2014年5月アーカイブ

フイリツルニチニチソウ090315a-l.jpg

蔓日日草(ツルニチニチソウ)キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の多年草である。
原産地は地中海沿岸地方である。
斑入り蔓日日草(フイリツルニチニチソウ)はその園芸品種である。
特徴は葉に斑が入ることである。
草丈は10センチから50センチくらいである。
蔓性で地面を這って伸びる。
葉や花のつく茎は直立する。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は肉厚で艶がある。
開花期は3月から7月くらいである。
花径4センチから5センチの青紫色をした花をつける。
花冠は5つに裂け、プロペラのようである。
葉はよく茂るが、花つきは少ない。
花の後にできる実は細長いさや状の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Vinca はラテン語の「pervinca(同属の1種)」の省略形である。
種小名の major は「巨大な」という意味である。
品種名の Variegata は「斑入りの」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Vinca major 'Variegata'

★瑠璃色の夢載せ回るプロペラを
 ほんのり包む葉の色淡く

フイリツルニチニチソウ090315b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

スタンウェル・パーペチュアル130627a-l.jpg

スタンウェル・パーペチュアル(Stanwell Perpetual)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1837年にイギリスのリー(Lee)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
オールドローズ(Old Rose:O)のハイブリッドスピノシマ(Hybrid Spinosissima:HSpn)と呼ばれる原種交雑種の1つで、四季咲きの中輪である。
これはロサ・ピンピネリフォリア(Rosa pimpinellifolia)の交雑種のグループである。
この原種にはロサ・スピノシシマ(Rosa spinosissima)の別名がある。
樹高は100センチから200センチくらいである。
樹形は半横張り性である。
開花時期は5月から11月である。
ロゼット咲きである。
花の色は淡いピンクで、咲き進むと白くなる。
花には強い香りがある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
品種名の Stanwell Perpetual のスタンウェルは産地であるイギリスの地名、パーペチュアルは永遠のという意味で四季咲きをも意味する。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa 'Stanwell Perpetual'

★芳しき香りが歴史を偲ばせる
 その名も見事な永遠の薔薇

スタンウェル・パーペチュアル130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

メアリーローズ

メアリーローズ130627a-l.jpg

メアリーローズ(Mary Rose)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1983年にイギリスのデビッド・オースチン(David Austin)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
イングリッシュローズ(English Rose:ER)と呼ばれるものの1つで、四季咲きの大輪である。
樹高は150センチから200センチくらいである。
樹形は半直立性である。
開花時期は5月から11月である。
ロゼット咲きで、花の色はローズピンクである。
花径は10センチくらいである。
花にはミルラ香がある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
品種名の Mary Rose はヘンリー8世の建造した旗艦の名からきている。海底から引き上げられたことを記念して名づけられた。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa 'Mary Rose'

★好みとは少し違った世界だが
 ローズピンクの花に免じて

メアリーローズ130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

テレーズ・ブニュ

テレーズ・ビュニェ130627c-l.jpg

テレーズ・ブニュ(Therese Bugnet)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1950年にカナダのジョルジュ・ブニュ(Georges Bugnet)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
シュラブ系(Shrub rose:S)と呼ばれるものの1つで、繰り返し咲きの中輪である。
ハイブリット・ルゴサ(Hybrid Rugosa, HRg)に分類される。
日本の浜梨(ハマナス)がヨーロッパに紹介されて以降に交配されて生まれた系統である。
樹高は150センチから200センチくらいである。
樹形は半蔓性である。
開花時期は5月から11月である。
半八重の丸弁カップ咲きで、花の色はピンクである。
花径は8センチくらいである。
花にはスパイス系の香りがある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の rugosa は「皺のある」という意味である。
品種名の Therese Bugnet は作出者の姉妹の名をつけたものである。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa rugosa 'Therese Bugnet'

★呼び方がまちまちなのが可哀相
 フランス語はまだ認知度低く

テレーズ・ビュニェ130627d-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

サー・トーマス・リプトン

サー・トーマス・リプトン130627a-l.jpg

サー・トーマス・リプトン(Sir Thomas Lipton)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1900年にアメリカ合衆国のバン・フリート(Van Fleet)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
シュラブ系(Shrub rose:S)と呼ばれるものの1つで、四季咲きの大輪である。
ハイブリット・ルゴサ(Hybrid Rugosa, HRg)に分類される。
日本の浜梨(ハマナス)がヨーロッパに紹介されて以降に交配されて生まれた系統である。
樹高は180センチくらいである。
樹形は直立性である。
開花時期は5月から11月である。
八重咲きで、花の色は純白である。
花には甘い香りがある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の rugosa は「皺のある」という意味である。
品種名の Sir Thomas Lipton はイギリスの紅茶「リプトン」の創業者の名からきている。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa rugosa 'Sir Thomas Lipton'

