2014年8月アーカイブ

モネのひまわり

モネノヒマワリ100823a-l.jpg

向日葵(ヒマワリ)キク科ヒマワリ属の一年草である。
原産地は北アメリカである。
モネのひまわりはその園芸品種である。
サカタのタネから販売されている画家シリーズの1つである。
草丈は150センチから180センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の色は青緑色である。
開花時期は7月から9月である。
茎先に花径12センチから15センチのレモンイエローの花(頭花)をつける。
花の形が整った八重咲きの品種で、咲き始めの花芯は黄緑色をしている。
花粉が出ないので切り花にも向いている。
属名の Helianthus はギリシャ語の「helios(太陽)+anthos(花)」からきている。頭花の様子や日に向いて開くことなどから名づけられた。
種小名の annuus は「一年生の」という意味である。
写真は8月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Helianthus annuus 'Mone-no-Himawari'

★涼しくてさっぱりとした色がいい
 整い咲くはモネのひまわり

モネノヒマワリ100823b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

オレンジフラミンゴ

オレンジフラミンゴ120509a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
オレンジフラミンゴ(Orange Flamingo)は、コーラル系に属する。
風鈴仏桑花(フウリンブッソウゲ:Hibiscus schizopetalus)が交配親となっているグループである。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
花は下向きに咲く。
花の色は朱色で、花冠の真ん中は赤く、2段咲きをする。
花柱のつけ根のほうは紅色で、柱頭は紅色、葯は黄色である。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Hibiscus 'Orange Flamingo'

★オレンジの風鈴まるでフラミンゴ
 すらりと伸びた脚のようだね

オレンジフラミンゴ120509b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


マティスのひまわり

マティスのひまわり100823a-l.jpg

向日葵(ヒマワリ)キク科ヒマワリ属の一年草である。
原産地は北アメリカである。
マティスのひまわりはその園芸品種である。
サカタのタネから販売されている画家シリーズの1つである。
草丈は150センチから180センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の色は青緑色である。
開花時期は7月から9月である。
茎先に花径15センチから20センチの鮮やかな黄色い花(頭花)をたくさんつける。
まるでたなびくたてがみのように花弁が重なって盛り上がる八重咲き品種である。
花粉が出ないので切り花にも向いている。
属名の Helianthus はギリシャ語の「helios(太陽)+anthos(花)」からきている。頭花の様子や日に向いて開くことなどから名づけられた。
種小名の annuus は「一年生の」という意味である。
写真は8月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Helianthus annuus 'Matisse-no-Himawari'

★マティスとは上手い名前をつけたもの
 捻れる花弁ライオンのよう

マティスのひまわり100823b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

チェリー

チェリー120509a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
チェリー(Cherie)は、ハワイアン系に属する。
ハワイアン系はハワイで交配された大輪種で、鑑賞価値が高く数も多い。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
一重咲きの大輪である。
花の色は黄色ないし黄橙色で、花冠の真ん中は赤い。
花冠はほぼ円形で、5枚の花弁が深く重なり合う。
花柱のつけ根のほうは紅色で、柱頭は黄橙色、葯は黄色である。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Hibiscus 'Cherie'

★夏らしい鮮やかな色眩しいね
 ハワイが似合うハイビスカスだ

チェリー120509b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ウォールフラワー

ウォールフラワー120509a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
ウォールフラワー(Wall Flower)は、ハワイアン系に属する。
ハワイアン系はハワイで交配された大輪種で、鑑賞価値が高く数も多い。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
一重咲きの大輪で、花径は15センチから20センチくらいある。
花の色は茶系で、花冠の真ん中は赤い。
花冠はほぼ円形で、深く5つに裂けて重なり合う。
花柱は紅茶色で、柱頭は紅色、葯は黄色である。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Hibiscus 'Wall Flower'

★花色がとっても渋いハイビスカス
 光の加減で違って見える

ウォールフラワー120509b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ゴッホのひまわり

ゴッホのひまわり100823b-l.jpg

向日葵(ヒマワリ)キク科ヒマワリ属の一年草である。
原産地は北アメリカである。
ゴッホのひまわりはその園芸品種である。
サカタのタネから販売されている画家シリーズの1つである。
草丈は150センチから180センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の色は青緑色である。
開花時期は7月から9月である。
茎先に花径15センチから20センチの黄色い花(頭花)をたくさんつける。
一重・半八重・八重咲きと咲き分ける。
花粉が出ないので切り花にも向いている。
属名の Helianthus はギリシャ語の「helios(太陽)+anthos(花)」からきている。頭花の様子や日に向いて開くことなどから名づけられた。
種小名の annuus は「一年生の」という意味である。
写真は8月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Helianthus annuus 'Gogh-no-Himawari'

