2012年8月アーカイブ

小向日葵(コヒマワリ)

コヒマワリ050820b-l.jpg

小向日葵(コヒマワリ)はキク科ヒマワリ属の多年草である。
北アメリカで生まれた園芸品種である。
草丈は60センチから180センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の色は濃い緑色である。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7月から8月である。
花径6センチから8センチくらいの濃い黄色の花(頭花)を咲かせる。
真ん中の筒状花が八重の花弁のようになって美しい。
属名の Helianthus はギリシャ語の「helios(太陽)+anthos(花)」からきている。頭花の様子や日に向いて開くことなどから名づけられた。
種小名の multiflorus は「たくさん花が咲く」という意味である。
写真は8月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Helianthus x multiflorus

★大きくてだけど名前は小向日葵
 青空の下黄色が似合い

コヒマワリ050820a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



リクニス'ジェニー'060506b-l.jpg

シレネ・フロスククリ(Silene flos-cuculi subsp. flos-cuculi)はナデシコ科マンテマ属(シレネ属)の多年草である。
シレネ属は分類の仕方によって異なるが世界に700種くらいが分布する。
属名の和名はマンテマ属という。
マンテマの由来については、浜辺マンテマ(Silene martima)の学名にある「マルティマ」が転訛したなどの説がある。
なお、シレネ・フロスククリは以前はナデシコ科センノウ属(リクニス属)に分類されていた。
この場合の名称はリクニス・フロスククリ(Lychnis flos-cuculi)という。
分子系統学的研究の結果、マンテマ属に統合される方向にあり、YList や Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist でもマンテマ属を標準名としている。
基本種はヨーロッパ、コーカサス、シベリアなどに分布し、湿った草地に生える。
和名を郭公仙翁(カッコウセンノウ)という。
開花時期は5月から6月で、花径2センチくらいのピンクの花を咲かせる。
花弁は5枚で、先が4つに深く裂ける。
ジェニー(Jenny)はその八重咲きの園芸品種である。
イギリスのブルームス社のライナー・クレツ(Rainer Kretz)さんによって作出された。
草丈は30センチから70センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から8月である。
花径3センチから4センチの八重咲きのピンクの花を、茎先に数輪ずつつける。
属名の Silene はギリシャ神話の「シレネス(Silenes、バッカスの養父)」からきている。この属には粘液性の分泌液を出すものが多いので、これを酔って泡だらけになった様子にたとえた。
属名の Lychnis はギリシャ語の「lychnos(ランプ)」からきている。アリストテレスの弟子のテオフラストスが用いた。
種小名と亜種名の flos-cuculi は「カッコウの鳴くころ咲く花」という意味である。
園芸品種名の Jenny は女性名で、作出者の夫人の名からきている。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Silene flos-cuculi subsp. flos-cuculi 'Jenny' (異名:Lychnis flos-cuculi 'Jenny' )

★奥様の名前をつけた花という
 ピンクの八重は霞のように

リクニス'ジェニー'060506c-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/08/03 改訂

花図鑑

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






サンパチェンス

サンパチェンス090928a-l.jpg

サンパチェンスはツリフネソウ科ツリフネソウ属の多年草である。
インパチェンスやニューギニアインパチェンスなど、インパチェンスの仲間の交配種である。
直射日光にも耐えられるように改良された品種群である。
サカタのタネが開発し、商標登録されている。
二酸化炭素、二酸化窒素、ホルムアルデヒドなどの吸収能力が高く、環境浄化植物として注目されている。
草丈は40センチから80センチくらいである。
葉は卵形で、車軸状につく(輪生)。
開花時期は6月から10月くらいである。
花径は5、6センチで、花の色は白、赤、橙色、赤紫色などである。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
品種名はオレンジである。
学名:Impatiens x hybrida 'SunPatiens'

★陽射しにも負けない花をつくろうと
 絞った知恵がエコに役立ち

サンパチェンス090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



アベリア・ホープレイズ

アベリア・ホープレイズ080705b-l.jpg

アベリア(Abelia)はスイカズラ科ツクバネウツギ属の半常緑低木である。
アベリアは属名だが、和名を花園衝羽根空木(ハナゾノツクバネウツギ)というアベリア・グランディフローラを指すことが多い。
野生種を元につくられた園芸品種である。
台湾衝羽根空木(タイワンツクバネウツギ:Abelia chinensis)とアベリア・ウニフロラ(Abelia uniflora)の交雑種だと考えられている。
中国で作出され、日本へは大正時代に渡来した。
アベリア・ホープレイズはその改良された品種の1つである。
特徴は、葉に白い斑が入ることである。
樹高は1メートルくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質はやや厚く、艶がある。
開花時期は7月から10月くらいである。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白ないし淡い紅色を帯びた花をつける。
花冠は鐘形で、長さが2センチくらい、花径が1センチくらいである。
筒部は淡い紅色を帯び、先は5つに裂けて開き、色は白い。
萼片は5枚である。
雄しべは4本、雌しべは1本である。
花にはよい香りがある。
属名の Abelia はイギリス人の医師「アベル(C. Abel)さん」の名からきている。
種小名の grandiflora は「大きな花の」という意味である。
写真は7月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Abelia x grandiflora 'Hopleys'

★葉の色が目映いほどに美しく
 花は清楚に息長く咲き

アベリア・ホープレイズ080705c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7