カヤラン属の最近のブログ記事

榧蘭(カヤラン)

カヤラン100501a-l.jpg

榧蘭(カヤラン)はラン科カヤラン属(トリクススペルムム属)の多年草である。
トリクススペルムム属は東南アジアや南太平洋、オーストラリアなどに150種くらいが分布する。
日本にも本種が分布し、属名の和名をカヤラン属という。
本種は本州の岩手県から九州にかけて分布し、樹幹や岩上に生える着生種である。
環境省のレッドデータには登録されていないが、多くの都府県で絶滅危惧種に指定されている。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国の南部などにも分布する。
和名の由来は、葉が針葉樹の榧(カヤ)に似ることからきている。
草丈は3センチから10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月から5月である。
葉の脇に小さな淡い黄色の花を2輪から5輪くらいつける。
花径は7、8ミリで、全開はしない。
唇弁は浅い袋状で、内側に紫褐色の斑が入る。
一日花である。
花言葉は「天性の華のある」である。
属名の Thrixspermum はギリシャ語の「thrix(毛)+spermum(種子)」からきている。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
写真は5月に日比谷公園の野草展(むさしの山草会)で撮った。
学名:Thrixspermum japonicum(syn. Sarcochilus japonicus)

★こんなにも小さな花が咲くのかと
 目を細くして驚くばかり

カヤラン100501b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカヤラン属カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはフラグミペディウム属です。

次のカテゴリはプテロスティリス属です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7