2015年3月アーカイブ

駒止(コマドメ)

コマドメ150321a-l.jpg

梅(ウメ)バラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
駒止(コマドメ)は梅(ウメ)の栽培品種の1つである。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は3月から4月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
豊後系・豊後性の八重咲きの大輪(30から40ミリ)である。
花の色は白い。
移り白(うつりしろ)といって、蕾のうちはピンクで開花すると白くなる。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に水戸市の弘道館公園で撮った。
学名:Prunus mume 'Komadome'

★駒止の名にふさわしく咲き誇る
 花の姿や春は爛漫

コマドメ150321b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



斑入り木瓜(フイリボケ)

フイリボケ080406a-l.jpg

木瓜(ボケ)バラ科ボケ属(カエノメレス属)の落葉低木である。
カエノメレス属はアジアに数種の原種が分布し、また多くの園芸品種がある。
中国原産のカエノメレス・スペキオサに木瓜(ボケ)の和名があり、属名の和名もボケ属という。
木瓜(ボケ)は日本へは平安時代には渡来していたと言われ、花木として植栽されてきた。
また、帰化植物として本州から九州にかけて分布している。
斑入り木瓜(フイリボケ)は園芸品種の1つである。
特徴は、葉に黄緑色の斑が入ることである。
樹高は1メートルから2メートルである。
よく枝分かれをし、小枝は棘状となる。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3月から4月である。
花径3センチくらいの紅色をした5弁花をつける。
花の後にできる実は長さが5センチから7センチくらいある楕円形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、10月ころに黄色く熟する。
属名の Chaenomeles はギリシャ語の「chaino(開ける)+melon(リンゴ)」からきている。裂けたリンゴの意味で、熟した実に裂け目ができることから名づけられた。
種小名の speciosa は「華やかな」という意味である。
写真は4月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Chaenomeles speciosa 'Fuiri'

★緋の色に染まる思いを寒風に
 晒しつ待つは春の訪れ

フイリボケ080406b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



巻立山(マキタチヤマ)

マキタチヤマ150321a-l.jpg

梅(ウメ)バラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
巻立山(マキタチヤマ)は梅(ウメ)の栽培品種の1つである。
読み方は「マキタツヤマ」とするものもある。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2月から3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
豊後系・豊後性の一重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
花の色は白い。
裏弁は爪紅絞りとなる。
「爪紅」は花弁の先が赤いことで、「絞り」は白に紅が入ることを意味する。
抱え咲きで、花弁は波打つ。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に水戸市の弘道館公園で撮った。
学名:Prunus mume 'Makitatiyama'

★調べても梅の名だけが出てくるね
 由来知りたい巻立山の

マキタチヤマ150321b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



シザンサス

シザンサス・エンゼルウイング100307a-l.jpg

シザンサスはナス科はスキザンツス属(コチョウソウ属)の一年草である。
スキザンツス属はチリ、アルゼンチンに10種くらいが分布する。
チリ原産のスキザンツス・ピンナツス(Schizanthus pinnatus)に胡蝶草(コチョウソウ)という和名があり、別名を群れ胡蝶(ムレコチョウ)という。
ここから、属名の和名はコチョウソウ属ないしムレコチョウ属という。
なお、シザンサスの名は、属名のスキザンツスを英語風に読んだもので、園芸品種はこの名で流通している。
これはイギリスで作出されたもので、ピンナツス種(Schizanthus pinnatus)とレツスス種(Schizanthus retusus)を交配親としており、学名はスキザンツス・ウィセトネンシスという。
英名はウィセトン・バタフライフラワー(Wiseton butterfly flower)である。
草丈は30センチから60センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で細かく切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は3月から5月くらいである。
花径は3センチくらいの蝶形で、花冠の先は細かく裂ける。
花の色は赤、白、ピンクなどで、黄色や白の斑紋が入る。
花言葉は「あなたと一緒に」である。
属名の Schizanthus はギリシャ語の「schizo(裂ける)+anthos(花)」からきている。
種小名の wisetonensis は「(イギリスの)ウィセトンの」という意味である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
上の写真がエンゼルウイング(Angel Wings)、下の写真がアトランティック(Atlantic)である。
学名:Schizanthus x wisetonensis

