カランテ・ルベンス

カランテ・ルベンス120313a-l.jpg

カランテ・ルベンスはラン科エビネ属(カランテ属)の多年草である。
属名の読み方は「カランセ」とするものもある。
タイ、マレー半島、フィリピンに分布し、標高300メートルまでの地域に生える地生種である。
草丈は20センチから50センチくらいである。
葉は長い楕円形である。
ただし、本種には落葉性があり、開花時期の乾季(日本では秋から冬)には葉は落ちている。
開花時期にはバルブから花茎を伸ばし、花径3センチくらいの淡い紅紫色の花を数輪つける。
属名の Calanthe はギリシャ語の「calos(美)+anthos(花)」からきている。
種小名の rubens は「赤味のある」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Calanthe rubens

★大きくてピンクの花にびっくりだ
 海老根の仲間と目を疑って

カランテ・ルベンス120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年1月29日 12:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デンドロビウム・クスベルトソニー」です。

次のブログ記事は「クロウェシア・ロセア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7