クモキリソウ属の最近のブログ記事

リパリス・パルビフロラ

リパリス・パルビフロラ141225a-l.jpg

リパリス・パルビフロラはラン科クモキリソウ属(リパリス属)の多年草である。
リパリス属は世界に広く400種くらい分布する地生種で、中には着生種もある。
日本にも雲切草(クモキリソウ)などが分布するので、属名の和名をクモキリソウ属という。
本種の原産地はフィリピン、タイ、マレーシア、インドネシア、ニューギニアなどである。
標高0メートルから2000メートルの林の中に生える地生種である。
草丈は20センチから70センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は10月から1月である。
長く伸びた茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、緑色の小さな花をたくさんつける。
花径は6ミリくらいである。
唇弁は橙色である。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の parviflora は「小さな花の」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Liparis parviflora

★虫眼鏡ほしくなるほど小さいが
 花のつくりはとても繊細

リパリス・パルビフロラ141225b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



幽谷蘭(ユウコクラン)

ユウコクラン100605a-l.jpg

幽谷蘭(ユウコクラン)はラン科クモキリソウ属(リパリス属)の多年草である。
リパリス属は世界に広く400種くらい分布する地生種で、中には着生種もある。
日本にも雲霧草(クモキリソウ)などが分布するので、属名の和名をクモキリソウ属という。
本種は九州の南部から沖縄にかけてと伊豆七島に分布し、山地の林の中に生える。
海外では、台湾、中国南部、東南アジア、インド、ヒマラヤなどにも分布する。
草丈は20センチから40センチくらいである。
葉は幅の広い楕円形で、2枚から5枚くらいつく。
葉は暗い緑色で厚みがあり、艶がある。
開花時期は4月から6月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、暗い紅紫色の花をつける。
花の色は黄緑色のものもある。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の formosana は「台湾の」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Liparis formosana(syn. Liparis bituberculata var. formosana)

★南国に咲く蘭の花大柄で
 見栄えがするねこの仲間でも

ユウコクラン100605b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

キノエササラン111004a-l.jpg

木の上笹蘭(キノエササラン)はラン科クモキリソウ属の多年草である。
日本固有種である。
奄美大島のみに分布し、樹幹に生える着生種である。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
草丈は20センチくらいである。
葉は細長い卵形で2枚ある。
葉の質は革質である。
開花時期は10月から1月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い緑褐色の花を数輪つける。
花径は2センチに満たない。
近縁種の竹蕙蘭(チケイラン:Liparis bootanensis)と区別しない見解もある。
違いは本種の髄柱(白っぽい柱状の器官)に鉤状の翼がないことだという。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。

種小名の uchiyamae は小石川植物園の園丁長だった「内山富次郎(うちやま・とみじろう, 1851-1915)さんの」という意味である。
写真は10月に神代植物公園で撮った。
学名:Liparis uchiyamae

★木の上に生えて葉っぱは笹のよう
 そんな名前が愛らしいよね

キノエササラン111004b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


リパリス・ギガンティア

リパリス・ギガンティア120313a-l.jpg

リパリス・ギガンティアはラン科クモキリソウ属(リパリス属)の多年草である。
リパリス属は世界に広く400種くらい分布する地生種で、中には着生種もある。
日本にも雲霧草(クモキリソウ)などが分布するので、属名の和名を「クモキリソウ属」という。
本種の原産地は台湾、中国、インドシナ半島などである。
標高500メートルから1700メートルの林の中に分布する地生種である。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は10月から1月である。
長く伸びた茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、暗い紫色の花をたくさんつける。
茎の色も暗い紫色になる。
大きな唇弁の縁には細かなぎざぎざがある。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の gigantea は「巨大な」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Liparis gigantea

★なかなかに迫力のある姿だよ
 森の中では見つけにくそう

リパリス・ギガンティア120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



リパリス・ヘンリー

リパリス・ヘンリー120313a-l.jpg

リパリス・ヘンリーはラン科クモキリソウ属(リパリス属)の多年草である。
リパリス属は世界に広く400種くらい分布する地生種で、中には着生種もある。
日本にも雲霧草(クモキリソウ)などが分布するので、属名の和名を「クモキリソウ属」という。
本種の原産地は台湾である。
恒春半島の標高150メートルから950メートルに分布する地生種である。
草丈は30センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は春である。
長く伸びた茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、紫色の花をたくさんつける。
花径は2、3センチである。
唇弁の縁には細かなぎざぎざがある。
また、唇弁の色は淡い緑色から紅紫色に変わる。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の henryi はアイルランド人の植物収集家「ヘンリー(Augustine Henry, 1857-1930)さんの」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Liparis henryi

