エビデンドルム属の最近のブログ記事

エピデンドルム・ケントラデニウム130116a-l.jpg

エピデンドルム・ケントラデニウムはラン科エピデンドルム属の多年草である。
エピデンドルム属はカトレアの近縁種で、中南アメリカに1000種くらい分布する着生種である。
属名の読み方は「エピデンドラム」とするものもある。
本種の原産地は中央アメリカである。
ニカラグア、コスタリカ、パナマに分布し、標高1300メートルから1500メートルくらいの湿った森の樹上に生える。
分類の仕方によってはオエルステデラ属(Oerstedella)とされることもある。
種小名の読み方は「セントラデニウム」とするものもある。
草丈は20センチから50センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
花径2センチくらいの花を3輪から5輪くらいつける。
花の色は濃いピンクである。
桜姫千鳥(サクラヒメチドリ)という流通名もあるようである。
属名の Epidendrum はギリシャ語の「epi(上) + dendron(木)」からきている。着生種であることを示すために名づけられた。
種小名の centradenium はギリシャ語の「centron(真ん中) + aden(大きい)」からきている。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Epidendrum centradenium(syn. Oerstedella centradenia)

★この地区の蘭の分類難しい
 日本だけしか通じぬ名前も

エピデンドルム・ケントラデニウム130116b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



エピデンドルム・ラニペス

エピデンドルム・ラニペス091115a-l.jpg

エピデンドルム・ラニペスはラン科エピデンドルム属の多年草である。
エピデンドルム属はカトレアの近縁種で、中南アメリカに1100種くらい分布する大きな属である。
属名の読み方は「エピデンドラム」とするものもある。
本種の原産地はエクアドル、ボリビア、コロンビア、ペルーである。
標高700メートルから1500メートルの熱帯雨林に生える着生種である。
草丈は50センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は11月から3月くらいである。
枝分かれした茎先にそれぞれ総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径15ミリから20ミリくらいの白い花をたくさんつける。
花はよい香りがする。
日本では属名のエピデンドルムないしエピデンドラムの名でさまざまな園芸品種が流通している。
属名の Epidendrum はギリシャ語の「epi(上) + dendron(木)」からきている。着生種であることを示すために名づけられた。
種小名の lanipes は「lani(羊毛状の) + pes(足)」からきている。
写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Epidendrum lanipes

★小さくてラッパのようなリップだね
 大の字みたいな花よく香り

エピデンドルム・ラニペス091115b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



エビデンドルム・プリスマトカルプム110712a-l.jpg

エビデンドルム・プリスマトカルプムはラン科エピデンドルム属の多年草である。
エピデンドルム属はカトレアの近縁種で、中南アメリカに1100種くらい分布する着生種の大きな属である。
属名の読み方は「エピデンドラム」とするものもある。
本種の原産地はメキシコ、コスタリカ、パナマなどである。
標高1200メートルから2500メートルの高地に生える着生種である。
草丈は40センチくらいである。
葉は肉厚の披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は4月から9月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径5センチくらいの肉厚で香りのよい花をつける。
花の色は淡い黄緑色で、暗い紫色の斑点が入る。
唇弁には紅紫色の模様が入る。
分類の仕方によってはエンキクリア属とされる場合もある。
属名の Epidendrum はギリシャ語の「epi(上) + dendron(木)」からきている。着生種であることを示すために名づけられた。
種小名の prismatocarpum は「プリズム形の果実の」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Epidendrum prismatocarpum(syn. Encyclia prismatocarpa)

★いろいろな花の溢れる熱帯に
 行きたいような避けたいような

エビデンドルム・プリスマトカルプム110712b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



エピデンドルム・クイサイアヌム091129a-l.jpg

エピデンドルム・クイサイアヌムはラン科エピデンドルム属の多年草である。
エピデンドルム属はカトレアの近縁種で中南アメリカに分布する。
属名の読み方は「エピデンドラム」とするものもある。
本種の原産地は南アメリカのエクアドルである。
標高1300メートルから3300メートルくらいの湿った森の樹上に生える着生種である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で革質である。
開花時期は秋から春である。
花径2センチくらいの花を3輪から5輪くらいつける。
花の色は濃い紅紫色である。
属名の Epidendrum はギリシャ語の「epi(上) + dendron(木)」からきている。着生種であることを示すために名づけられた。
種小名の quisayanumは「(エクアドルのピチンチャ県にある街の名)クイサヤ(Quisaya)の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Epidendrum quisayanum

★小さいが整い咲けばこれぞ蘭
 クイサイアヌムは雲霧の森に

エピデンドルム・クイサイアヌム091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



エピデンドルム・ポルフィレウム091129a-l.jpg

エピデンドルム・ポルフィレウムはラン科エピデンドルム属の多年草である。
エピデンドルム属はカトレアの近縁種で中南アメリカに分布する。
属名の読み方は「エピデンドラム」とするものもある。
本種の原産地は南アメリカのコロンビア、エクアドルである。
標高1800メートルから3900メートルくらいの湿った森の樹上に生える着生種である。
草丈は30センチから50センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は春と秋である。
垂れ下がる花茎に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径1、2センチの花をたくさんつける。
花の色は紅紫色である。
突き出た唇弁には白が交じり、コントラストが美しい。
属名の Epidendrum はギリシャ語の「epi(上) + dendron(木)」からきている。着生種であることを示すために名づけられた。
種小名の porphyreum は「紫色の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Epidendrum porphyreum

★極上の紫の色照り映える
 ポルフィレウムは雲霧の森に

エピデンドルム・ポルフィレウム091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



エピデンドルム・パーキンソニアヌム080720a-l.jpg

エピデンドルム・パーキンソニアヌムはラン科エピデンドルム属の多年草である。
エピデンドルム属はカトレアの近縁種で、中南アメリカに1100種くらい分布する大きな属である。
属名の読み方は「エピデンドラム」とするものもある。
種小名の読み方は「パーキンソニアナム」とするものもある。
原産地はメキシコからパナマにかけてである。
標高1300メートルから2000メートルの高地に生える大形の着生種である。
草丈は40センチくらいである。
葉は肉厚の線形で、垂れ下がる。
開花時期は5月から7月くらいである。
唇弁の色は白い。
萼片と花弁は黄褐色を帯びる。
明け方と夕方にそれぞれ異なる香りを発するという。
夜行性の蛾と昼行性の蝶に対応するためと考えられている。
日本では属名のエピデンドルムないしエピデンドラムの名でさまざまな園芸品種が流通している。
属名の Epidendrum はギリシャ語の「epi(上) + dendron(木)」からきている。着生種であることを示すために名づけられた。
種小名の parkinsonianum はイギリス人の植物採集家「パーキンソン(J. Parkinson)さんの」という意味である。
写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Epidendrum parkinsonianum

★植物の営みなんと面白い
 綺麗な花の秘密に触れて

エピデンドルム・パーキンソニアヌム080720c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/04/16改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちエビデンドルム属カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはエクサラリア属です。

次のカテゴリはエビネ属です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7