ネジバナ属の最近のブログ記事

ナンゴクネジバナ090503a-l.jpg

南国捩花(ナンゴクネジバナ)はラン科ネジバナ属の多年草である。
別名を南国綟摺(ナンゴクモジズリ)ともいう。
鹿児島県の奄美諸島から沖縄にかけて分布し、低地の草原に生える。
海外では、台湾にも分布する。
日本の各地に分布する捩花(ネジバナ)との違いは、大形で色彩も派手であり、花穂や子房に毛が生えていないことである。
草丈は20センチから30センチくらいである。
根際から生える葉は幅の広い線形である。
茎には披針形の鱗片葉がつく。
自生地での開花時期は3月から4月くらいである。
螺旋状にねじれた穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、桃色や紅紫色の花を横向きにつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Spiranthes はギリシャ語の「speira(螺旋)+anthos(花)」からきている。花穂が捩れて螺旋状に花がつくことから名づけられた。
種小名の sinensis は「中国の」という意味である。
写真は5月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Spiranthes sinensis

★なるほどね捩花だけどこりゃ派手だ
 南の島がいかにも似合い

ナンゴクネジバナ090503d-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちネジバナ属カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはニュウメンラン属です。

次のカテゴリはバニラ属です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7