐子咲きというのは、花芯の雄しべ全体や葯(花粉の入った袋)が小さな花弁に変形したものを指す。
唐子というのは江戸時代の子供の髪型のことである。
関西では別名の日光(ジッコウ)で流通する。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
下の写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia japonica 'Beni-karako'

★このような椿もあるか唐子咲き
 翼広げる江戸の園芸

ベニカラコ100322a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

イズモタイシャヤブツバキ130423b-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
出雲大社藪椿(イズモタイシャヤブツバキ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
島根県の出雲大社周辺で発見された自生種からの選抜品種で、1982年に梶成人さんによって発表された。
樹高は2メートルから4メートルである。
樹形は横張り性である。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径6センチくらいの濃い鮮やかな紅色の一重筒咲きの小輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Izumotaisya-yabutsubaki'

★野生から選び抜かれた花姿
 小振りな紅に愛しさも増し

イズモタイシャヤブツバキ130423a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



旭光冠(キョッコウカン)

キョッコウカン130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
旭光冠(キョッコウカン)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1985年に熊本県の肥後つばき協会によって認定された。
王冠(オウカン)という品種の枝変わりである。
王冠(オウカン)は江戸古典種の肥後日本錦(ヒゴヤマトニシキ)の枝変わりで、いずれも生地は白地である。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
花径10センチ以上の淡い桃色地に紅色の覆輪と縦絞りが入る一重平開咲きの大輪である。
雄しべは梅芯(ばいしん)である。
肥後椿は梅芯といって雄しべが放射状に開くのが特徴の1つである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Kyokkou-kan'

★白地からほんのり桃地に枝変わり
 変化楽しむ椿の世界

キョッコウカン130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

王冠(オウカン)

オウカン130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
王冠(オウカン)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1980年に熊本県で地元愛椿家によって発見された。
肥後日本錦(ヒゴヤマトニシキ)という品種の枝変わりである。
肥後日本錦(ヒゴヤマトニシキ)は江戸古典種で白地に紅色の縦絞りが入るが、本種は加えて紅色の覆輪となる。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
花径10センチ以上の白地に紅色の覆輪と縦絞りが入る一重平開咲きの大輪である。
雄しべは梅芯(ばいしん)である。
肥後椿は梅芯といって雄しべが放射状に開くのが特徴の1つである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Oukan'

★これまでは知識もなかった肥後椿
 また開いたね古典の扉

オウカン130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



婆の木(バアノキ)

バアノキ130423a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
婆の木(バアノキ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
島根県の宍道湖南岸で岩田トラさんに発見され、1970年に山陰カメリアンクラブで発表された。
野生の椿(ツバキ)の選別種で、発見者を偲んで婆の木(バアノキ)と名づけられたという。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径8センチくらいの鮮やかな濃い紅色をした一重筒咲き、喇叭咲きの中輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Baa-no-ki'

★品のよい筆先のような筒しべの
 淡いピンクが花びらに映え

バアノキ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



小豆黒(ショウドコク)

ショウドコク130426a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
小豆黒(ショウドコク)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
香川県の小豆島町池田で発見され、1972年に井元長谷親さんによって発表された。
野生の椿(ツバキ)の選別種である。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径5センチくらいの暗い紅色をした一重筒咲き、喇叭咲きの小輪である。
花弁は分厚い。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Shodo-koku'

★瀬戸内で静かに育った黒椿
 水害に遭いだけど残って

ショウドコク130426b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花富貴(ハナフウキ)

ハナフウキ130426a-l.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
花富貴(ハナフウキ)もそうした園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1882年ころに千葉県恩田郡の自然実生より作出された。
1933年刊行の「皆川椿花集」で発表された。
樹形は横張り性である。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
遅春咲きで、開花時期は3月から4月である。
花径10センチ以上の桃紅色をした八重抱え咲きの大輪である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Hanafuuki'

★大輪で色も鮮やか花富貴
 椿の世界に目を奪われて

ハナフウキ130426b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7