エリデス属の最近のブログ記事

エリデス・ローレンセアエ

エリデス・ローレンセアエ131008a-l.jpg

エリデス・ローレンセアエはラン科エリデス属の常緑多年草である。
エリデス属はアジアの熱帯地方に20種くらい分布する着生種である。
属名の読み方は「アエリデス」とするものもある。
本種の原産地はフィリピンで、ミンダナオ島やセブ島の標高500メートルまでの地域に生える。
和名はフィリピン名護蘭(フィリピンナゴラン)というが、あまり使われていない。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 3.1, 2001)では絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。
草丈は100センチから150センチくらいになる。
茎は立ち上がり、披針形(笹の葉のような形)の葉を左右2列につける。
開花時期は9月から12月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白地に紅紫色の斑が入る花径4センチくらいの花をたくさんつける。
花はよい香りがする。
属名の Aerides はギリシャ語の「aer(空気)+eides(に似る)」からきている。樹木の高い位置に生える姿から名づけられた。
種小名の lawrenceae はイギリス王立園芸協会の総裁だった「ローレンス(James John Trevor Lawrence, 1831-1913)さん」の夫人の名からきている。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Aerides lawrenceae

★北国の植物園の温室に
 南国の花ひっそりと咲き

エリデス・ローレンセアエ131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちエリデス属カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアガニシア属です。

次のカテゴリはリンコスティリス属です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7