2015年1月アーカイブ

ソルベ・ピーチメルバ

ソルベ・ピーチメルバ141226a-l.jpg

ビオラはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
ビオラという名は、もともとはスミレ属の属名からきている。
園芸的には、日本ではパンジーの小輪多花性のものをビオラと呼んでいる。
しかし、両者の区別は曖昧で、学名的にも区別されない。
そのため、パンジー・ビオラとして並列に扱われることも多い。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
本来は多年草だが、日本では一年草として扱われる。
ソルベ・ピーチメルバはそうした仲間の1つである。
アメリカのボール・ホーティカルチュラル・カンパニー(Ball Horticultural Company)によって開発されたF1ソルベ系に属する。
F1は First Filial Hybrid の略称で、交配された(Hybrid)雑種の(Filial)一代目(First)のことである。
優れた性質を持つ個体を掛け合わせ、両方の良い部分を受け継いだ次世代を意味する。
ソルベ(Sorbet)にはシャーベットの意味がある。
ピーチメルバ(Peach Melba)というのはイギリスでオーギュスト・エスコフィエによって作成されたデザートのことで、歌手のネリー・メルバのための特製デザートとして考案された。
バニラ・アイスの下地にシロップ漬けの桃を乗せ、ラズベリー・ソースとアーモンドのスライスをかけてある。
花の姿をこれにたとえたものである。
草丈は15センチから20センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11月から5月くらいである。
花径は3センチくらいである。
花弁数は5枚である。
花の色は上弁がピンク、下弁は黄色で、下弁の下部の縁には赤い斑点がが入る。
花の色の濃淡や模様の入り方には個体差がある。
小輪系だが開花時期が早く、花つきもよい。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viora x wittrockkiana

★花びらは小さいけれど複雑な
 模様はどこか大人びて見え

ソルベ・ピーチメルバ141226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ソルベXP・モルフォ

ソルベXP・モルフォ141226a-l.jpg

ビオラはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
ビオラという名は、もともとはスミレ属の属名からきている。
園芸的には、日本ではパンジーの小輪多花性のものをビオラと呼んでいる。
しかし、両者の区別は曖昧で、学名的にも区別されない。
そのため、パンジー・ビオラとして並列に扱われることも多い。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
本来は多年草だが、日本では一年草として扱われる。
ソルベXP・モルフォはそうした仲間の1つである。
タキイ種苗から発売されているF1ソルベXP系に属し、アメリカで開発された。
F1は First Filial Hybrid の略称で、交配された(Hybrid)雑種の(Filial)一代目(First)のことである。
優れた性質を持つ個体を掛け合わせ、両方の良い部分を受け継いだ次世代を意味する。
ソルベ(Sorbet)にはシャーベットの意味がある。
もともとソルベというシリーズがあり、ソルベXPはその進化版である。
モルフォ(Morpho)というのはアメリカに分布するモルフォ蝶(モルフォチョウ:Morpho)の属名からきている。
花の姿をたとえたものである。
草丈は15センチから30センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11月から5月くらいである。
花径は3センチくらいである。
花弁数は5枚である。
花の色は上弁が青色、下弁は黄色で蝶の翅のような模様が入る。
小輪系だが開花時期が早く、花つきもよい。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viora x wittrockkiana

★調べればいろんなことが見えてくる
 小さいけれど蝶舞うごとく

ソルベXP・モルフォ141226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ビーコン・ブルー

ビーコン・ブルー141226a-l.jpg

パンジーはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
ビーコン・ブルーはそうした仲間の1つである。
サカタのタネから発売されているF1ビーコン系に属する。
F1は First Filial Hybrid の略称で、交配された(Hybrid)雑種の(Filial)一代目(First)のことである。
優れた性質を持つ個体を掛け合わせ、両方の良い部分を受け継いだ次世代を意味する。
ビーコン系は中輪覆色で開花が早い。
草丈は15センチから30センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11月から5月くらいである。
花径は7センチくらいである。
一重咲きで花弁数は5枚である。
花の色は上弁が淡い空色、下弁が紺色で、グラデーションが美しい。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viora x wittrockkiana

