2014年4月アーカイブ

蘭蘭(ランラン)

ランラン130423a-l.jpg蘭蘭(ランラン)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
サトザクラの仲間の1つである。
北海道松前町で浅利政俊さんによって作出された。
松前固有種の白蘭(ハクラン)に雨宿(アマヤドリ)を交配して育成された品種である。
名はパンダ蘭蘭の死を悼んで昭和55年の子どもの日に松前の子どもたちによって命名された。
樹高5メートルから10メートルくらいである。
樹形は傘状である。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には芒(のぎ:イネなどの小穂に見られる針のような棘)状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月の下旬である。
葉の展開と同時に花をつける。
花径が4、5センチくらいある八重咲きの大輪である。
花の色は白く、花びらの外側にごく淡い桃色が残る。
花びらの数は15枚から20枚である。
結実はしない。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の lannesiana はフランス人の園芸家「ランヌ(Lannes)さんの」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Prunus lannesiana 'Ranran'

★桜にはそぐわぬ名だと思えども
 由来を聞けば笑みも浮かんで

ランラン130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



フイリレンギョウ080413b-l.jpg斑入り連翹(フイリレンギョウ)はモクセイ科レンギョウ属の落葉低木である。
連翹(レンギョウ)支那連翹(シナレンギョウ)を交配させて作出されたものをインテルメディア種という。
斑入り連翹(フイリレンギョウ)もその1つである。
特徴は葉に斑が入ることである。
緑の葉にクリーム色の斑が入るのだが、かなり派手で花が目立たないほどである。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
特徴は葉に斑が入ることである。
緑の葉にクリーム色の斑が入るのだが、かなり派手で花が目立たないほどである。
開花時期は4月である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
花の色は淡い黄色である。
花冠は4つに裂ける。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Forsythia はスコットランドの植物学者「フォーサイス(William Forsyth, 1737-1804)さん」の名からきている。
種小名の intermedia は「中間の」という意味である。
写真は4月に埼玉県立花と緑の振興センターで撮った。
学名:Forsythia x intermedia 'Variegata'

★鮮やかな葉っぱの色に驚くよ
 斑入り連翹春風に揺れ

フイリレンギョウ080413c-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

フイリヤマブキ070430a-l.jpg山吹(ヤマブキ)バラ科ヤマブキ属の落葉低木である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の谷筋などに生える。
また、庭木とされる。
海外では、中国にも分布する。
斑入り山吹(フイリヤマブキ)はその園芸品種である。
葉に白斑が入るのが特徴である。
樹高は1メートルから2メートルである。
樹形は株立ちである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾状に尖り、葉の縁は不揃いな重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)である。
開花時期は4月から5月である。
新しい枝先に黄色い花を1つずつつける。
花径は3センチから5センチくらいで、花びら(花弁)は5枚である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
江戸時代に多くの園芸品種が作出され、ほかにも八重山吹(ヤエヤマブキ)、白花山吹(シロバナヤマブキ)、菊咲き山吹(キクザキヤマブキ)などの種類がある。
属名の Kerria はスコットランドの植物学者「ウィリアム・カー(William Kerr, ?-1814)さん」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
品種名の Variegata は「斑入りの」という意味である。
写真は4月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Kerria japonica 'Variegata'

★江戸の世の風流伝う葉の姿
 どこかすがやか斑入り山吹

フイリヤマブキ070430b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


紅時雨(ベニシグレ)

ベニシグレ130423a-l.jpg紅時雨(ベニシグレ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
サトザクラの仲間の1つである。
北海道松前町の浅利政俊さんによって、東錦(アズマニシキ)の実生の中から選出育成された品種である。
東錦(アズマニシキ)は荒川堤にあったとされ、佐野藤右衛門さんによって保存され残っている桜である。
樹高は5メートルから10メートルである。
樹形は盃状で横に広がらない。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には芒(のぎ:イネなどの小穂に見られる針のような棘)状の重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
開花時期は4月の下旬である。
濃い紅色の八重咲きで、花弁数は25枚から40枚である。
花径は5センチくらいある大輪で、垂れ下がって咲く。
花弁の外側の色が濃く、波を打つようにうねる。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の lannesiana はフランス人の園芸家「ランヌ(Lannes)さんの」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Prunus lannesiana 'Beni-shigure'

★爛漫の花は見事な紅時雨
 降り注ぎ咲くシャワーのように

ベニシグレ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

嵐山(アラシヤマ)

アラシヤマ130423a-l.jpg嵐山(アラシヤマ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
サトザクラの仲間の1つである。
荒川堤にあったとされ、明治時代に関東を中心に広まった。
名は京都の嵐山に由来する。
樹高は5メートルから10メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾状に尖り、縁には鋭い重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
若葉は紫褐色をしている。
開花時期は4月の中旬である。
花の色は白ないしごく淡い紅色で、花弁数は5枚から10枚である。
花径は4センチくらいの中輪である。
萼筒は長い鐘形で萼片にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、少し結実をする。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の lannesiana はフランス人の園芸家「ランヌ(Lannes)さんの」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Prunus lannesiana 'Arashiyama'

