ツニア属の最近のブログ記事

ツニア・マーシャリアナ

ツニア・マーシャリアナ090627a-l.jpg

ツニア・マーシャリアナはラン科ツニア属の多年草である。
ツニア属は中国の南部からインドの北部にかけて5種くらい分布する着生種である。
本種の原産地は中国の南部、ミャンマー、タイである。
標高1000メートルから2300メートルの岩場や樹木に生える。
草丈は50センチから80センチくらいである。
バルブは棒状で、披針形(笹の葉のような形)の葉が互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月から8月である。
茎先に大形の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い花を数輪つける。
花は長さが10センチから12センチくらいある。
唇弁はとさか状に隆起した部分が黄橙色をしている。
花はよい香りがする。
属名の Thunia はボヘミアのラン収集家「ツン・ホーエンシュタイン(Thun Hohenstein, 1786-1873)さん」の名からきている。
種小名の marshalliana はイギリス人のラン採集家「マーシャル(Marshall, 1800's)さんの」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Thunia marshalliana

★小所帯のツニアだけど分類は
 むずかしそうだ違いいろいろ

ツニア・マーシャリアナ090627b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



ツニア・アルバ

ツニア・アルバ090726a-l.jpg

ツニア・アルバはラン科ツニア属の多年草である。
ツニア属は中国の南部からインドの北部にかけて5種くらい分布する着生種である。
本種の原産地も中国の南部からインドの北部にかけてである。
標高100メートルから2300メートルの岩場や樹木に生える。
草丈は30センチくらいである。
バルブは棒状で、披針形(笹の葉のような形)の葉が互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月から8月である。
茎先に大形の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い花を数輪つける。
花は長さが6センチから8センチくらいある。
唇弁は隆起した部分が黄橙色をしている。
花はよい香りがする。
属名の Thunia はボヘミアのラン収集家「ツン・ホーエンシュタイン(Thun Hohenstein, 1786-1873)さん」の名からきている。
種小名の alba は「白い」という意味である。
写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Thunia alba

★小所帯のツニアの仲間いまここで
 目にできるとは何と幸運

ツニア・アルバ090726b-l.jpg

ツニア・アルバ090726c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちツニア属カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスタンホペア属です。

次のカテゴリはゴンゴラ属です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7