★斑紋の様子がどこか変わってて
 アルストロメリアとちょっと似てるね

シザンサス・アトランティック100307a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



五色梅(ゴシキバイ)

ゴシキバイ150321a-l.jpg

梅(ウメ)バラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
五色梅(ゴシキバイ)は梅(ウメ)の栽培品種の1つである。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
錦梅性といって、緑色の枝に黄色の筋が入るという特徴がある。  
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
野梅系・野梅性の八重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
1本の木で紅白に咲き分けるのが特徴である。
また、重なる花弁に紅色の細い縦斑が入ることで、1輪の花の中でも紅白が混じるものがある。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に水戸市の弘道館公園で撮った。
学名:Prunus mume 'Goshikibai'

★一輪の花に紅白入り混じり
 枝も紅白入り乱れ咲く

ゴシキバイ150321b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



臥竜梅(ガリュウバイ)

ガリュウバイ150320a-l.jpg

梅(ウメ)バラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
臥竜梅(ガリュウバイ)は梅(ウメ)の栽培品種の1つである。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
幹は背が低いが枝が地上を這って伸び、それが竜の臥す姿を思わせる。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2月から3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
野梅系・野梅性の八重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
花の色は白いものと紅色のものがある。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に水戸市の弘道館公園で撮った。
原木は松島の瑞巌寺由来のもので、朝鮮出兵の折に伊達政宗が持ち帰ったものを植えさせたという。
学名:Prunus mume 'Garyubai'

★花と花重なり合って咲く姿
 綺麗だけれど団子思わせ

ガリュウバイ150320b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ネメシア・サンドロップ

ネメシア・サンドロップ100307a-l.jpg

ネメシア・ストルモサはゴマノハグサ科ウンランモドキ属(ネメシア属)の一年草である。
分類体系によってはオオバコ科とされる。
ネメシア属は南アフリカを中心に60種くらいが分布し、交配種もたくさんつくられている。
ネメシア・ストルモサの原産地も南アフリカである。
和名を海蘭擬き(ウンランモドキ)といい、属名の和名もウンランモドキ属という。
サンドロップ(Sundrops Mixture)はその園芸品種である。
草丈は15センチから30センチくらいである。
葉は細長い披針形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3月から6月くらいである。
原種は花径2センチから3センチの紅紫色をした唇形の花をつける。
サンドロップの花の色には黄色や白、赤などのものがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Nemesia はキンギョソウ属の植物の1つのギリシャ古名からきている。
種小名の strumosa は「腫れたような膨らみのある」という意味である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
学名:Nemesia strumosa 'Sundrops Mixture'

★とりどりの色敷き詰めて賑やかに
 サンドロップ咲く春の一こま

ネメシア・サンドロップ100307b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



塒出錦(トヤデニシキ)

トヤデニシキ130320a-l.jpg

梅(ウメ)バラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
塒出錦(トヤデニシキ)は梅(ウメ)の栽培品種の1つである。
塒(とや)は「鳥の巣」や「鳥籠」を意味する言葉である。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2月から3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
野梅系・野梅性の八重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
花の色は淡い桃色である。
撮影地によっては花の色はもっと濃いものもあるようである。
錦性(にしきしょう)という盆栽の用語があり、梅の場合には若い枝に雲状の斑点が錦状に入ることを意味する。
枝は夏期には赤くなる。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に水戸市の偕楽園で撮った。
学名:Prunus mume 'Toyadenishiki'

★皺皺に花弁重ねて花開く
 なるほどこれは寝床のようだ

トヤデニシキ130320b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



チョウノハガサネ130320a-l.jpg

梅(ウメ)バラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
蝶の羽重(チョウノハガサネ)は梅(ウメ)の栽培品種の1つである。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は3月から4月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
豊後系・豊後性の八重咲きの大輪(30から40ミリ)である。
花の色は淡い桃色である。
花弁が多く、重なり合って咲く。
雄しべは短い。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に水戸市の偕楽園で撮った。
学名:Prunus mume 'Chounohagasane'

