レリア属の最近のブログ記事

レリア・ゴウルディアナ

レリア・ゴウルディアナ141227a-l.jpg

レリア・ゴウルディアナはラン科レリア属の多年草である。
属名の読み方はラエリアとするものもある。
レリア属はメキシコからブラジルにかけて50種ほどが分布し、樹木や岩肌にへばりつく着生種ないし岩生種である。
カトレア属に非常に近い仲間である(ブラジル原産のものは2009年からカトレア属に統合された)。
また、属間交雑により多くの園芸品種が生み出されている。
本種の原産地はメキシコ南部のイダルゴ州(Hidalgo)である。
標高1500メートルくらいの山地に生える。
草丈は60から90センチくらいである。
葉は肉厚の披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は11月から1月である。
花茎を伸ばし10輪くらいの花をつける。
花の色は濃い紅紫色である。
唇弁には濃い紫色や黄色の模様が入る。
花径は8センチくらいあり、よい香りがする。
属名の Laelia は古代ローマの女神の名からきている。
種小名の gouldiana はアメリカの資本家「グールド(Gould, 1800's)さんの」という意味である。
写真は12月に新宿御苑で撮った。
学名:Laelia gouldiana

★鮮やかな紅に思わず身も踊る
 ゴウルディアナは華やぎ咲いて

レリア・ゴウルディアナ141227b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



レリア・アンケプス

レリア・アンケプス141225a-l.jpg

レリア・アンケプスはラン科レリア属の多年草である。
属名の読み方はラエリアとするものもある。
レリア属はメキシコからブラジルにかけて50種ほどが分布し、樹木や岩肌にへばりつく着生種ないし岩生種である。
カトレア属に非常に近く、カトレア属に統合される場合もある。
また、属間交雑により多くの園芸品種が生み出されている。
本種はメキシコやホンジュラスに分布し、標高500から1500メートルのコーヒープランテーションやオークの森などに生え、樹木や岩に着生する。
草丈は60から120センチくらいである。
葉は肉厚の楕円形である。
開花時期は11月から1月である。
花の色は淡い紅紫色や白で、中心部分が濃い紫色や黄色の模様が入る。
花径は10センチくらいあり、よい香りがする。
属名の Laelia は古代ローマの女神の名からきている。
種小名の anceps は「茎に翼のある」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
ネットで画像を見ると紅紫色の比較的濃い色のものが多いが、撮影したものは白花であった。
かつては var. alba として区別されたが、現在ではシノニムとされている。
学名:Laelia anceps

★白花はあまり見ないよ日本では
 出合いの喜び沸々と湧き

レリア・アンケプス141225b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



レリア・プルプラタ

レリア・プルプラタ090524a-l.jpg

レリア・プルプラタはラン科レリア属の多年草である。
レリア属はカトレア属の近縁で、カトレア属に統合される場合もある。
属名の読み方は「ラエリア」とするものもある。
メキシコからブラジルにかけて50種ほどが分布し、樹木や岩肌にへばりついて生育する着生種である。
属間交雑により多くの園芸品種が生み出されている。
本種の原産地はブラジルで、低地に生える着生種である。
草丈は30センチから40センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は夏から秋である。
花径は15センチから20センチくらいあり大きい。
花の色は白く、唇弁はラッパ状で紅紫色をしている。
花の色は個体による変化が大きいという。
花はよい香りがする。
属名の Laelia はローマ神話に登場するかまどの女神ウェスタ(Vesta)に仕えた乙女の名からきている。
種小名の purpurata は「紅紫色の」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Laelia purpurata(=Cattleya purpurata)

★品がよく色も艶やかプルプラタ
 ブラジルの地に花を開いて

レリア・プルプラタ090524b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



レリア・ケッティエアナ

レリア・ケッティエアナ091129a-l.jpg

レリア・ケッティエアナはラン科レリア属の多年草である。
属名の読み方は「ラエリア」とするものもある。
カトレア属の近縁種である。
本種も日本洋蘭農業協同組合(JOGA)では2009年からカトレア属に分類するようになった。
したがって、異名をカトレア・ケッティエアナ(Cattleya kettieana)という。
ブラジルに分布し、標高1500メートルから2000メートルの森の中に生える着生種である。
草丈は5センチくらいである。
葉は卵形で革質である。
開花時期は春から夏である。
花径3センチくらいの花を茎先に1輪ずつつける。
花の色は淡い紅紫色である。
属名の Laelia はローマ神話に登場するかまどの女神ウェスタ(Vesta)に仕えた乙女の名からきている。
種小名の kettieana はデンマーク人のラン愛好家(Waras)の妻「ケティ(Kettie)さんの」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Laelia kettieana

★小さくてとても可愛い蘭の花
 山地の森にひっそりと咲き

レリア・ケッティエアナ091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちレリア属カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはルディシア属です。

次のカテゴリはロドリゲジエラ属です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7