★面白い結びつきだねこのシリーズ
 向日葵の花画家に好まれ

ゴッホのひまわり100823c-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アマン

アマン120509a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
アマン(Aman)は、オールド系に属する。
仏桑花(ブッソウゲ:Hibiscus rosa-sinensis)やヨーロピアン系と呼ばれるものなどがこの系統に属する。
昔から流通している丈夫な品種である。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
花の色は濃いピンクで、花冠の真ん中は濃い紅色になる。
花冠はほぼ円形で、深く5つに裂ける。
花柱は濃いピンク、柱頭は濃い赤色である。
枝変りがよく出る品種だという。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Hibiscus 'Aman'

★これこそがハイビスカスの姿かな
 なかなかいいねオールドタイプ

アマン120509b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

フーシルズ

フーシルズ140413a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
フーシルズ(Hoosiers)は、ハワイアン系に属する。
ハワイアン系はハワイで交配された大輪種で、鑑賞価値が高く数も多い。
読み方はフージャーズとするものもあり、「無骨者」といった意味がある。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
本種は一重咲きの中輪である。
花の色は白く、赤の覆輪となる。
花弁の縁はフリル状となる。
花柱は下部が赤く、柱頭は朱色である。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Hibiscus 'Hoosiers'

★どことなくピエロ思わすフーシルズ
 コントラストに目を引かれるね

フーシルズ140413b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

アエオニウム・アルボレウム100823a-l.jpg

アエオニウム・アルボレウムはベンケイソウ科アエオニウム属の常緑多年草である。
アエオニウム属はカナリア諸島やアフリカなどに35種くらい分布する多肉植物である。
アエオニウム・アルボレウムの原産地はカナリア諸島である。
ツワルトコップ(Zwartkop)はその園芸品種である。
日本での流通名は黒法師(クロホウシ)という。
特徴は、強い日差しのもとに置くと夏に葉の色が黒紫色になることである。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉はへら形で茎先にロゼット状に生える。
開花時期は3月から4月である。
葉の脇から花茎を出し、黄色い花をたくさんつける。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Aeonium はギリシャ語の「aionios(永久の)」からきている。
種小名の arboreum は「樹木の」という意味である。
園芸品種名の Zwartkop はオランダ語で「黒い頭(顔)」という意味である。
写真は8月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Aeonium arboreum 'Zwartkop'

★個性ある姿に惚れて眺めいる
 別世界かなアエオニウムは

アエオニウム・アルボレウム100823b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ガスト20

ガスト20 140413a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
ガスト20(Gast20)は、ハワイアン系に属する。
ハワイアン系はハワイで交配された大輪種で、鑑賞価値が高く数も多い。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
一重咲きの大輪である。
花の色は明るい紅紫色で、表面には淡い色のストライブが入り、縁は波打つ。
花冠はほぼ円形で、深く5つに裂けて重なり合う。
花柱は淡い紅色で、柱頭も赤い。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Hibiscus 'Gast20'

★ふさふさと重なる花びら立体的
 一重だけども八重咲きのよう

ガスト20 140413b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

マドンナ

マドンナ140413a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
マドンナ(Madonna)は、ハワイアン系に属する。
ハワイアン系はハワイで交配された大輪種で、鑑賞価値が高く数も多い。
本種は古くから日本にある品種で、日の丸(ヒノマル)の別名もある。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
一重咲きの大輪である。
花の色は白く、真ん中が赤い。
花冠はほぼ円形で、深く5つに裂けて重なり合う。
花弁の縁はフリル状となる。
花柱は下部が赤く、柱頭は朱色である。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Hibiscus 'Madonna'

★マドンナの名前は花に似合うかな
 目を引かれるね日の丸模様

マドンナ140413b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ティアレラ

ティアレラ140630a-l.jpg

ティアレラはユキノシタ科ズダヤクシュ属(ティアレラ属)の多年草の総称(属名)である。
ティアレラ属は北アメリカに4種、アジアに1種が分布する。
日本にも喘息薬種(ズダヤクシュ)が分布するので、属名の和名はズダヤクシュ属という。
北アメリカに分布する原種の交配によって多くの園芸品種が生まれており、ティアレラの名で流通している。
草丈は20センチから30センチくらいである。
根際から生える葉は幅の広い卵形で、手のひら状に裂ける。
葉には赤い筋の入るものや黄金色のものなどがある。
開花時期は6月から7月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花弁と萼片が5枚ずつある。
雄しべは10本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Tiarella はラテン語の「tiara(王冠)」の縮小形である。雌しべの形から名づけられた。
写真は6月に北海道上川町の大雪森のガーデンで撮った。
園芸品種のラッカーリーフ('Lacquer Leaf')で、秋には銅葉になる。
学名:Tiarella cv.