★どこを見て嵐山の名をつけたのか
 どこか気になる花はシンプル

アラシヤマ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ヤエムラサキザクラ130423a-l.jpg八重紫桜(ヤエムラサキザクラ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
サトザクラの1つである。
三好学さんによって小石川植物園で栽培された紫桜(ムラサキザクラ)の実生から生まれた。
大山桜(オオヤマザクラ)に近い系統である。
樹高は4メートルから7メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の両面や葉の柄に毛は生えない。
開花時期は4月の中旬から下旬である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
花径3センチから5センチの大輪で、花弁数は5枚から20枚くらいである。
花の色は濃い紅紫色で、花弁の形は円形である。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の lannesiana はフランス人の園芸家「ランヌ(Lannes)さんの」という意味である。
品種名の Purpurea‐plena は「八重で紫色の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Prunus lannesiana 'Purpurea‐plena'

★八重に咲く紫の花めずらしく
 その豪華さにそっと溜息

ヤエムラサキザクラ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

ゼンショウジキクザクラ130423b-l.jpg善正寺菊桜(ゼンショウジキクザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
サトザクラの1種で、ヤマザクラ系の品種である。
原木は石川県羽咋郡の善正寺にあり、樹高は12メートルほどある。
樹齢は500年くらいと推定されており、昭和58年に県指定の天然記念物とされている。
特徴は菊咲きをすることである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
開花時期は4月の下旬くらいである。
蕾のうちは淡い紅色だが、開花後の花の色は白い。
花径は4センチくらいで、花弁数は100枚から200枚くらいある。
満開時の花は球状で、雌しべはが葉化するものもある。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、稀に結実をする。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の jamasakura は「ヤマザクラ」のことである。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus jamasakura 'Zenshoji-kikuzakura'

★石川は固有の桜が多いよう
 樹齢重ねて趣き深く

ゼンショウジキクザクラ130423a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

富士菊桜(フジキクザクラ)

フジキクザクラ130423a-l.jpg豆桜(マメザクラ)バラ科サクラ属の落葉低木ないし小高木である。
日本固有種である。
フォッサマグナ要素の植物で、富士山や箱根を中心とした山地に分布する。
このため別名を富士桜(フジザクラ)という。
富士菊桜(フジキクザクラ)はその園芸品種である。
園芸品種ではあるが、原木は実際に静岡県富士宮市の天子岳にあったもので、1962年に発見された。
その後、1977年に同市の大石寺に移植され、1981年に品種登録された。
特徴は名前の通り菊咲きをすることである。
樹高は2メートルから5メートルくらいである。
葉は小形の倒卵形ないし卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は鋭く尖り、つけ根は円形ないし楔形である。
縁には鋭い重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
柄は長さが1センチくらいで軟毛が生える。
表面にも裏面にも毛が生える。
開花時期は4月である。
葉の展開に先立って開花する。
花の色は白く、花弁数は50枚から300枚くらいある。
花径は3センチ前後の中輪である。
萼片は幅の広い三角形、萼筒は太い鐘形である。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の incisa は「鋭く裂けた」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Prunus incisa 'Fujikikuzakura'

★小さくも菊咲きをする富士桜
 華麗ながらも自然の溢れ

フジキクザクラ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


平戸躑躅(ヒラドツツジ)

ヒラドツツジ070321a-l.jpg平戸躑躅(ヒラドツツジ)はツツジ科ツツジ属の常緑低木である。
長崎県平戸市で育成された園芸品種の総称である。
平戸市の崎方公園には300種からなる原木園があるという。
平戸は江戸時代に貿易が盛んで、各地から植物も持ち込まれた。
本種は慶良間躑躅(ケラマツツジ)、黐躑躅(モチツツジ)、岸躑躅(キシツツジ)、琉球躑躅(リュウキュウツツジ)、台湾山躑躅(タイワンヤマツツジ)などが交雑して生まれた。
樹高は1メートルから2メートルである。
よく枝分かれをして株立ち状となる。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は丸く、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉には短い毛が生える。
開花時期は4月から5月である。
花の色には淡い紅色、紅紫色、朱色、白などがある。
花冠は深く5つに裂ける。
雄しべは10本、雌しべは1本である。
結実はしない。
花言葉は「愛の喜び」である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の pulchrum は「美しい」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron x pulchrum

★その数が三百という物凄さ
 平戸躑躅は江戸の文明

ヒラドツツジ070321b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

鵯桜(ヒヨドリザクラ)