★北の地に似合いの白い薔薇が咲く
 夏だと言うに重ね着をして

サー・トーマス・リプトン130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラデスカント

トラデスカント130627a-l.jpg

トラデスカント(Tradescant)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1993年にイギリスのオースチン(David Austin)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
イングリッシュローズ(English Rose:ER)と呼ばれるものの1つで、四季咲きの中輪である。
樹高は100センチくらいである。
樹形は半蔓性である。
開花時期は5月から11月である。
ロゼット咲きで、花の色濃い赤から暗い紅紫色に変化する。
花径は8センチくらいである。
花にはダマスクの強い香りがある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
品種名の Tradescant は17世紀のイギリスの庭師ジョン・トラデスカント(John Tradescant)父子の名からきている。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa 'Tradescant'

★ロンドンの古い歴史を垣間見せ
 しっとりと咲くトラデスカント

トラデスカント130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ガートルード・ジェーキル

ガートルード・ジーキル130627a-l.jpg

ガートルード・ジェーキル(Gertrude Jekyll)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1986年にイギリスのデビッド・オースチン(David Austin)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
イングリッシュローズ(English Rose:ER)と呼ばれるものの1つで、四季咲きの大輪である。
樹高は120センチから300センチくらいである。
樹形は直立性である。
開花時期は5月から11月である。
ロゼット咲きで、花の色は濃いピンクである。
花径は10センチから12センチくらいである。
花には強い香りがある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
品種名の Gertrude Jekyll は20世紀初めに活躍したガーデンデザイナーの名からきている。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa 'Gertrude Jekyll'

★質感もたっぷりと咲く薔薇の花
 花の香りがあたりを包み

ガートルード・ジーキル130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

シュネーリヒト

シュニーリヒト140627a-l.jpg

シュネーリヒト(Schneelicht)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1894年にハンガリーのルドルフ・ゲシュウインド(Rudolf Geschwind)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
シュラブ系(Shrub rose:S)と呼ばれるものの1つで、二季咲きの中輪である。
ハイブリット・ルゴサ(Hybrid Rugosa, HRg)に分類される。
日本の浜梨(ハマナス)がヨーロッパに紹介されて以降に交配されて生まれた系統である。
樹高は100センチから180センチくらいである。
樹形は横張り性である。
開花時期は5月から11月である。
半八重咲きで、花の色は白い。
花径は8センチくらいである。
花には微香がある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の rugosa は「皺のある」という意味である。
品種名の Schneelicht はドイツ語で「雪明り」という意味である。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa rugosa 'Schneelicht'

★俯いた姿がどこかもどかしい
 天を向き咲けシュネーリヒト

シュニーリヒト140627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

イェンス・ムンク

イェンス・ムンク130627a-l.jpg

イェンス・ムンク(Jens Munk)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1964年にカナダのフェリキタス・シュベイダ(Felicitas Svejda)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
カナダの農業研究所が開発した寒冷地向けのエクスプローラー・シリーズ(Explorer Series)の1つである。
シュラブ系(Shrub rose:S)と呼ばれるものの1つで、繰り返し咲きの中輪である。
ハイブリット・ルゴサ(Hybrid Rugosa, HRg)に分類される。
日本の浜梨(ハマナス)がヨーロッパに紹介されて以降に交配されて生まれた系統である。
樹高は120センチから200センチくらいである。
樹形は横張り性である。
開花時期は5月から11月である。
半八重の平咲きで、花の色はローズピンクである。
花にはスパイス系の強い香りがある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の rugosa は「皺のある」という意味である。
品種名の Jens Munk はカナダに関わる探険家の名からきている。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa rugosa 'Jens Munk'

★北の地に似合いの薔薇が凛と咲く
 ローズピンクの色鮮やかに

イェンス・ムンク130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ハンター

ハンター130627a-l.jpg

ハンター(Hunter)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1961年にイギリスのマトック(Mattock)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
シュラブ系(Shrub rose:S)と呼ばれるものの1つで、繰り返し咲きの小輪である。
ハイブリット・ルゴサ(Hybrid Rugosa, HRg)に分類される。
日本の浜梨(ハマナス)がヨーロッパに紹介されて以降に交配されて生まれた系統である。
樹高は80センチから150センチくらいである。
樹形は横張り性である。
開花時期は5月から11月である。
ロゼット咲きで、花の色は臙脂色である。
花には 強い芳香がある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の rugosa は「皺のある」という意味である。
品種名の Hunter は「狩人」のことである。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa rugosa 'Hunter'

