ブッドレア・ホワイト

ブッドレア・ホワイト080705a-l.jpg

房藤空木(フサフジウツギ)はフジウツギ科フジウツギ属の落葉低木である。
分類体系によってはゴマノハグサ科とされる。
属名からきたブレッドレアの名でも流通している。
原産地は中国である。
日本へは明治時代にヨーロッパで改良されたものが渡ってきた。
ブッドレア・ホワイトはそうした園芸品種の1つである。
特徴は花の色が白いことである。
樹高は1メートルから3メートルである。
葉は卵状の楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の裏面には毛が密生していて白い。
開花時期は7月から10月である。
細い枝を広げて円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、白い花をたくさんつける。
花は上側に向いて咲くので下面には少ない。
花はよい香りがする。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
全体にサポニンを含み有毒である。
属名の Buddleja はイギリスの牧師で植物学者だった「バドル(Adam Buddle, 1662-1715)さん」の名からきている。
種小名の davidii はフランス人の宣教師で植物収集家だった「ダビット(Armand David, 1826-1900)さんの」という意味である。
写真は7月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Buddleja davidii 'White'

★白花はどこか清楚に見えるよね
 今が盛りと乱れ咲きして

ブッドレア・ホワイト080705c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年8月19日 09:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黄紋八手(キモンヤツデ)」です。

次のブログ記事は「ブッドレア・ロイヤルレッド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7