ヒヨドリザクラ100503a-l.jpg鵯桜(ヒヨドリザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
サトザクラの仲間で、カスミザクラ系である。
江戸時代の元禄年間からその名が登場し、1916年に三好学博士によって記載された。
その後、長い間、絶滅したものと考えられていた。
しかし、1970年に石川県七尾市にあったものが再発見された。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉や葉の柄、花の柄に毛が生える。
開花時期は4月から5月で、遅咲きである。
花径4センチくらいの濃い紅色の大輪で、菊咲きをする。
花弁数は300枚から450枚くらいあり、咲き進むと球形になる。
雌しべが葉化するのが特徴である。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の lannesiana はフランス人の園芸家「ランヌ(Lannes)さんの」という意味である。
品種名の Longipedunculata は「長い花柄の」という意味である。
写真は5月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
3枚目は4月に富山県中央植物園で撮った。

学名:Prunus lannesiana 'Longipedunculata'

★鵯の羽根を思わす桜とか
 花の歴史の長きを思い

ヒヨドリザクラ100503b-l.jpg

ヒヨドリザクラ130423a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


黄金黐(オウゴンモチ)

オウゴンモチ080427a-l.jpg黐の木(モチノキ)モチノキ科モチノキ属の常緑高木である。
本州から沖縄にかけて分布し、山野に生える。
また、庭木とされる。
黄金黐(オウゴンモチ)はその園芸品種である。
神奈川県相模原市で発見され育成された。
樹高は4メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は厚い革質で艶がある。
本種の場合は、新芽が鮮やかな黄金色で、夏になっても濃い緑色にはならず明るい色である。
また、夏に伸びる再萌芽も黄金色で、そのままの色で冬を越す。
開花時期は4月から5月である。
雌雄異株である。
葉の脇に目立たない黄緑色の小さな花をつける。
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、赤く熟する。
属名の Ilex はラテン語の「ilex(セイヨウヒイラギ)」からきている。
種小名の integra は「全縁の」という意味である。
写真は3月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:llex integra 'Ougon'

★きらきらと花咲くごとく葉を伸ばす
 黄金黐は陽光浴びて

オウゴンモチ080427b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

源氏唐子(ゲンジカラコ)

ゲンジカラコ100313a-l.jpg藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
源氏唐子(ゲンジカラコ)もその園芸品種の1つである。
江戸古典種である。
1859年発行の「椿伊呂波名寄色附」にその名が記載されている。
樹高は1メートルから3メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
八重・唐子咲きの中輪(花径7センチから9センチ)で、淡い桃地に白覆輪で、外弁は重ねの少ない八重である。
唐子咲きというのは、花芯の雄しべ全体や葯(花粉の入った袋)が小さな花弁に変形したものを指す。
源氏唐子(ゲンジカラコ)の場合は不完全な唐子咲きである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(G. J. Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Genjikarako'

★名の由来尋ねて知った唐子咲き
 もっと知りたい椿の秘密

ゲンジカラコ100313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

雲竜(ウンリュウ)

ウンリュウ100307a-l.jpg藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
雲竜(ウンリュウ)もその園芸品種の1つである。
樹高は1メートルから3メートルである。
枝が自然に捻れ曲がり、「竜」のような枝ぶりになるというのが名の由来である。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
八重・筒咲き・筒しべの中輪(花径7センチから9センチ)で、花の色は濃い紅色である。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(G. J. Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Unryu'

★雲竜の由来を知って笑み浮かぶ
 名とは異なり花慎ましく

ウンリュウ100307b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


空蝉(ウツセミ)

ウツセミ100313a-l.jpg藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
空蝉(ウツセミ)もその園芸品種の1つである。
江戸古典種である。
1859年発行の「椿伊呂波名寄色附」にその名が記載されている。
樹高は1メートルから3メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
八重咲き・筒しべの中輪(花径7センチから9センチ)で、花の色は白い。
「空蝉」は古語の現人(うつしおみ)が転訛したもので、現世を意味する。
また、源氏物語に登場する女性の通称として知られる。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(G. J. Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Utsusemi'

★何ゆえにつけた名前か空蝉は
 どうかかわるか物語とは

ウツセミ100313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

伊勢大白(イセタイハク)

イセタイハク100307a-l.jpg藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
伊勢大白(イセタイハク)もその園芸品種の1つである。
三重県の民家で栽培された品種である。
1961年に佐藤稔さんによって発表された。
樹高は1メートルから3メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3月から4月である。
八重・蓮華咲きの大輪(花径10センチから12センチ)で、花の色は白い。
筒しべで、時に旗弁(きべん:雄しべが花弁のように変化したもの)となる。
「大白」は大きな杯を意味する言葉である。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(G. J. Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Ise-taihaku'

★ここに咲く椿が見せる存在感
 肌に感じつ小路歩んで

イセタイハク100307b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7