マスデバリア属の最近のブログ記事

マスデバリア・クサンティナ

マスデバリア・クサンティナ120313a-l.jpg

マスデバリア・クサンティナはラン科マスデバリア属の多年草である。
マスデバリア属は中南アメリカの山岳部に分布する着生種で、350種くらいある。
本種の原産地はコロンビア、エクアドル、ペルーである。
標高1500メートルから2800メートルの冷涼な雲霧林に生える着生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉は楕円形である。
開花時期は冬である。
花径4センチくらいで長さが8センチくらいある花を茎先に1輪ずつつける。
花の色は白から黄色である。
萼片の先が尾状に下垂し、この部分の色は黄色ないし橙色である。
属名の Masdevallia はスペイン人の植物学者「マスデバル(Jose Masdevall, ?1740-1801)さん」の名からきている。
種小名の xanthina は「黄色の」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Masdevallia xanthina

★垂れ下がる尻尾がなんだか不思議だね
 マスデバリアの奇妙な姿

マスデバリア・クサンティナ120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



マスデバリア・アヤバカナ

マスデバリア・アヤバカナ120313a-l.jpg

マスデバリア・アヤバカナはラン科マスデバリア属の多年草である。
マスデバリア属は中南アメリカの山岳部に分布する着生種で、350種くらいある。
本種の原産地はペルーである。
標高1200メートルから1800メートルの冷涼な雨林に生える着生種である。
草丈は20センチから35センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は春から夏である。
花径3センチくらいの花を茎先に1輪ずつつける。
花の色は暗い紅紫色で、花被片の先にオレンジ色の斑が入る。
属名の Masdevallia はスペイン人の植物学者「マスデバル(Jose Masdevall, ?1740-1801)さん」の名からきている。
種小名の ayabacana は「(ペルー北西部の)アヤバカ郡(Ayabaca Province)の」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Masdevallia ayabacana

★品の良い色に思わず見とれるね
 湿った森が故郷の花

マスデバリア・アヤバカナ120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



マスデバリア・キビリス

マスデバリア・キビリス120313a-l.jpg

マスデバリア・キビリスはラン科マスデバリア属の多年草である。
種小名の読み方は「キウィリス」とするものもある。
マスデバリア属は中南アメリカの山岳部に分布する着生種で、350種くらいある。
本種の原産地はコロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ペルーである。
標高2000メートルから3000メートルの冷涼な雲霧林に生える着生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は春である。
花径4センチくらいの花を茎先に1輪ずつつける。
花の色は黄色で、暗い紅紫色の斑が入る。
花はかすかな腐敗臭がする。
属名の Masdevallia はスペイン人の植物学者「マスデバル(Jose Masdevall, ?1740-1801)さん」の名からきている。
種小名の civilis は「上品な」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Masdevallia civilis

★上品な花の姿が魅惑的
 涼しい森が故郷の花

マスデバリア・キビリス120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



マスデバリア・ケラステス

マスデバリア・ケラステス120313a-l.jpg

マスデバリア・ケラステスはラン科マスデバリア属の多年草である。
マスデバリア属は中南アメリカの山岳部に分布する着生種で、350種くらいある。
本種の原産地はコロンビアである。
標高2200メートルから2600メートルの冷涼な雲霧林に生える着生種である。
草丈は15センチから25センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は夏から秋である。
花径5センチくらいの花を茎先に1輪ずつつける。
花の色は暗い紅紫色で、蛇の鎌首のように見える。
花はよい香りがする。
属名の Masdevallia はスペイン人の植物学者「マスデバル(Jose Masdevall, ?1740-1801)さん」の名からきている。
種小名の cerastes は「つののある」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Masdevallia cerastes

★鎌首をもたげた蛇を思わせる
 姿に見入るいかにもの蘭

マスデバリア・ケラステス120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



マスデバリア・デイビシー

マスデバリア・ディビシー091129a-l.jpg

マスデバリア・デイビシーはラン科マスデバリア属の多年草である。
原産地はペルーである。
標高3000メートルから4000メートルの山地の森の中で岩場などに生える着生種である。
生育する場所は高地の冷涼な雲霧林である。
草丈は15センチから25センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は春から夏である。
花径5センチくらいの花を茎先に1輪ずつつける。
花の色は明るい山吹色である。
萼片の先は尾状に伸びる。
花はよい香りがする。
属名の Masdevallia はスペイン人の植物学者「マスデバル(Jose Masdevall, ?1740-1801)さん」の名からきている。
種小名の davisii はイギリス人の植物収集家「デイビス(Walter Davis, 1847-1930)さんの」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Masdevallia davisii

★水仙を思わすようなデイビシー
 芳香を放つ岩場の乙女

マスデバリア・ディビシー091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



マスデバリア・オレアス

マスデバリア・オレアス091129a-l.jpg

マスデバリア・オレアスはラン科マスデバリア属の多年草である。
原産地はボリビアである。
標高2000メートルから2200メートルの山地の森の中で樹上に生える着生種である。
熱帯地域だが、場所は高地なので冷涼な雲霧林である。
草丈は15センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期はほぼ周年である。
花径3、4センチくらいの花を茎先に1輪ずつつける。
花の色は黄緑色で、内側は赤い。
花は萼片が合着して筒状となり、萼片の先は尾状に長く伸びる。
属名の Masdevallia はスペイン人の植物学者「マスデバル(Jose Masdevall, ?1740-1801)さん」の名からきている。
種小名の oreas は「オレイアス(Oreas:ギリシャ神話に登場する妖精の名)」からきている。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Masdevallia oreas

★どことなくピエロのような姿にも
 見える花だよ妖精だけど

マスデバリア・オレアス091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



マスデバリア・プミラ

マスデバリア・プミラ091129a-l.jpg

マスデバリア・プミラはラン科マスデバリア属の多年草である。
原産地は南アメリカのベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビアである。
標高500メートルから2350メートルの森の中で樹上に生える着生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
花径4センチくらいの緑白色の花を茎先に1輪ずつつける。
萼片の先は尾状に長く伸びる。
属名の Masdevallia はスペイン人の植物学者「マスデバル(Jose Masdevall, ?1740-1801)さん」の名からきている。
種小名の pumila は「小人のような」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Masdevallia pumila

★小さいがマスデバリアの特徴を
 はっきり示すプミラの花も

マスデバリア・プミラ091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちマスデバリア属カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはマキシラリア属です。

次のカテゴリはマツラン属です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7