★花と花重なり合って咲く姿
 綺麗だけれど団子思わせ

チョウノハガサネ130320b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



斑入り蕗(フイリブキ)

フイリブキ060422a-l.jpg

蕗(フキ)はキク科フキ属(ペタシテス属)の多年草である。
ペタシテス属は東アジアやヨーロッパ、北アメリカなどに数種の原種と交配種が分布する。
日本にも蕗(フキ)などが分布し、属名の和名をフキ属という。
斑入り蕗(フイリブキ)はその園芸品種である。
葉を楽しむ観葉植物として栽培される。
草丈は20センチから70センチくらいである。
開花時期は3月から5月である。
雌雄異株である。
花はいわゆる蕗の薹(フキノトウ)である。
雄花は黄色っぽく、雌花は白っぽい。
花の後に、長い柄のある腎心形の大きな葉が生える。
そこにクリーム色の斑が入る。
新葉の季節が特に美しい。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Petasites はギリシャ語の「petasos(つば広の帽子)」からきている。葉が広く大きいことから名づけられた。
種小名の japonicus は「日本の」という意味である。
園芸品種名の Variegatus は「斑入りの」という意味である。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Petasites japonicus 'Variegatus'

★柔らかな葉の色見せて斑入り蕗
 灰汁の強さは身の内に秘め

フイリブキ060422b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



泰平(タイヘイ)

タイヘイ130320a-l.jpg

梅(ウメ)バラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
泰平(タイヘイ)は梅(ウメ)の栽培品種の1つである。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2月から3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
豊後系・豊後性の白い一重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
実梅の1つで、白加賀(シロカガ)の受粉樹として適している。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に水戸市の偕楽園で撮った。
学名:Prunus mume 'Taihei'

★泰平の由来はいかに素朴なる
 花の姿に思い重ねて

タイヘイ130320b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



セネシオ・シルキー

セネシオ・シルキー060218a-l.jpg

セネシオ・シルキーはキク科キオン属(セネキオ属)の多年草である。
セネキオ属は世界に1500種から2000種くらい分布する大きな仲間である。
日本にも黄苑(キオン)などが分布し、属名の和名をキオン属という。
園芸的には英語風の読み方でセネシオ属とされることが多い。
本種も交配種なので、慣用的にセネシオと呼ばれている。
つまり、園芸品種名をシルキーというセネシオの仲間といった意味合いである。
ところで、シネラリアないしサイネリア(Cineraria)の名で流通している花がある。
この花は標準的にはペリカリス属に分類され、学名は Pericallis x hybrida という。
これは人為的に作成された交配種であることを示す学名である。
しかし、セネキオ属に分類されることもあり、Senecio cruentus や Senecio x hybridus などの学名もある。
前者はカナリー諸島原産の原種名であり、後者は交配種であることを示す。
したがって、セネシオ・シルキーはもともと交配種であるシネラリアの改良品種の1つであり、流通上の呼び名が異なるだけということである。
草丈は40センチから60センチくらいである。
木立性ですらりと花茎が伸びる。
葉は三角状の卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
茎や葉には灰白色または白色の毛が生える。
開花時期は12月から5月である。
茎先に花径4センチから7センチくらいの花(頭花)をつける。
花の色は赤紫色や青紫色、ピンク、赤、白など多彩である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Senecio はラテン語の「senex(老人)」からきている。灰白色の毛や白い冠毛のあるものが多いことから名づけられた。
種小名の hybridus は「交配種の」という意味である。
写真は2月に神代植物公園で撮った。
学名:Senecio x hybridus 'Silky'(Pericallis x hybrida 'Silky')

