レリア・アンケプス

レリア・アンケプス141225a-l.jpg

レリア・アンケプスはラン科レリア属の多年草である。
属名の読み方はラエリアとするものもある。
レリア属はメキシコからブラジルにかけて50種ほどが分布し、樹木や岩肌にへばりつく着生種ないし岩生種である。
カトレア属に非常に近く、カトレア属に統合される場合もある。
また、属間交雑により多くの園芸品種が生み出されている。
本種はメキシコやホンジュラスに分布し、標高500から1500メートルのコーヒープランテーションやオークの森などに生え、樹木や岩に着生する。
草丈は60から120センチくらいである。
葉は肉厚の楕円形である。
開花時期は11月から1月である。
花の色は淡い紅紫色や白で、中心部分が濃い紫色や黄色の模様が入る。
花径は10センチくらいあり、よい香りがする。
属名の Laelia は古代ローマの女神の名からきている。
種小名の anceps は「茎に翼のある」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
ネットで画像を見ると紅紫色の比較的濃い色のものが多いが、撮影したものは白花であった。
かつては var. alba として区別されたが、現在ではシノニムとされている。
学名:Laelia anceps

★白花はあまり見ないよ日本では
 出合いの喜び沸々と湧き

レリア・アンケプス141225b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2014年12月30日 15:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デンドロビウム・ビオラケオフラベンス」です。

次のブログ記事は「シンビジウム・エリトラエウム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7