★細かくは違っているが見かけから
 喘息薬種だとすぐにわかるよ

ティアレラ140630b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

カール E. ジュニア

カール E. ジュニア140413a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
カール E. ジュニア(Carl E. Junior)は、ハワイアン系に属する。
ハワイアン系はハワイで交配された大輪種で、鑑賞価値が高く数も多い。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
半八重咲きの大輪である。
花の色はピンクで、表面には皺があり、縁は波打つ。
雄しべの一部が花弁化している。
花柱は淡い紅色、柱頭は濃い紅色である。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Hibiscus 'Carl E. Junior'

★おやこれはハイビスカスにも八重咲きが
 それはプロだが凄ワザだよね

カール E. ジュニア140413b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ブリリアント・レッド

ブリリアント・レッド140413a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
ブリリアント・レッド(Brilliant Red)は、オールド系に属する。
仏桑花(ブッソウゲ:Hibiscus rosa-sinensis)やヨーロピアン系と呼ばれるものなどがこの系統に属する。
昔から流通している丈夫な品種である。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
花の色は濃い赤色である。
花冠はほぼ円形で、深く5つに裂ける。
花柱は濃い赤色、柱頭も濃い赤色である。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Hibiscus 'Brilliant Red'

★鮮やかで濃い赤色が刺激的
 南国育ちのプリンセスかな

ブリリアント・レッド140413b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ペルシカリア・ビストルダ・スパーバ140630a-l.jpg

ペルシカリア・ビストルタ(Persicaria bistorta)はタデ科イヌタデ属(ペルシカリア属)の常緑多年草である。
原産地はヨーロッパや西アジアである。
タデ科の分類の仕方は多様なのだが、この植物はタデ科イブキトラノオ属のビストルタ・オフィキナリス(Bistorta officinalis)とシノニムである。
日本の各地に分布する伊吹虎の尾(イブキトラノオ:Bistorta officinalis subsp. japonica)の基本種にあたる植物である。
伊吹虎の尾(イブキトラノオ)は今はイブキトラノオ属とされる場合が多いが、イヌタデ属(Persicaria)やタデ属(Polygonum)とされることもあった。
スペルバ(Superba)はその園芸品種である。
草丈は50センチから90センチくらいでである。
根茎は太く、茎は叢生して直立する。
根際から生える葉はで披針形(笹の葉のような形)、長い柄がある。
茎につく葉は披針形(笹の葉のような形)で茎を抱き、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から9月である。
茎先に長35センチから8センチくらいの花穂をつける。
花の色は濃いピンクである。
花には花弁はなく、萼が花弁状になって5つに裂ける。
雄しべは8本で、萼よりも長く伸びる。
雌しべは1本である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Persicaria は属名の「Persica(モモ属)」からきている。葉がモモの葉に似ていることから名づけられた。
種小名の bistorta は「二重に捩れる」という意味である。
園芸品種名の Superba は「気高い」という意味である。
写真は6月に北海道上川町の大雪森のガーデンで撮った。
学名:Persicaria bistorta 'Superba'

★穂の色が変わればまるで別物だ
 ピンクの花は気高く見えて

ペルシカリア・ビストルダ・スパーバ140630b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ネペタ・ファセニー・アルバ

ネペタ・ファセニー・アルバ140630a-l.jpg

ネペタ・ファセニー・アルバはシソ科イヌハッカ属(ネペタ属)の多年草である。
ネペタ属はユーラシア大陸やアフリカに250種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種がある。
日本にも帰化種の犬薄荷(イヌハッカ)などがあり、属名の和名をイヌハッカ属という。
本種はラケモサ種(Nepeta racemosa)とネペテラ種(Nepeta nepetella)との交配種である。
花の色が青紫色のものはキャットミント(catmint)の名で流通している。
そこから本種もホワイトキャットミント(white catmint)と呼ばれることもある。
キャットミントはハーブともされるが、本種は主に観賞用とされる。
草丈は30センチから40センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の表面には短くて細かい毛が生える。
開花時期は5月から10月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い唇形の花をたくさんつける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Nepeta はイタリアのトスカーナ・ウィンブリア地方の都市の古名「Nepete」に由来する。
種小名の faassenii はオランダ人の園芸家「ファセン(Johannes Hubertus Faassen, 1892-1963)さんの」という意味である。
園芸品種名の Alba は「白い」という意味である。
写真は6月に北海道上川町の大雪森のガーデンで撮った。
学名:Nepeta x faassenii 'Alba'