★シルキーと素敵な名前もらったよ
 名に負けぬよう綺麗に咲くよ

セネシオ・シルキー060218b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



アラビス・スノーキャップ

アラビス・スノーキャップ090320b-l.jpg

アラビス・カウカシカはアブラナ科ヤマハタザオ属(アラビス属)の多年草である。
アラビス属は世界に180種くらいが分布する。
日本にも山旗竿(ヤマハタザオ)などが分布し、属名の和名はヤマハタザオ属という。
なお、属名の和名はハタザオ属とするものもある。
本種の原種は和名を庭旗竿(ニワハタザオ)とするものもある。
原産地は南ヨーロッパや地中海沿岸地方である。
スノーキャップ(Snowcap)はその園芸品種である。
草丈は20センチから30センチである。
茎は地面を這う。
根際から生える葉は幅の広い楕円形で、灰色を帯びる。
開花時期は3月から5月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い4弁花を咲かせる。
雄しべは6本、雌しべは1本である。
花の後にできる実は長角果(アブラナなどの果実で細長いもの)である。
属名の Arabis は国名の「Arabia(アラビア)」からきている。
種小名の caucasica は「コーカサス地方の」という意味である。
園芸品種名の Snowcap は「冠雪」という意味である。
写真は3月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Arabis caucasica 'Snowcap'

★アブラナの仲間と聞いてなるほどな
 花の姿はどこか見慣れて

アラビス・スノーキャップ090320c-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ドワーフ・アリス

キンセンカ・アリス・オレンジ070120a-l.jpg

唐金盞花(トウキンセンカ)はキク科キンセンカ属(カレンデュラ属)の一年草である。
カレンデュラ属は南ヨーロッパや西アジアなどに15種から20種くらいが分布する。
日本へは江戸時代の初期に渡来したカレンデュラ・アルベンシス(Calendula arvensis)に姫金盞花(ヒメキンセンカ)ないし本金盞花(ホンキンセンカ)の和名がある。
また、江戸時代の末に中国から渡来したカレンデュラ・オフィキナリス(Calendula officinalis)に唐金盞花(トウキンセンカ)の和名がある。
この両者が金盞花(キンセンカ)とも呼ばれており、属名の和名もキンセンカ属という。
前者は小輪・一重咲き、後者は大輪・八重咲きの品種である。
「金盞花」の和名の由来は中国名を日本語読みしたもので、「盞」には盃の意味がある。
花の色と形を「金の盃」にたとえたものである。
英名はポットマリーゴールド(pot marigold)である。
ドワーフ・アリスは唐金盞花(トウキンセンカ)の矮性品種である。
草丈は20センチくらいである。
葉はへら状で柔らかく、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2月から4月である。
花の色にはオレンジのものとイエローのものがある。
花径は10センチくらいである。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Calendula はラテン語の「Calendae(毎月の第1日)」からきている。どの月の初めにも咲いているほど花期が長いということから名づけられた。
種小名の officinalis は「薬用の」という意味である。
殺菌作用に優れ、ヨーロッパでは昔から民間薬として利用されていた。
写真は1月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Calendula officinalis 'Dwarf Alice'

★背は低くだけど綺麗に着飾るよ
 もうすぐ春がやって来るから

キンセンカ・アリス・イエロー070120a-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



サマーメロディ060218a-l.jpg

マーガレットキク科モクシュンギク属の多年草である。
原産地はカナリア諸島である。
カナリア諸島はアフリカ大陸北西岸の大西洋上にあるスペイン領の群島である。
日本へは明治時代に渡来した。
標準和名を木春菊(モクシュンギク)といい、属名の和名もモクシュンギク属という。
これは、枝や茎に木質化する性質があり、若葉が春菊(シュンギク)に似ていることからきた命名である。
ただし、園芸的にはこの名称はほとんど用いられていない。
また、モクシュンギク属はしばしばキク属(Chrysanthemum)に含めて分類される。
サマーメロディはその園芸品種の1つである。
特徴は花の色がピンクで八重咲きをすることである。
初めは濃いピンク色をしているが、花の終わりに近づくと白い色に退色する。
草丈は50センチから150センチくらいである。
葉は羽状に切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は12月から7月くらいである。
花径は5センチくらいである。
属名の Argyranthemum はギリシャ語の「argyros(銀色の)+anthemon(花)」からきている。
種小名の frutescens は「低木状の」という意味である。
写真は2月に神代植物公園で撮った。
学名:Argyranthemum frutescens 'Summer Melody'(syn. Chrysanthemum frutescens 'Summer Melody')

★艶やかなピンクの色がよく似合う
 サマーメロディ乙女の祈り

サマーメロディ060218b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7