ドラクラ・ベラ

ドラクラ・ベラ120313a-l.jpg

ドラクラ・ベラはラン科ドラクラ属の多年草である。
ドラクラ属はマスデバリア属の近縁で、1978年に分離独立した。
中南アメリカに118種くらい分布し、雲霧林などに生える着生種である。
本種の原産地はコロンビア、エクアドルである。
標高1700メートルから2000メートルの高地の森林に生える。
葉は長さが20センチくらいある。
葉の形は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
長さ20センチくらいの花茎を垂らし、数輪の花をつける。
花の色は黄褐色で、赤褐色の斑が入る。
萼片が合着して横に開き、全体が三角状になる。
花の幅は5センチくらい、長さは20センチを超えるものもある。
花にはよい香りがある。
属名の Dracula はギリシャ語の「drakon(龍)」の縮小形である。ドラキュラ伯爵にちなみ、花冠の様子を吸血コウモリに見立てたものである。
種小名の bella は「美しい」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Dracula bella

★どのように形容すればいいのかな
 不思議な姿のドラキュラの花

ドラクラ・ベラ120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年1月31日 10:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クロウェシア・ロセア」です。

次のブログ記事は「ブラッサボラ・グラウカ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7