★爽やかなブルーの色が目を引くよ
 グラデーションがとってもきれて

ビーコン・ブルー141226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



よく咲くスミレ・カシス

よく咲くスミレ・カシス141226a-l.jpg

パンジーはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
よく咲くスミレ・カシスはそうした仲間の1つである。
サカタのタネから発売されている「よく咲くスミレシリーズ」に属する。
パンジーの華やかさとビオラの強さ、多花性を併せ持つと宣伝するシリーズで、連続開花性がある。
草丈は10センチから30センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11月から5月くらいである。
花径は4センチくらいである。
花の色は赤紫色で、花の真ん中が白く抜ける。
カシスというのは黒酸塊(クロスグリ)のことだが、本種の場合はそれよりも紅色が強い。
現状で12種類ある色の1つである。
花弁数は5枚である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viora x wittrockkiana

★品のよい色はカクテル思わせる
 菫色なら花は大輪

よく咲くスミレ・カシス141226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ナチュレ・トゥルーオレンジ

ナチュレ・トゥルーオレンジ141226a-l.jpg

パンジーはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
ナチュレ・トゥルーオレンジはそうした仲間の1つである。
タキイ種苗から発売されているF1ナチュレ系に属する。
F1は First Filial Hybrid の略称で、交配された(Hybrid)雑種の(Filial)一代目(First)のことである。
優れた性質を持つ個体を掛け合わせ、両方の良い部分を受け継いだ次世代を意味する。
本種は、花径は小さいが寒い冬でもよく咲くのが特徴である。
ウインターパンジーという名称も用いられている。
パンジーとビオラのよい部分を併せもつと宣伝しており、ビオラのように多花性がある。
なお、日本ではパンジーの小輪多花性の品種をビオラと呼んでいるが、両者の区別は曖昧である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11月から5月くらいである。
花径は4センチくらいである。
一重咲きで花弁数は5枚である。
花の色は濃いオレンジ色で、高温期にも花の色が淡くなりすぎることはないとしている。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viora x wittrockkiana

★濃い色のオレンジ色のパンジーは
 いろんな色と似合いそうだね

ナチュレ・トゥルーオレンジ141226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ビオラ

ゴールドクリーン141226a-l.jpg

ビオラはスミレ科スミレ属の園芸品種の名称である。
ビオラという名は、もともとはスミレ属の属名からきている。
園芸的には、日本ではパンジーの小輪多花性のものをビオラと呼んでいる。
しかし、両者の違いは曖昧で、学名的にも区別されない。
そのため、パンジー・ビオラとして並列に扱われることも多い。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
本来は多年草だが、日本では一年草として扱われる。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は楕円形やハート形などで、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11月から5月くらいである。
花径は2センチから4センチくらいである。
花弁数は5枚である。
花の色や模様は多様で、八重咲きのものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「誠実な愛」である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
品種名はゴールドクリーンである。
花の色は濃い黄色で、花弁は丸みを帯びている。
花径は30ミリから35ミリくらいである。
タキイ種苗から発売されているF1フローラルパワーシリーズの1つである。
F1は First Filial Hybrid の略称で、交配された(Hybrid)雑種の(Filial)一代目(First)のことである。
優れた性質を持つ個体を掛け合わせ、両方の良い部分を受け継いだ次世代を意味する。
学名:Viora x wittrockkiana

★ささやきが寄せては返す波のよう
 弾けるように鉢を満たして

ゴールドクリーン141226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ナチュレ・ローズピンク

ナチュレ・ローズピンク141226a-l.jpg

パンジーはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
ナチュレ・ローズピンクはそうした仲間の1つである。
タキイ種苗から発売されているF1ナチュレ系に属する。
F1は First Filial Hybrid の略称で、交配された(Hybrid)雑種の(Filial)一代目(First)のことである。
優れた性質を持つ個体を掛け合わせ、両方の良い部分を受け継いだ次世代を意味する。
本種は、花径は小さいが寒い冬でもよく咲くのが特徴である。
ウインターパンジーという名称も用いられている。
パンジーとビオラのよい部分を併せもつと宣伝しており、ビオラのように多花性がある。
なお、日本ではパンジーの小輪多花性の品種をビオラと呼んでいるが、両者の区別は曖昧である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11月から5月くらいである。
花径は4センチくらいである。
一重咲きで花弁数は5枚である。
花の色はピンクだが、写真のように濃淡がある。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viora x wittrockkiana

★濃い色のローズピンクと言うけれど
 見ればいろんな濃さに染まって

ナチュレ・ローズピンク141226b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7