★穏やかな香りを連れて咲く花は
 色鮮やかな深い紅色

ハンター130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

フィンブリアタ

フィンブリアタ130627a-l.jpg

フィンブリアタ(Fimbriata)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1891年にフランスのモルレ(Morlet)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
シュラブ系(Shrub rose:S)と呼ばれるものの1つで、繰り返し咲きの小輪である。
ハイブリット・ルゴサ(Hybrid Rugosa, HRg)に分類される。
日本の浜梨(ハマナス)がヨーロッパに紹介されて以降に交配されて生まれた系統である。
樹高は140センチから180センチくらいである。
樹形は横張り性である。
開花時期は5月から11月である。
八重咲きで、花の色は白く、ピンクのぼかしが入る。
花径は6センチくらいで、花弁には切れ込みが入りカーネーションのようである。
花には微香がある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の rugosa は「皺のある」という意味である。
品種名の Fimbriata は「フリンジのある」という意味である。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa rugosa 'Fimbriata'

★ハマナスと思えぬようなフリンジに
 驚きながら花を楽しみ

フィンブリアタ130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ネバダ

ネバダ130627a-l.jpg

ネバダ(Nevada)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1927年にスペインのペドロ・ドット(Pedro Dot)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
シュラブ系(Shrub rose:S)と呼ばれるものの1つで、繰り返しの大輪である。
ハイブリッド・モエシー(Hybrid Moyesii, HMoy)に分類される。
中国原産のロサ・モエシー(Rosa moyesii)を中心にヨーロッパで交配されて生まれた系統である。
樹高は100センチから150センチくらいである。
樹形は横張り性である。
開花時期は5月から11月である。
半八重平咲きで、花の色はクリーミー・ホワイトである。
花径は12センチくらいである。
花には強い香りがある。
花の後には大きなオレンジ色の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)をたくさん実らす。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
品種名の Nevada は「(スペイン南東部にある)シェラ・ネバダ(Sierra Nevada)山脈」からきている。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa 'Nevada'

★北の地じゃピンクを帯びて咲くという
 ネバダの花にほろ酔い気分

ネバダ130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

スカブロサ

スカブロサ130627a-l.jpg

スカブロサ(Scabrosa)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1950年にイギリスのハークネス(J. Harkness)によって作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
シュラブ系(Shrub rose:S)と呼ばれるものの1つで、四季咲きの大輪である。
ハイブリット・ルゴサ(Hybrid Rugosa, HRg)に分類される。
日本の浜梨(ハマナス)がヨーロッパに紹介されて以降に交配されて生まれた系統である。
樹高は140センチから180センチくらいである。
樹形は横張り性である。
開花時期は5月から11月である。
一重平咲きで、花の色は紫がかったピンクである。
花径は12センチくらいである。
花には強い香りがある。
花の後には大きなオレンジ色の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)をたくさん実らす。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の rugosa は「皺のある」という意味である。
品種名の Scabrosa は「ざらざらした」という意味である。
写真は6月に北海道のはぼろバラ園で撮った。
学名:Rosa rugosa 'Scabrosa'

★ハマナスの選抜されたものみたい
 花は大きく色鮮やかで

スカブロサ130627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



カナリーバード

カナリーバード060617a-l.jpg

カナリーバード(Canary Bird)はバラ科バラ属の常緑低木である。
1907年にイギリスで作出された園芸品種である。(薔薇図鑑参照)
ロサ・クサンティナ(Rosa xanthina)とロサ・ユゴニス(Rosa hugonis)を交配させたものと推定されている。
いずれも中国原産で、花の色は淡い黄色である。
樹高は150センチから250センチくらいである。
樹形は半蔓性である。
葉は細長い楕円形からなる奇数羽状複葉で、互い違いに生える(互生)。
長い枝先は垂れる。
開花時期は4月から6月くらいで、一期咲きである。
花の色は鮮やかな黄色である。
花径は5センチくらいの一重咲きで、垂れ下がる枝にびっしりと花をつける。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の xanthina は「黄色の」という意味である。
写真は6月に札幌市の百合が原公園で撮った。
学名:Rosa xanthina 'Canary Bird'

★鮮やかな黄色い薔薇が目を奪う
 枝垂れた枝は花いっぱいに

カナリーバード060617c-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7