オサラン属の最近のブログ記事

筬蘭(オサラン)

オサラン120709a-l.jpg

筬蘭(オオオサラン)はラン科オサラン属(エリア属)の多年草である。
エリア属はアジアの熱帯・亜熱帯地方に広く分布する。
400種以上があり、着生種が多い。
日本にも本種などが分布し、属名の和名はオサラン属という。
本種は伊豆諸島、紀伊半島、四国、九州、沖縄に分布し、山地の樹の幹や岩の上に生える着生種である。
海外では、台湾にも分布する。
「筬」というのは織機の付属具のことで、角張った卵形の偽球茎が並んでいる様子をたとえたものである。
中国名は高山絨蘭(gao shan ge lan)という。
環境省のレッドリスト(2012)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
花が地味なためにあまり園芸化はされていない。
草丈は5センチから10センチくらいである。
高さ2センチくらいの楕円形の偽球茎(バルブ)が一列に数個並ぶ。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は6月から7月くらいである。
偽球茎(バルブ)の間から花茎を出し、花径10ミリから15ミリくらいの白い花を1輪から3輪くらいつける。
唇弁は幅の広いくさび形で3つに裂け,真ん中の裂片は黄色い。
属名の Eria はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛の生える種類が多いことから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は7月に京都府立植物園で撮った。
学名:Eria japonica

★小さくて目を細めねばその姿
 よく見えぬけど繊細な花

オサラン120709b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

エリア・タオ

エリア・タオ120313a-l.jpg

エリア・タオはラン科オサラン属(エリア属)の多年草である。
エリア属はアジアの熱帯・亜熱帯地方に広く分布する。
400種以上があり、ほとんどが着生種である。
日本にも筬蘭(オサラン)などが分布するので、属名の和名をオサラン属という。
本種の原産地は中国の海南島とベトナムである。
標高500メートルから2200メートルの森の中の樹木に生える着生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は夏から秋である。
茎先に花径2センチくらいの黄白色で赤い縦筋の入る花を1輪ずつつける。
唇弁は白く、縁には黄色や赤が交じる。
属名の Eria はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛の生える種類が多いことから名づけられた。
種小名の thao は地名由来のようだがはっきりしない。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Eria thao

★渋いけど彩織る色は美しく
 真綿みたいな毛にくるまれて

エリア・タオ120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



エリア・テヌイフローラ

エリア・テヌイフローラ120313a-l.jpg

エリア・テヌイフローラはラン科オサラン属(エリア属)の多年草である。
エリア属はアジアの熱帯・亜熱帯地方に広く分布する。
400種以上があり、ほとんどが着生種である。
日本にも筬蘭(オサラン)などが分布するので、属名の和名をオサラン属という。
本種の原産地はベトナム、タイ、ミャンマー、ラオス、マレーシア、インドネシアなどである。
標高600メートルから1300メートルの森の中の樹木に生える着生種である。
草丈は20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は夏である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
属名の Eria はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛の生える種類が多いことから名づけられた。
種小名の tenuiflora は「薄い花の」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Eria tenuiflora

★大きくは開かずに咲く花らしい
 釣鐘みたいなテヌイフローラ

エリア・テヌイフローラ120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



エリア・ムルティフローラ

エリア・ムルティフローラ120313a-l.jpg

エリア・ムルティフローラはラン科オサラン属(エリア属)の多年草である。
エリア属はアジアの熱帯・亜熱帯地方に広く分布する。
400種以上があり、ほとんどが着生種である。
日本にも筬蘭(オサラン)などが分布するので、属名の和名をオサラン属という。
本種の原産地はインドネシアである。
ジャワ島、スマトラ島、バリ島に分布し、標高1400メートルから2100メートルの森の中の樹木に生える着生種である。
草丈は20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)ほ出し、白い小さな花を鈴なりにつける。
唇弁はピンクである。
属名の Eria はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛の生える種類が多いことから名づけられた。
種小名の multiflora は「たくさん花が咲く」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Eria multiflora

★日本ではめったに見られぬ花らしい
 謎を解くのもまた楽しくて

エリア・ムルティフローラ120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



 

オオオサラン091010b-l.jpg大筬蘭(オオオサラン)はラン科オサラン属の多年草である。
鹿児島県の屋久島から沖縄県にかけて分布し、山地の樹の幹や岩の上に生える着生種である。
海外では、台湾、中国、東南アジアなどにも分布する。
別名を穂咲き筬蘭(ホザキオサラン)という。
環境省のレッドリスト(2007)では、「?A類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
「筬」というのは織機の付属具のことで、角張った卵形の偽球茎が並んでいる様子を譬えたものである。
草丈は20?25センチくらいである。
葉は披針形である。
開花時期は9?10月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径1センチくらいの淡い黄白色をした花をつける。
写真は10月に神代植物公園の野草展で撮った。
学名:Eria corneri

★また一つ沖縄の蘭見つけたよ
 南の島は花の楽園

オオオサラン091010c-l.jpg

今日の花ドットコム

花図鑑

エリア・ロセア

エリア・ロセア100105a-l.jpg

エリア・ロセアはラン科オサラン属(エリア属)の多年草である。
エリア属はアジアの熱帯・亜熱帯地方に広く分布する。
400種以上があり、着生種が多い。
日本にも筬蘭(オサラン)などが分布するので、属名の和名をオサラン属という。
本種の原産地は中国である。
広東省、海南島、香港に分布し、標高500メートルから1300メートルの森の中の樹木に生える着生種である。
草丈は20センチから25センチくらいである。
葉は長い披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
花径は2センチくらいである。
花の色は淡いピンクで、下向きに咲く。
唇弁は朱色である。
香りはない。
属名の Eria はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛の生える種類が多いことから名づけられた。
種小名の rosea は「バラ色の」という意味である。
写真は1月に小石川植物園で撮った。
学名:Eria rosea

★この次は生きのいい花撮りたいな
 日本であまり見かけないから

エリア・ロセア100105b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/04/28改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



エリア・レイオフィラ

エリア・レイオフィラ081207a-l.jpgエリア・レイオフィラはラン科オサラン属(エリア属)の常緑多年草である。
エリア属はアジアの熱帯・亜熱帯地方に広く分布する。
400種以上があり、ほとんどが着生種である。
日本にも筬蘭(オサラン)などが分布するので、属名の和名をオサラン属という。
本種の原産地はマレー半島、カリマンタン島、スマトラ島などである。
標高800メートルから2000メートルの森に生える着生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
花の色は黄色で、唇弁は紅色である。
花径は2センチくらいである。
属名の Eria はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛の生える種類が多いことから名づけられた。
種小名の leiophylla は「滑らかな葉の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Eria leiophylla

★花びらは小さいけれど魅惑的
 目をひきつける原色の花

エリア・レイオフィラ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/04/18改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちオサラン属カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはオクシストフィルム属です。

次のカテゴリはオドントグロッスム属です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7