アデノンコス・マヨール

アデノンコス・マヨール091129a-l.jpg

アデノンコス・マヨールはラン科アデノンコス属の多年草である。
アデノンコス属は着生種で、インドシナ半島からニューギニアにかけて20種くらいが生育する。
本種の原産地はタイ、マレーシアである。
標高600メートルまでの林の中の樹上に生える着生種である。
種小名の読み方は「マヨル」や「マジョール」とするものもある。
草丈は5センチくらいである。
葉は肉厚の披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は秋から冬である。
花径5ミリくらいの淡い黄緑色をした小さな花を葉の脇につける。
唇弁は黄色である。
属名の Adenoncos はギリシャ語の「adenos(腺)+onkos(隆起)」からきている。
種小名の major は「巨大な」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Adenoncos major

★小さくて花を見るのもままならぬ
 写真のほうがまだ見えるかな

アデノンコス・マヨール091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年1月 3日 12:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アラクニス・スリンギ」です。

次のブログ記事は「トリアス・ナスタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7