2012年10月アーカイブ

深山鶉(ミヤマウズラ)

ミヤマウズラ111004a-l.jpg

深山鶉(ミヤマウズラ)はラン科シュスラン属の常緑多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の林の中に生える。
海外では、朝鮮半島、中国にも分布する。
和名の由来は、葉にある白い斑点がウズラの羽根の模様に似ていることからきている。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は革質で、先が尖る。
開花時期は8月から10月である。
茎先に穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径1センチくらいの褐色を帯びた白い花をつける。
属名の Goodyera はイギリスの植物学者「グッドイヤー(John Goodyer)さん」の名からきている。
種小名の schlechtendaliana はドイツ人の植物学者「シュレクテンダール(D. von Schlechtendal)さんの」という意味である。
写真は10月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
舞扇という房咲きの品種である。
学名:Goodyera schlechtendaliana

★葉の姿どこか鶉に似てるかな
 名のつけ方に笑みの浮かんで

ミヤマウズラ111004b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



カトレア・ボーリンギアナ081102c-l.jpg

グアリアンテ・ボーリンギアナはラン科グアリアンテ属の多年草である。
異名をカトレア・ボーリンギアナ(Cattleya bowringiana)という。
原産地はグアテマラ、ベリーズで、標高900メートルまでの湿った崖に生える。
草丈は10センチから25センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は秋である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径7センチくらいの鮮やかな紅色の花をつける。
属名の Guarianthe はコスタリカの現地語「guaria(蘭)」とギリシャ語「anthos(花)」からきている。
種小名の bowringiana はイギリス人の愛好家「バウリング(J. C. Bowring)さんの」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Guarianthe bowringiana

★鮮やかな赤の引き立つカトレアに
 目を奪われてしばし足止め

カトレア・ボーリンギアナ081102d-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7