★見るからに虫思わせる花姿
 変わっているねリパリスの仲

リパリス・ヘンリー120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


リパリス・ジャバニカ

リパリス・ジャバニカ091129a-l.jpg

リパリス・ジャバニカはラン科クモキリソウ属(リパリス属)の多年草である。
原産地はインドネシアのジャワ島である。
種小名の読み方は「ジャワニカ」と表示するものもある。
草丈は20センチくらいである。
葉は腎円形で1枚がつき、大きい。
開花時期は不明だが、撮影地では秋から冬に咲いていた。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、緑色の小さな花をたくさんつける。
花の色は異なるが形は鈴虫草(スズムシソウ)に似ていて唇弁が大きい。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の javanica は「ジャワ島の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Liparis javanica

★この花の形は見慣れているけれど
 色が違うねいろいろあるな

リパリス・ジャバニカ091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



リパリス・クラビゲラ

リパリス・クラビゲラ091129a-l.jpg

リパリス・クラビゲラはラン科クモキリソウ属(リパリス属)の多年草である。
原産地はインドネシアのジャワ島である。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は不明だが撮影地では秋から冬に咲いていた。
長く伸びた茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、オレンジ色の小さな花をたくさんつける。
花径は5ミリくらいで、とても小さい。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の clavigera は「棍棒のある」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Liparis clavigera

★棍棒に見立てた部分がよく目立つ
 オレンジ色のクラビゲラ咲く

リパリス・クラビゲラ091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



リパリス・カエスピトサ

リパリス・カエスピトサ091129a-l.jpg

リパリス・カエスピトサはラン科クモキリソウ属(リパリス属)の多年草である。
原産地は中国の雲南省、ヒマラヤ、東南アジア、インド、南アジア、南太平洋、インド洋、東アフリカなどである。
標高400メートルから1900メートルの林の中に生える。
異名をリパリス・ケスピトサ(Liparis cespitosa)という。
草丈は20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は春から夏である。
長く伸びた茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄橙色の小さな花をたくさんつける。
花径は5ミリくらいで、とても小さい。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の caespitosa は「群がって生える」という意味である。
種小名の cespitosa は「房になって育つ」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Liparis caespitosa(=Liparis cespitosa)

★小さくて花の姿も裸眼では
 はっきりしないカエスピトサは

リパリス・カエスピトサ091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



リパリス・メリリー

リパリス・メリリー091129a-l.jpg

リパリス・メリリーはラン科クモキリソウ属(リパリス属)の多年草である。
原産地はフィリピンである。
草丈は10センチくらいである。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は秋である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、朱色の小さな花をたくさんつける。
花径はとても小さい。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の merrillii はアメリカの植物分類学者「メリル(Elmer Drew Merrill, 1876-1956)さんの」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Liparis merrillii

★この花はどんな仕組みで咲いてるの
 不思議な姿に首をかしげつ

リパリス・メリリー091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



リパリス・ビリディフローラ

リパリス・ビリディフローラ091129a-l.jpg

リパリス・ビリディフローラはラン科クモキリソウ属(リパリス属)の多年草である。
原産地は台湾、中国、東南アジア、ヒマラヤ、南アジア、ニューギニアなどである。
標高300メートルから2500メートルの林の中に生える(着生、地生、岩生)。
草丈は25センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は秋である。
長く伸びた茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、緑色の小さな花をたくさんつける。
花径は5ミリくらいで、とても小さい。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の viridiflora は「緑色の花の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Liparis viridiflora

★いかにもの小さな花に笑み漏れる
 雲切草の仲間ださすが

リパリス・ビリディフローラ091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちクモキリソウ属カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはキバナシュスラン属です。

次のカテゴリはクリステンソニア属です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7