★妖精を思わすような白花が
 とても似合うね森のガーデン

ネペタ・ファセニー・アルバ140630b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

バイロンメッツ

バイロンメッツ140725a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
バイロンメッツ(Byron Metts)は、ハワイアン系に属する。
ハワイアン系はハワイで交配された大輪種で、鑑賞価値が高く数も多い。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
一重咲きの大輪である。
花の色は白く、表面には皺があり、縁は波打つ。
花冠はほぼ円形で、深く5つに裂けて重なり合う。
花柱は淡い黄色で、柱頭は黄色い。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Hibiscus 'Byron Metts'

★反り返る花弁の先の黄色さが
 イメージ変える色のマジック

バイロンメッツ140725b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

レッドアイ

レッドアイ140725a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
レッドアイ(Red Ai)は、オールド系に属する。
仏桑花(ブッソウゲ:Hibiscus rosa-sinensis)やヨーロピアン系と呼ばれるものなどがこの系統に属する。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
花の色は朱赤色で、縁取りは黄色い。
花冠はほぼ円形で、深く5つに裂けて反り返る。
花柱は根元が朱赤色、先が黄色である。
柱頭は朱赤色である。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Hibiscus 'Red Ai'

★反り返る花弁の先の黄色さが
 イメージ変える色のマジック

レッドアイ140725b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ピンク・バタフライ

ピンク・バタフライ140725a-l.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主に3系統に分類されている。
ピンク・バタフライ(Pink Butterfly)もその1つで、コーラル系に属する。
風鈴仏桑花(フウリンブッソウゲ:Hibiscus schizopetalus)が交配親となっているグループである。
花の様子は赤花の仏桑花(ブッソウゲ:Hibiscus rosa-sinensis)とよく似ている。
別名はコーラルピンク(Coral Pink)という。
別名のものを既に沖縄で撮っていたが札幌で撮ったので改めて掲載する。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で互い違いに生える(互生)。
手のひら状に裂けるものもあり、葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
花径は10センチくらいで、花の色はピンクである。
花弁には切れ込みが入る。
筒状に合着した雄しべはピンクで、柱頭もピンクである。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Hibiscus 'Pink Butterfly'

★北国の夏に出合ったハイビスカス
 調べてみれば別名なのか

ピンク・バタフライ140725b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ヤエチョウセンアサガオ080921a-l.jpg

朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ)ナス科チョウセンアサガオ属の多年草である。
原産地はインドである。
日本へは江戸時代に中国経由で伝わった。
和名の「朝鮮」は広く異国を意味する。
八重朝鮮朝顔(ヤエチョウセンアサガオ)はその園芸品種である。
草丈は80センチから100センチくらいである。
茎はよく枝分かれをする。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
時として向かい合って生える(対生)こともある。
葉の先は尖り、縁は波打つ。
開花時期は8月から9月である。
葉の脇に朝顔(アサガオ)に似た漏斗状の花を下向きにつける。
花の色は紫色や黄色である。
花冠の長さは10センチから15センチくらいあり、筒部が長くて先が浅く5つに裂ける。
「八重」の名がつくが、花は2段咲き、3段咲きである。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、短い棘がたくさん生える。
熟すと割れて灰色の種子を飛ばす。
全草に有毒物質のアルカイドを含む。
属名の Datura はこの植物のアラビア名「tatorah」ないしヒンズー名「dhatura」からきている。
種小名の metel はアラビア語の「mathel(麻薬性を表す言葉)」からきている。
園芸品種名の Fastuosa は「非常に美しい」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Datura metel 'Fastuosa'(syn. Datura metel 'Floreplena')

★定まった位置になかなかつけないが
 おどろおどろのめずらしい花

ヤエチョウセンアサガオ080921b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ココアひまわり

ココアひまわり090928a-l.jpg

向日葵(ヒマワリ)キク科ヒマワリ属の一年草である。
原産地は北アメリカである。
ココアひまわりは同属の園芸品種である。
ココアに似た仄かな香りがして、耐寒性があるのが特徴である。
草丈は150センチから200センチくらいである。
茎はよく枝分かれをする。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の色は青緑色である。
開花時期は8月から9月である。
茎先に一重の黄色い花(頭花)をたくさんつける。
花は同属の菊芋(キクイモ)に似ている。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
なお、花の色がチョコレート色のものも同名で流通している。
属名の Helianthus はギリシャ語の「helios(太陽)+anthos(花)」からきている。頭花の様子や日に向いて開くことなどから名づけられた。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Helianthus cv.

★どのような由来のありやこの向日葵
 菊芋に似た花が咲くけど

ココアひまわり090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7