ブルボフィルム・アンテニフェルム

ブルボフィルム・アンテニフェルム091124a-l.jpg

ブルボフィルム・アンテニフェルムはラン科マメヅタラン属(ブルボフィルム属)の常緑多年草である。
原産地はジャワ島、スラウェシ島、カリマンタン島、ニューギニア島、フィリピンなどである。
標高300メートルから1500メートルの低地林の樹木に生える着生種である。
草丈は12センチから18センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は不定期である。
バルブから花茎を伸ばし、横幅2センチ、縦が12センチくらいある花をつける。
花の色は橙褐色である。
側花弁には緑色の横筋が入る。
属名の Bulbophyllum はギリシャ語の「bulbos(鱗茎)+phyllon(葉)」からきている。鱗茎から葉が出ていることから名づけられた。
種小名の antenniferum は「触覚をもった」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Bulbophyllum antenniferum

★アンテナをすっと伸ばした咲き方に
 笑みがこぼれるアンテニフェルム

ブルボフィルム・アンテニフェルム091124b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年1月 5日 11:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トリアス・ナスタ」です。

次のブログ記事は「ブルボフィルム・ヨランダエ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7